マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Station TVはMacBook Airにベスト! | トップページ | IoT (Internet of Things) »

2015年3月12日 (木)

金沢ブーム

今まで、近そうで遠かった金沢が14日の北陸新幹線開通により一気に時間短縮されるということで、メディアでは金沢・富山の特集があふれています。

JR東日本の駅には、金沢21世紀美術館のレアンドロのプールの写真があったり、CMではJR東日本が一所懸命流しているし、旅番組やバラエティ番組でも金沢特集が組まれたりしています。百貨店は金沢や能登の物産展が行われたり…。

金沢大好きな人間にとっては嬉しい限りです。兼六園、金沢城、ひがし茶屋街、金沢21世紀美術館など観光名所が市内徒歩圏内に集中しているので、歩き回りやすいのは間違いないです。

金沢市内をうまく観光するには、やはり金沢市内を網の目のように走っている北鉄バスを利用できるようにすること。北鉄バスが販売している「城下まち金沢周遊バス1日フリー乗車券」があるのはガイドブックにも必ず書かれていますので、まずはこれを使うこと。そして大事なことは、このパスは500円で均一料金区間乗り放題ということで、観光客向けの小さな周遊バスだけじゃなくて、普通に走っている北鉄バスにも乗れます。これが大事。そしてAndroidやiPhone用に北鉄バスのオフィシャルアプリがあるので、これを使えばバスのりばや時刻なども一目瞭然でわかります。とにかく、北鉄バスを乗りこなすこと、それだけではなくて、歩けるところは歩いてみて距離感を掴むことも大事。また、兼六園は入場券を示せば当日内は再入場可能なので、兼六園を通りにすることも出来ます(笑)。これ、何気に便利なのです。

食事処では、近江町市場とか有名ですが、ほとんどは観光客相手の高い店ばかりです。地元の方に聞いてみると、ガイドブックにはない安くて美味しい店情報が入手できます。実際問題、食品購入でも近江町市場は結構高めです。京都で言えば錦市場という感じ。高めですので、普通の方は地元のスーパーとかでお買い物するのはどこも同じ。のどぐろとかも郊外のスーパーなどだと意外に安いのだよと地元の人に聞いたことがあります。

こんなことを書いていると、また金沢に行きたくなりました。あ、行くのですよ、5月ですけどね。すでに手配は終えています。マイルを使うので新幹線ではなくてエアーの利用ですけど、楽しみです。

« Station TVはMacBook Airにベスト! | トップページ | IoT (Internet of Things) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金沢ブーム:

« Station TVはMacBook Airにベスト! | トップページ | IoT (Internet of Things) »