マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« SHURE SE215のソフトフォームイヤーパッド | トップページ | SHURE SE215のリケーブル »

2015年1月17日 (土)

SONY DRC-BTN40

ソニーのスマホのヘッドセットとしても使えるイヤホン・ヘッドホンやBluetoothオーディオユニットには、音響のソニー本体が作っているものと、Xperiaを作っているソニーモバイルコミュニケーションズの製品がありまして、WEB上はどちらも同じWEBで情報がありますが、中身のつくりやポリシーが微妙に違うようです。

例えば、愛用のMDR-XB950BTとかMDR-1RBTMK2とかは間違いなくソニー本体製ですが、BluetoothヘッドセットユニットのSBH50というFMラジオ付きのものは、ぬあーんとソニーモバイルコミュニケーションズ製で、唄っているディスプレイを多様した機能を使えるのはソニーのAndroidアプリが使える機種だけ。iPhoneなどでは当然使えません。

さて、先日ヨドバシへ行った時に半分好奇心で買い求めたのがDRC-BTN40というBluetoothヘッドセットの本体部分。

20150112004

SONY MDR-EX31BNを持っているのに…という話はありますが、まあ、いいじゃないですか。

MDR-EX31BNは、パワーボタンが通話ボタンを兼ねているために、通話ボタンを押して音声コントロールを起動したり、長押しでリダイヤルしたり出来ません。出来ませんというかそういうふうには作られていないので、逆にいえばこうしたことが原因での予期せぬ誤発信が起こりようがありません。これはMDR-XB950BTも同じですが、一方MDR-1RBTMK2は、通話ボタンで音声コントロールや長押しでのリダイヤルが機能します。どちらも一長一短で使い方次第。

そういうわけで、Bluetoothヘッドセットユニットにも、後者のような機能を持つDRC-BTN40があってもいいかと思ったわけです。

ただ、この機能があるものは気をつけないと、本当に誤発信・誤操作をまねきますので要注意なんです。カバンにしまうときは必ず電源をオフにしないと、予期せぬリダイヤルとかしてしまいますし、全く予期せぬ番号にダイヤルしたりします。これ、マジ怖いですが、便利機能でもあります。iPhone側でこうした機能をオン・オフできれば一番いいんですがねぇ。

« SHURE SE215のソフトフォームイヤーパッド | トップページ | SHURE SE215のリケーブル »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONY DRC-BTN40:

« SHURE SE215のソフトフォームイヤーパッド | トップページ | SHURE SE215のリケーブル »