マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« モールドウレタン | トップページ | ソファの羽毛座クッションのヘタり対策 »

2014年6月 8日 (日)

 壊れたスツールの座面修理

妻の愛用ドレッサーのスツール座面が壊れているというを最近知りましたが、その壊れ方が酷い。

随分、座面中央が落ち窪んでます。単なるウレタンのヘタリじゃないです。裏をみてビックリ。

なんと、底板がベキベキに割れているじゃないですか。その、底板をよく見ると…。

信じられないことに、座板にパーティクルボードを使っています。パーティクルボードは一見丈夫そうですが、曲げ圧力に弱いんです。そりゃそうですよ、木くずを接着剤で固めて圧縮しただけです。普通は合板を使うでしょうに。決して安くはなかったと思うのですが、この部分は裏布で覆われていたので実態が見えないようになっていました。見えないところで大幅手抜きしているとしか言いようがありません。

さて、こうなっていますから、普通のように張替えはダメで、座板から取り替えます。

座板には12mmの合板で、サイズは 29.5cm四方でしたので、東急ハンズで30×45cmの合板をカットしてもらいました。カット料金は一辺54円也。断面と角、表と裏にペーパーを掛けておきます。

他に必要なのは、座面の張り生地とウレタンや道具としてタッカーの類。これらは全て楽天で揃いました。

下の写真が椅子張り替えキットの内容実物写真です。

チップウレタン2cm厚、高弾性ウレタンの2cm厚と1cm厚、タッカー、ボンド、カッターがセットされています。

しっかりしたチップウレタンを一番下、次に2cmの高弾性ウレタン、一番上が1cmの高弾性ウレタンの淳で使います。

ウレタンは、座板ピッタリのサイズではだめで、周囲を1cmほど大きめにカットします。ただし、一番上の薄いウレタンは座板より1.5cmほど周囲に余裕を持ってカットします。こうすることで周囲がふんわり綺麗に仕上がります。

カットしたウレタンは、ボンドG17で貼りあわせます。貼り合わせないと座ったり立ったりしているうちにずれてくる可能性があります。もちろん座板とも貼りあわせますが、これは軽くでいいんですよね、ズレたい程度で。そうしないと次に張り替える時が大変。

貼りあわせたら次に購入した生地を適切な大きさにカットします。

さて、ここからタッカーの出番です。まず一辺の中央をタッカーで止めます。次に、織り目が斜めにならないように気をつけて対向する辺の中央を強く引っ張りタッカーで一箇所を止めます。

ついで残り2辺を同様に中央部だけ止めますが、座面のほうを確認しながら織り目が座板の辺に対してまっすぐになるように気をつけます。表を返すとこんな感じ。四方向にさえぴったり張りがあれば、止めてない付近のシワは全く気にする必要はありません。

四カ所を止めたら座面がたるまないよにしっかり必敗ながら一辺ずつ同じ先と同じ順できつく引っ張りながらタッカーでとめていきます。

こんな感じです。

座面はこんな具体です。少しシワが残っていますが、四隅をピンと張りますから最終的にはシワはなくなります。とにかくきつく張ること。

一番困ったのが四隅の処理です。モケット生地でクッションが5cmと厚いのでなかなかうまく来ません、止めたり外したりの試行錯誤で結果はこうなりました。

裏を返すと、うーん、気に入らない(笑)

ともあれ、なんとか出来ましたので、壊れた座面を取り外して(この座面は蝶番で開くようになっている)、位置合わせに気をつけながら電動ドライバでネジ止めします。電動ドライバでないと、位置合わせしながらの木ねじドメが上手く来ないかも。

完成の図。

外した座面。長い間ご苦労様でした。

作業時間、約1時間。なんとか終了しました。妻は修理ができるとは思っていなかったそうで、えらく喜んでくれました。

« モールドウレタン | トップページ | ソファの羽毛座クッションのヘタり対策 »

住居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  壊れたスツールの座面修理:

« モールドウレタン | トップページ | ソファの羽毛座クッションのヘタり対策 »