マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 窓際のマロンちゃん | トップページ | 金沢の和菓子 »

2014年9月18日 (木)

302SHから304SHへ

メインのスマホはiPhone5です(PCもMac(miniとAir))ので、自分の主流がiOS&MacOSデバイスであることは極自然な流れですが、一方でAndroidもタブレットはhp Slate7 Extream、スマホはSHARP AQUOS PHONE Xx 302SHと、最近解約して手放しましたがイーモバイル版のNexus 5です。

302SHはバッテリーもよく持ちますし、液晶もクリアです。ですが、ものには必ず欠点ってものがありまして、最大のものはWifiの感度。はっきり言って感度が悪い。iPhoneでは全く問題がない室内(マンションでAPは自宅の南側リビングの端にあり、北側ベッドルームでも問題なしですが、302SHだとぎりぎり圏内。で、さらに一旦Wifi圏外になると圏内に戻ってもなかなかつながらない。エコ技設定をいろいろやってみても変化なし。Web情報ではどうもこの機種のネガティブ特徴らしい。
まあ、それでも非常に使いやすいのでサブスマホとして愛用していたところでAQUOS CRYSTALのCMが目について調べたら、TVなし、防水なし、おサイフケータイなしのナイナイ尽くし。こりゃ問題外。で、あらためてみたのが304SH。いつのまにか商品名から「PHONE」が消えていて、これは「AQUOS Xx 304SH」となっています。
同じソフトバンク4Gスマートフォンなので、オフィシャルFAQにもありますとおりSIM差し替えだけでOK。

20140914016

20140914017

左が304SH、右が302SHです。

大きさ・重さは左の304SHが、72x135x9mmで137g、右の302SHが70x132x9.9mmで147g。手にとって比べると幅の0.2mmはほとんど感じません士高さの3mm差もあまり関係ない感じですが、厚みの0.9mmの差は明らかです。(もちろんシェルを外した状態での感想)。さらに重さ10gの差は偉大でありまして、薄く軽くなるとかなりコンパクトに感じます。iPhone6も似たようなサイズですが、日常ポケットに入れて許容できる限界のサイズです。

302SHからはいろいろ進歩しています。OSも4.2ベースから4.4になりましたし、ホームアプリも3ラインホームから一段と使いやすくなったFeel UXになりました。302SHまではホームアプリがGOランチャーを使っていたのですが、機種を変えてもずっと同じUIが使える反面、新鮮味が全くないのとFeel UXが結構いいので、こちらのネイティブホームをそのまま使うことに。

移行にあたっては、iOSは実に簡単でバックアップして復元すればクローンができあがります。が、しかし、Androidではそんな技は存在しません。なんだかんだいってもアンドロイダー人種は機種変後の移行では結構手間がかかっているのが実態。それに比べたらアイフォーナー(商標状の問題で日本名はアイフォンとかアイホンではなくアイフォーンです)はさくさくとPC・Mac側でのごく簡単な操作だけでクローンを作れます。これはもう永遠に埋まらない天と地の開き。

まあ、両刀使いなので、なおのことAndroidの環境移行が面倒くさい。最初はHeliumを使おうと思ったのですが、どうしても302SHでUSBデバッグモードに入っていることを認識されずアウト。しかたなくJSバックアップ。ま、いいんですけど。いちいち、Google Playからアプリをインストールなんてバカなことはやってられないんで。

かくして、おサイフケータイも含めて移行はほぼ完了。しばらく様子をみて問題なければ302SHは初期化して整備してドナドナです。もちろんFelicaのICチップの中身はショップで初期化ずみです。

« 窓際のマロンちゃん | トップページ | 金沢の和菓子 »

スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 302SHから304SHへ:

« 窓際のマロンちゃん | トップページ | 金沢の和菓子 »