マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 三都物語、初日晩御飯 | トップページ | 三都物語、神戸帰着 »

2014年11月29日 (土)

三都物語、京都へ

神戸二日目、初めての朝。

朝食付きプランですので、ホテル一階のカフェ「くまポチ邸」へ。体調イマイチなのでいつものようにバフェでがっつりとはいかず控え目。

20141101021

この盛り切りのサラダ、結構ボリュームがあります。二人で1つでもいいかもしれmせん。ビーフシチューは美味でした。ちょっと注意なのが右奥の野菜ジュース。いわゆるカゴメとか伊藤園のとは違って、「フレッシュ野菜ジュース」です。タップリの野菜と繊維。人によってはお腹が緩くなることがあります、って書いてないんですが、私と妻はちょっとゆるくなりました(笑)

朝食を済ませたあと、今日の予定は京都です。とあるところに用事があるので、最初にそれを済ませてから、お昼でも食べようかと。

JR三ノ宮駅から新快速に乗りますが、結構混んでいて大阪までは座れせんでした。関西在住でしたが、阪急沿線が長かったため、新快速って実は乗ったことが無かったです。だって、京都・大阪間は阪急か京阪、大阪・神戸間は阪急か阪神をつかうでしょ、普通。

京都駅についたら、野菜ジュースが効いてトイレに行きたくなり京都駅の伊勢丹で用を足します。少しすっきり(笑)。

ここから近鉄で丹波橋へ。丹波橋で京阪に乗り換えて深草へ行きます。そこで所用を済ませる予定。

20141101025

近鉄京都駅にはせんとくんの人形が…。この手のゆるキャラってあまりいいのがないですねぇ。そういえば、東京都のゆるキャラって聞かないっすねぇ。

20141101026

京阪電車の深草駅で降り、目的地までの途中。紅葉にはまだちょっと早い感じ。ね、TED!

用事を済ませてから、深草駅には戻らず隣の伏見稲荷大社に参拝にいくことに。実は伏見区にも住んでいたことがありますが、伏見稲荷大社って行ったこと無くて、まして千本鳥居なんて写真かテレビでしかみたことない。

というわけで歩いてJR奈良線の伏見駅まで歩きます。

20141101027

伏見駅の目の前が伏見稲荷大社の参道です。

20141101028

この狐何をくわえているのでしょう?

20141101029

参道の中央は神様の通り道です。人は右側か左側を歩かないといけません。

20141101030

「うゎーい、伏見稲荷大社だぁ」

20141101031

20141101032

20141101033

狐は皆それぞれ違うものをくわえています。それにしてもどの狐も良い顔しています。特に眼がいいですねぇ、惚れ惚れ。

で、噂の千本鳥居ってどこ?どうも奥の院までいくらしい。で、行ってみました。

20141101035

20141101034_2

これが千本鳥居だ、夢にまでみた(大げさ)千本鳥居。皆さん写真をとりますが、私も当然撮ります。

お稲荷さんに参拝したので、京阪電車に乗って伏見稲荷から祇園四条まで乗ります。昔の京阪電車のキャッチコピーは「清潔な車内、京阪電車」ってのもありましたなぁ。

20141101036

さて、祇園四条到着。地上へ出ると、おお懐かしの南座です、南座。

20141101037

TEDは四条大橋で鴨川を背景に記念写真。

「うわーい、京都だ、京都」

それにしてもお腹も空いたのでお昼にしましょう。

河原町通から錦市場のほうに向かいます。ここも懐かしいところであります。昔は四条河原町にナガサキヤがあってその二階のレストランで母が「グラタンライス」を食べさせてくれたのを覚えていますが、おいしかったですねぇ。普通のバターライスじゃなくてケチャップご飯というかチキンライスのグラタンなんですね。

閑話休題。新京極や京極を抜けて錦市場に突入。向かうは権太呂といううどんやさん。ここも思い出深いお店です。お店へ入ると4階に通されました。畳敷きの階で、奥は座卓、手前はテーブルでどちらがいいかと聞かれて、楽なテーブルを選択。

20141101038

20141101039

鴨なんばにしおうか、でもちと高いな、懐かしいのは志っぽく(しっぽく)ですな。で、しっぽくに決定。関東にはしっぽっくうどんというのは存在しませんので、せいぜい長崎の卓袱料理と勘違いされるくらいがいいところです。椎茸、かまぼこ、湯葉、たけのこ、三つ葉などが入っています。

「いっただきまーす」

権太郎、私の大好きな京都のうどん屋さんです。

「あっ、写真!!!!撮るの忘れている」と、時既に遅し、私の丼は半分以上属しています。妻はまだそうでもないので、急遽食べかけの妻の丼の形を整えて(さすがに三つ葉は食べちゃった)撮影。実際は、かまぼこは複数枚のっており、海苔も乗っていました。

20141101040

でも、美味しかったです。これが食べられただけでも今回満足。

20141101041

オマケに出てきたのが、抹茶味のわらびもち。こちらも上品で美味しゅうございました。

しばらく休憩してから、権太郎をあとにして高島屋に向かいます。目的は地下で阿闍梨餅(妻)と平安殿(私)。平安殿は既にブログで紹介していますので、省略しますが、京都、大阪駅と新大阪駅でしか買えないのであります。これ、大好きぃ!

20141102068

20141102067

無事、これらを調達して神戸に戻るべく地下鉄の四条駅へ歩きます。四条河原町と四条烏丸の間は阪急電車が通ったときに、その上を地下道が出来ております。今回は地下を歩きましたが、近そうですが何もない地下道なので気分的には遠く感じます。ここも数えきれないほど歩いたものです。

四条から地下鉄にのって京都駅へ。ポルタをしばらく物色してから、ふたたびトレイにいってから(笑)、15時45分の新快速で三ノ宮に向かいます。到着予定は16時36分とおよそ50分かかります。

と、そこで見つけたのが、なんと古い山手線の103系。正確には山手線を走っていたものではないらしいですが、ともあれ懐かしい緑色の電車で、うわ!と思いましたね。

20141101043

人生いろいろ、電車もいろいろ(笑)。

さて、本日の乗車。

  • JR西日本・新快速(三ノ宮→京都)
  • 近鉄京都線(京都→丹波橋)
  • 京阪本線(丹波橋→深草、伏見稲荷→祇園四条)
  • 京都市営地下鉄烏丸線(四条→京都)
  • JR西日本・新快速(京都→三ノ宮)

« 三都物語、初日晩御飯 | トップページ | 三都物語、神戸帰着 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三都物語、京都へ:

« 三都物語、初日晩御飯 | トップページ | 三都物語、神戸帰着 »