マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« LOHATEX ラテックスチップピロー | トップページ | ナゾネックスの季節 »

2015年3月 9日 (月)

ベッドの寿命

普通の家庭で使用しているベッドの寿命って気になりませんか?家電とかと違っていきなり壊れるようなものではなく、少しずつ少しずつ劣化していくので、その劣化具合を体感しにくくて、言われてみれば買った時とは寝心地が違うなぁとか思う人も多いのではないでしょうか?俗に言う茹でガエルです。

ではベッドの寿命はどれくらい?ベッドメーカーは10年とか短いと数年というかもしれませんね。そりゃそうでしょう、短すぎると感じられない程度に短く言っておかないと買い替えてもらえません。また、ベッドメーカーの勧めるベッドパッドはすべからく薄手でぺろぺろです。理由は、優れたマットレスを体に感じていただきたいとか、マットレスの性能を分厚いパッドがスポイルするとか。んな、こたぁない。出来の悪いマットレスを優れたパッドやマットレストッパーでカバーできることはありますがね。

厚手のパットやマットレストッパーを使うとマットレスへのダメージが少なくなります。薄いパッドだっとマットレスも痛みが早くなります。そうです、そういうことです。ベッドより少し小さめで薄いパッドを使っていると、必然的にマットレスの周囲から傷んできます。だからメーカーは厚手のパッドとか敷くことを薦めていない。

ベッドを長持ちさせるのは、マットレストッパーを使いましょう、ってのが持論です。私の場合でいえば、シモンズダブルクッションの上にマニフレックスのスーパーレイEXを敷いています。ピロートップが分厚い高級マットレスはピロートップのヘタリが早くて、ピロートップがへたると悲惨なことになりますが、マットレストッパーならこちらだけ変えれば宜しい。また、マットレスへの荷重がマットレストッパーにより分散されるということもあってマットレスの痛みが少なくなります。さらにボトムもスプリングボトムにしてダブルクッションにすることでかなり痛みの進行を遅らせることが出来ます。

こういうことをせずとも、マットレスの寿命ってのは意外にも価格に比例するってのはあります。目安は1万円で1年って感じ。10万円なら10年が目安。ただし、前述のような使い方次第では1.5倍とか2倍とかになるでしょうし、荒く使えば半分くらいになります。また30万円のマットレスを買っても30年持つわけじゃない。上限は重数万円くらいでしょうか、これくらいで寿命は頭打ちになると思われます。

まあ、でも、一番の目安は寝心地。なんだか寝返り打つのが大変になってきたとか、以前は感じなかかったような寝心地の悪化を感じたら、マットレス買い替えを考える時期が近いと思えば間違いないと思います。

« LOHATEX ラテックスチップピロー | トップページ | ナゾネックスの季節 »

寝具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベッドの寿命:

« LOHATEX ラテックスチップピロー | トップページ | ナゾネックスの季節 »