マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« SONYの将来 | トップページ | Kindle Voyage Wifi+3G »

2015年4月14日 (火)

SONY PaSoRi RC-S390

東京では、出勤から退社までキャッシュレスで過ごすことが可能です。通勤定期はともかくも、電車はSuica(あるいはPASMO)は関西圏とは異なり首都圏ではこの共通化された交通系電子マネーでほとんどすべての電車(使えない路線は?と言われて思いつきません)や路線バス(これはローカルバスでは使えないものがあると思われる)で使えます。街中のコンビニでSuicaが使えないコンビニのほうが少ない。セブン-イレブンやファミリーマートといったメジャーでは問題なし。スーパーマーケットでも最近は交通系電子マネーが使えます。

さて問題はチャージです。私の場合は通勤で東海道新幹線(毎日ではないので並走在来線定期券+幹定回[新幹線自由席回数特別急行券(定期券用)])を使いますので必然的にSuica定期券ではなく磁気定期券になります。したがって定期券区間内から乗車し区間外へ乗り越すときは精算機で精算します。精算にSuicaを使いますが精算機ではオートチャージは働きません。区間外から区間内への乗車は定期券区間接続駅までの磁気切符を買い、有人改札から磁気定期券を見せて切符を係員に渡して出場します。この場合磁気定期券は一度も自動改札を通していないので、入場フラグは関係ありません。Suicaで切符を買いますが、やはり券売機ではオートチャージは働きません。

そのため、チャージするときはView Card Suicaですので、自動券売機に突っ込んで額を指定して暗証番号を入れてチャージということになります。そんなに頻繁ではないですが、券売機が混んでいたりするとめんどくさい。またView Cardでチャージしたほうがポイントになりますので現金チャージはしません。

このように日常においてSuicaでピッとやって改札を通ることが少ないので、オートチャージ設定していてもオートチャージされる機会が非常に少ないというレアな使い方になっています。交通系マネーを物販での支払いに多用する場合でもそういうことが起こります。私の場合は、他にAndroid (SHARP AQUOS 304SH)を持っていてそちらでもモバイルSuicaを入れていますが、こちらのほうはスマホでどこでもチャージできますから問題ありません。

自宅には一応PaSoRiがありますが、SONYの猛烈なアンチApple姿勢により、PaSoRIはMacでは全く使えませんし、JR東日本もPaSoRiがアンチSONYなので、自動的にチャージに対応しているブラウザはIEだけだったりします。なんてこった!

そんなときに見つけたのがSONY PaSoRi RC-S390です。

20150410009

これはSuicaサイズのBatteryとBluetooth内蔵のPaSoRiで、ぬぁーーーーーんと、iOSデバイス、すなわちiPhoneやiPadとつながって専用アプリで残高や履歴参照ができ、さらにView Card持ちであればiPhoneやiPadでオートチャージが出来ます。

Androidでおサイフ携帯&NFC内蔵の機種なら大抵、サードパーティアプリがありますので残高参照や履歴参照ができますが、チャージはできません。すごいですね、iPhoneと別ボディとはいえiPhoneで日本全国どこでもSuicaチャージができちゃうのです。相互利用が進んでSuicaはほぼ全国のJRのICカード区間で使えますが、でも、オートチャージができるのはJR東日本エリアだけです。間違えてはいけません、他社エリアでは現金チャージだけです。

そんなときにこのRC-S390です。それこそ電車の中でもトイレの中でもiPhoneで通信ができればどこでもチャージです。

鉄道乗車以外でのSuicaヘビーユーザーでiPhone持ちの方にはオススメできます。ただし、View Cardがないとチャージできません。既にSuicaインターネットサービスでチャージ登録している方はView Cardがあるはずですので直ぐに使えるようになります。他社クレジットカードではこのRC-S390ではチャージできませんのでくれぐれもご注意ください。まあ、これを機会にView Card作るのも手です。オリジナルではなくLumine View CardとかビックカメラのコラボカードでもOKです。

このRC-S390はとてもシンプル。

20150410010

Bluetoothの状態を表すランプと充電の状態を表すランプ、そして電源スイッチだけです。このランプも使用中でも電源オフ状態でも消えていますから、今オンなのかオフなのかを見るためには電源スイッチをチョンと押す(タップする感覚)とランプの点滅で教えてくれます。

  • 電源オン状態:通信状態ランプが数回点滅
  • 電源オフ状態:通信状態ランプは消灯のまま

一日一回のチャージ(そんなチャージしないって!)と参照で一月はバッテリーが持つそうですので、まあ、バッグに入れておけばこれは大変重宝します。

iPhone持ち、View Card持ち、Suicaを高頻度で物販でも使うあるいはJR東日本以外のエリアでSuicaを多用するため現金チャージが面倒くさいと思っている方、このPaSoRi RC-S390を導入する余地があります。

« SONYの将来 | トップページ | Kindle Voyage Wifi+3G »

デジタル小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONY PaSoRi RC-S390:

« SONYの将来 | トップページ | Kindle Voyage Wifi+3G »