マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ソファのクッションリメイクには… | トップページ | 日本のチェーン展開型サービス業に未来はないか? »

2014年6月12日 (木)

八端判の座布団中芯

一連の記事で愛用ソファのへたれてきた羽毛100%座クッションの改良の話題を書いてきました。本格的に2cm厚チップウレタンと2cm厚高弾性ウレタンの2層構造ウレタンをクッション底面にいれることによりかなり改善したのは既に書いたとおり。

それまでは、短期間でしたが近所のイトーヨーカドーで見つけたこの59cm×63cmという大きな座布団を入れていました。この座布団はポリエステル綿のヘタり対策・すわり心地向上としてウレタン中芯を入れたものですが、これが実は単体で使ってもなかなかよろしい。

ソファの座クッションを本格改良した後は、ソファからはお役御免になりました。2枚のうち1枚はオットマンの上に鎮座。オットマンはソファ本体と違って固めなのでちょうど良くなります。見た目がアレですが…。

もう1枚は、ぬぁーんと愛用のバロンチェアの上に載せてみました。もともと、以前のチェアで使っていたラムのムートン1.5Pをかけています(ちょうど旅客機のコックピットの椅子みたいになります)が、ものは試しとこのデカイ座布団を乗せたら硬さといい、包み込む感じといいすごく気持ち良い。バロンチェアのきれいなデザインが台無しなんですが(笑)、でも、ほんと、意外なことにいいんです、これ。

見た目があまりにアレなんで、オカムラの人が見たら激怒しそうな感じでもあるので、写真は控えますが(笑)、でも、世の中頭だけで考えてちゃだめですね、やってみると意外なことがあるってのを改めて知った次第。

« ソファのクッションリメイクには… | トップページ | 日本のチェーン展開型サービス業に未来はないか? »

住居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八端判の座布団中芯:

« ソファのクッションリメイクには… | トップページ | 日本のチェーン展開型サービス業に未来はないか? »