マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« iijmioからNifMoへ | トップページ | 身近にある紫陽花 »

2015年6月22日 (月)

モバイル女子

通勤電車内で人間ウォッチングをしていてモバイルがらみで男女差に気づいたことがあります。

男子は自分も含めてスマホはポケットから出して片手で操作する人が圧倒的に多く、これは立っていても座っていても同じ。一方女子はといえば、当たり前といえば当たり前ですがポケットからスマホを出す人は少なくて、バッグから取り出しますが、男子と違うのはその操作方法。かなりの女子は利き手ではないほうでスマホを持ち、利き手側で操作するという両手使いが多いということです。さらにカバーにしても男子は背面だけを覆うシェルタイプが多いのに比べて、女子はブック型のカバーが圧倒的に多いです。

何故か?

バッグから出す人が女子に多いのは、ズボンやジャケットのポケットに物を入れたがる男子と、衣服にポケットがないかあっても飾り程度で物を入れる用途ではない女子の差が、ポケットから出すかバッグから出すかの差になります。これは当たり前。

カバーの差は、男子はポケットから出したらすぐに使いたいのでしょう。女子はバッグにいろいろ他のものを一緒に放り込むので画面へのダメージを避けるために、画面も覆うブックタイプのカバーが必然的に多くなるのでしょう。

ここまではいいのですが、なぜ女子は両手使いなのか。それは手の大きさが関係するでしょうね。最近のスマホは5インチ以上は当たり前という大型のものが多くなっているので、男子では片手で操作できても女子の手だと片手では無理!というのがその最大要因かと思われます。

さらに観察していると、6インチ級のファブレット持ちが女子に多いことです。男子の場合はスマホか7インチ以上のタブレットですね。男子の場合、6インチ級はポケットに入らないし、さりとてタブレットよりは小さいので使いづらい。女子の場合はポケットは関係ないし、スマホでもファブレットでもバッグから取り出す動作に変わりはないし、両手で操作するのも同じならば少々画面が大きいほうがいいのでしょう。また7インチ以上のタブレットになるとバッグの中で自己主張が強くなりすぎるのかもしれません。(でも、SONY Xperia Z3 tablet compactはとても薄くて軽いですよ、ただしWifiモデルなので別途モバイルルーターが必要ですが)

車内では普段は自分もスマホでニュースやFacebookを見ているのですが、ふと顔をあげて周りを何気なく、でも、じっくり観察するとこういうことに気づきました。

« iijmioからNifMoへ | トップページ | 身近にある紫陽花 »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モバイル女子:

« iijmioからNifMoへ | トップページ | 身近にある紫陽花 »