マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« おじさん金沢一人旅(2日目) | トップページ | MacBook Air Brothers »

2015年1月13日 (火)

おじさん金沢一人旅(3日目)

6時15分にセットしたiPhoneのSleepMasterというアプリのアラームで目が覚めました。

身支度を整えてから、財布だけをもって一階におりてカフェ・バーで朝のコーヒーを頂きます。朝食は、前夜ホテルのGMに押してもらった、地元の近江町市場商人御用達の竹乃屋に決めています。コーヒーをゆっくりただいたあと、朝食をとりに竹乃屋へ向かいます。

本当に街中にある地元民の食堂という感じで、観光客が入ろうっという雰囲気ではありません。私も知らなかったら入らなかったでしょうが、地元の方に教えてもらったということで、臆することなく入ります。

20141125002

20141125003

中に入るとまさに地元・近江町市場ではたらくているような方々が朝食をとっておられました。結構、麺類を食べている方が多かったですが、私はワンコインプライスの朝定食を頂きます。まるで昔のおばあちゃんちの朝ごはんみたいです。ご飯、目玉焼き、キャベツ、味のり、お味噌汁、白菜浅漬け、冷奴、とろろ。これで500円。いいですね、この雰囲気、里帰りしてきたような錯覚に陥ります

20141125001

食事を済ませ、チェックアウトの準備をします。天気が宜しくないので荷物は宅急便で送りますが、ホテルのすぐ側にクロネコヤマトの近江町センターがありますので、そこへボストンバッグを預けます。送料1,088円。

残ったのは、ショルダーバッグと寒かった時用のダウンベストに自宅用加賀棒茶。バッグ以外を袋に入れて預けて、外へ出ますが、いつに似合わずしとしと雨ではなくそれなりの降りでした。しとしと雨の兼六園は風情があって大好きなのですが、ちょっと雨が強いです。まだ今回は近江町市場の中をうろついていないので、特に目的はありませんが、いろいろ見て回り、エムザにって地下のブック宮丸という本屋さんでしばし本をあさります。以前はなかったと思いますが、今は片隅にネスレの自動コーヒーサーバー(ネスカフェミラノ)があって、レジでカップを買ってコーヒーを頂けるスペースができていました。

エムザには無印良品があったのですがこちらは撤退して、エムザセレクトの金沢品のお店「黒門小路」ができるそうです。エムザは地下も改装しており、北陸新幹線開業当て込みのようです。ホテルのGMによれば、金沢西口には、外資系ホテルが2件出来るらしいです。また、尾山神社と金沢城公園を結ぶ計画もあるらしいとのことで驚きです。

そうこうするうちに時計は11時25分になったので、お昼を食べに香りん寿司へ向かいます。場所は金沢城公園黒門口の手前の角ですね。こちらも竹乃屋同様にためらいなく入りまして、頼んだのは当然にぎりのイチハン。注文は「イチハン」でOK。にぎり9貫と細巻き(かっぱとお新香)に汁がついて900円。安いといえば安いし、美味しいお寿司でジモピーご愛用です。

20141125004

20141125005

20141125023

寿司はカウンター席ですと、桶に入って出てくるのではなく直接カウンターのポンと載せてくれます。

ランチ寿司でもレベルが高いのがここ金沢。

香りん寿司の外へ出たら雨はパラパラになっていたので、黒門口から金沢城公園へ入ります。パラパラ雨の秋の金沢城は人も少なくてとても風情があります。

20141125006

20141125007

20141125008

20141125009

20141125010

20141125011

20141125012

金沢城を抜けて石川門から出てお城通りを広坂へ向かいます。

20141125013

20141125014

バスに乗ろうかと思いましたが、今日はあまり歩いていないし、雨もパラパラになったので、広坂から尾山神社の裏を通って武蔵ヶ辻へ足を伸ばしてホテルへ。

20141125015

20141125016

GMは不在でしたが、荷物を受け取り楽しく過ごせた礼を述べて、ホテルに別れを告げ、武蔵ヶ辻から金沢城駅へ向かうバスに乗ります。

時計を見ると13時半。金沢百番街のみのやであんころ2箱1,080、森八の上生菓子6個1,458円を購入しますが、これはいつもの通り。

20141125020

20141125021

バスまでまだ時間があるので、金沢フォーラスへ行って、エスカレーター脇でiPhone充電しながら旅のメモをとります。金沢フォーラスの奥のエレベータ脇には、テーブルと椅子のある休憩スペースがあり、充電したりできるようにコンセントも各テーブル脇にあるのです。

そういうするうちにバスの時間が近づいてきたので、東口のバスのりばに向かい15時発の小松空港行きバスに乗ります。所要時間はスーパー特急バス(途中、「駅西合同庁舎前」と「北陸松任」にしか止まりません)で40分。

空港へついてもまだ時間がかなりあるので、カードラウンジで無料のコーヒーを飲みながら休憩し、今回の旅を振り返り、早くも来春の旅に心は飛んで行くのでした。

20141125017

20141125018

20141125019

小松空港で、故郷石川県に別れを告げる友禅テディちゃん(上)と、帰宅後自宅で「始めてまして」となるテディ君と友禅テディちゃん(下)。

20141125022

次回は、二人を連れて行きますか!?

« おじさん金沢一人旅(2日目) | トップページ | MacBook Air Brothers »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おじさん金沢一人旅(3日目):

« おじさん金沢一人旅(2日目) | トップページ | MacBook Air Brothers »