マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の30件の記事

2014年6月30日 (月)

ねこ cafe (4)

娘がまだ我が家に無いのをGETしてきました。ねこ cafe3シリーズの中の「フルーツニャンチ」。

あとは、「ダブルニャイスキャラメルバニラ」だけなんですけど…。

最後の一種類ってのが厳しいのはいつも同じなんですけどね。

2014年6月29日 (日)

近況

このところマロンがブログに登場しませんでしたが、別に具合が悪いとかそんなことは全くなくて、彼女的には平和な日々を過ごしています。

今月になり暑い日が増えてきたのですが、そんな昼間は娘の部屋(マンションの北側)の出窓で過ごしています。確かに涼しいのです、その場所。

そして、昔はしなかったことが、私達夫婦のベッドで昼寝すること。ベッドと布団のために普段は掛ふとんはめくってありますので、そこに堂々とおねんねされます。可哀想にベッドさんが休まる隙がない(笑)。以前はムートンシーツを使っていたのですが、今年は寒い間はイトーヨカドーの暖かパッド、今はクールパッドなので、ムートン嫌いなマロンには好都合なようです。

可愛いというより、威厳のある顔になってきたような…。まあ、マロンも中年猫ですからねぇ。

2014年6月28日 (土)

休日の朝のひととき

静かな休日の早朝、一人早起きして過ごすお供は、お気に入りのコーヒーと本。

最近は、ほとんどKindle(Kindle Paperwhite、あるいはiOSやAndroidのKindleアプリ)で電子ブックを呼んでいますが、でも、こういう時に画になるのはやはり冊子体の書籍でしょうなぁ。コミックやKindleを一緒に写真に入れても画にはならん。

2014年6月27日 (金)

ジムのおとも

ジムで筋トレする人の多くは何らかのプロティン飲料を飲まれていると思いますが、私はこれです。

ドロリタイプというかそういうのと違って、スッキリしたクリアタイプでグレープフルーツ風味です。これを付属スプーンで4杯分をシェイカーに入れて氷を数個放り込んで、シェイカーでシャカシャカ。あっというまに泡だらけになりますが、それを冷蔵庫で一時間くらいおいて、ジムに行く直前に保冷タイプのマグボトルに入れて氷を数個入れてジムバッグに放り込みます。

運動の合間に、スポーツドリンク代わりに飲みますね、これ。なかなかイケます。プロテインを飲むという義務感ではなく、喉が渇いたからスポーツドリンクを飲むというまさにそんな感じ。

2014年6月26日 (木)

お気に入りの一缶

お気に入りの軽いアルコールドリンク。

これ、すきなんですよ、甘くて爽やかでさっぱりしている。

アルコール度数も低いのでお酒って感じはほとんどしません。

CMとか見ても明らかに女性狙いであり、オッサンなんか目じゃない感じですが、でも美味しいモノはオッサンであれお嬢様であれ美味しい!

サントリーのサイトを見てみるとわかりますが、結構種類が多いんですね、ほろよいシリーズ。

2014年6月25日 (水)

コーヒーの保存容器

コーヒー豆、皆さんはどうやって保存されていますか?缶ですか?キャニスターですか?

私は安直に、カフェーパウリスタのオマケの缶です。

缶のいいところは、ニオイがつきにくいこと。パッキンの着いたタイプのキャニスターだとパッキンに良くも悪くもコーヒーのニオイが染み付いてしまいとれませんし、本体も素材によってはニオイが付きます。中にはホーローの白い保存容器がありますが、これ、どうみても骨壷。

下の写真は、ペット様用の骨壷であります。

だから、白いホーローの筒型容器とかがキッチンから出てきてたら、お客様はびっくりするでしょう!姿も似ていますが、価格も似ています(笑)。

だから、缶なんです、缶(笑)。

続きを読む "コーヒーの保存容器" »

2014年6月24日 (火)

お気に入りのコーヒー

仕事でオフィスにいるときはインスタントコーヒーですが、結構飲みますね。午前中に二杯くらい、午後に二杯くらいでしょうか。

休日はレギュラーコーヒーですが、最近のお気に入りは、「カフェーパウリスタ」の「森のコーヒー」です。スッキリした味わいで私の好みです。

ただし、お店のほうに行こうとはこれっぽっちも思いません。

理由はこれ。ここの「店舗TOP」の「席・設備」の「禁煙・喫煙」の欄が「全面喫煙可」になっていますね。

アンチ喫煙な自分にとって、煙草の煙の中なんかでコーヒー飲みたくないですもの。健康増進法?分煙?受動喫煙防止?そんなもん糞食らえ、ウチは愛煙家のためのコーヒー店なのだ、それが伝統だという空気がにじみ出ています。ここのコーヒーは好きですが、こういう姿勢は大嫌いであり反吐が出そうです。それを考えると、こういう経営者に利益を供したくないわけで、ここのコーヒーを買うのをやめようと思いますが、でも、美味しいんだよね、くそったれめ、旨いから続けてやるわ…(笑)。まあ、店舗にいかなければいいだけの話なので。

2014年6月23日 (月)

プチトマト

娘がバルコニーで栽培しているプチトマト。まあ、家庭菜園の中でもっとも栽培が簡単な部類に属するのだと思いますが、放置しておくとどんどん背が高くなり、栄養が行き渡らなくなるので、そこは先っぽカット。

で、カットしたものを切断部をしばらく水に付けておくと根ができます。それが先日の記事ですが、いつのまにやら花を咲かしていました。

一方で本体?のほうは実ができています。

これ、結構、鳥の好物なんですよねぇ。気をつけないと食われちゃいます。

2014年6月22日 (日)

あみじゃが

あまりスナックとかは食べない方ですが、休日の午後などはたまに少々頂きます。

先週食べたのは、東ハトのあみじゃが・うましお味です。

厚切りの網目状のポテトスナックです。

サクサクですが、ポテチの食感とは全く違ってて、どちらかといえば軽い感じの揚げ煎餅に近いかもしれません。意外に歯ごたえがあります。

1つが分厚くて大きいため、一袋の数でいうとさほど多くなくて、家族三人が手を出すとあっという間になくなってしまいました(笑)。

2014年6月21日 (土)

ねこ cafe3 (3)

ねこ cafe3の中から我が家にやって来たメンバー第三弾。

まずは、ペルニャイスサンド・バニラ。

続いて、ダブルニャイス・ゴマ&チョコチップ。

というわけで、現在のオールスターキャスト。

残るのは、ダブルニャイス・キャラメル&バニラとフルーツ・ニャンチです。

2014年6月20日 (金)

GRAMERCY NEW YORKのフルーツロール

先週日曜日の話ですが、午前中はジムへ行ってムキムキ目指して特訓(笑)のあと、午後からちょっと一人でお出かけ。ついでに、久しぶりにGRAMERCY NEW YORKでフルーツロールケーキを買ってきました。

この1本で1,404円(税込み)です。6個に切り分けると、1つ234円也。

たまに、美味しいですねぇ、GRAMERCY NEW YORK!

「ごちそうさん!」

2014年6月19日 (木)

ミニトマト

娘がバルコニー菜園で作っているミニトマトのカットした脇芽ですが、水につけておくと根が出てくるってーんでつけておきました。

根の部分を拡大。

確かに、根が出てきてるじゃあーりませんか。

で、この先どうなるのか?

2014年6月18日 (水)

ねこ cafe3 (2)

ねこ cafe3の「ペルニャイスサンド・チョコクッキー」であります。

他に「ぷるるんニャリー」ももう1つ増えて、ねこcafe3家族、総員3個というか3匹といか。

ちなみに、全部で6種類あるんですが…。

2014年6月17日 (火)

買い替え候補

ソファの座面クッションの復活作成の計画はほぼ完了しています。一方で全体的な老朽化に対しては買い替えとなるわけで、いろいろ見ていますが、実物を確認できて世間様の評判も普通かそれ以上、なおかつ価格はほどほど、サイズは総幅1800mm程度以内、座面幅1500mmは欲しいという条件で行くと、意外と少ないです。

やたらサイドアームがデカいやつとかありますね。我が家の場合、サイドアームは重視しないし、座面幅が十分確保できるなら無くてもいい感じ。

先日、ソファーショップのNOYES青山ショールームの近くに仕事で行く機会がありそのまま直帰コースでしたので寄ってきました。

SOFA 100% NOYES

WEBを見て気になっていたのがdecibel professionalというモデル。これのアームレスで3Pモデル。

座面はモールドウレタンを使用しているので、高耐久でしっかりしたすわり心地。その高弾力を多少カバーするためにモールドウレタンの周囲を低反発ウレタンで覆っています。座った感じは確かに「硬め」ですが、安物椅子の硬めとはちょっと違う。ずーっと座っていてもお尻が痛くならない弾力と硬さなんです。背もたれにもたれずシッカリ座ると緊張感が保てる硬さ。

このソファの特筆すべきことは、モールドウレタン座面の硬さと正反対の背もたれの羽毛クッションの快適さです。おおきくてなおかつ滑り落ちたりふにゃっと背中に倒れないように、背面にボルスター様のクッションがついています。

座った瞬間はしっかりした座面に「お!」って感じですが、ゆっくりと持たれると、「ふわー」と心地良く背中がクッションに埋もれていき、リラックス感がただよいます。座面もフカフカだと長時間座っていると腰が痛くなったりしますが、これはそんなことはない、とても優れたソファです。

NOYESのお手頃モデルで気になっていのが、売れ筋だという「 NewSugar Standard 3P」です。

こちらの紹介ビデオはこれ。

お値段は手頃ですが、この座った感じにとても近いのが無印良品のスリムアームソファ羽根ポケットコイルクッション2.5P です。

カバーと足までいれると価格はいい勝負になります。無印だからとって数万以下の安物じゃないです。先日、妻のドレッサーのスツール座面修理をしてわかりましたが、ソファって張り生地が結構高い、それと中身のウレタンもそこそこいいのを使うとそれなりに安くはないものになるってことです。あとはフレームの作りとか使っている木材の違いなどがあるでしょう。まあ、このあたりは基本を満たしていれば、そして何十年もの耐久性を要求するでなく、子供がソファで跳ねるわけでもないのであれば(ソファの上で跳ねるのは絶対やらせてはいけません、普段やらせていると他人の家でもやります、高価なアルフレックスとかの上ではねられたら、持ち主は子供をぶん殴りたくなることうけあいです)無印のソファも有りです。

まあ、ゆっくり考えましょう。でも、いいです、decibel professionalというモデル。これのアームレスで3Pモデル。

2014年6月16日 (月)

ねこ  cafe3

バンダイのガシャポンの「ねこcafe3」の「ぷるるんニャリー」です。

裏側も手抜きがなくて、ゼリーの底をみるとちゃんと足としっぽがあります。

ニャンかとっても可愛いにゃん。

2014年6月15日 (日)

ソファ座クッションのリメイクプラン

しつこくソファ(笑)。

穴井商会さんのことは、先日名前だけ描かせていただきましたが、その後、ソファの座クッションのリメイク用に70cm×74cmの仕上がりサイズで厚さ5cmの羽毛+エステル綿混合のクッションを作ってもらうといくら掛かるかを見積もってもらいました。その結果は4桁円半ばちょいくらいの金額で、さらにそのままだとウレタンと羽毛クッションがずれるので、ウレタン収納用の袋を一緒に縫いこんでもらえるそうです。

市販のソファのクッションの内部写真とか見ると、上部に羽毛が入っていて、同じインナーカバーの下部にウレタンが入っているものがありますが、まさにそんな感じになるそうであります。

ウレタンのほうは、

こちらで1cmから10cm厚の1cm単位で任意の厚さで、1cmでサイズ指定オーダーできる(全体の容量で下限がありまますが)ので、ウレタン探しに奔走することもありません。

これで、ソファの座クッションリメイクの材料手配のあたりは全て付きました。あとは行動に出るだけ。まあ、でも、先日の2cmチップウレタン+2cm高弾性ウレタンの追加でかなりよくなりましたので、しばらくはこれで様子見ですかね。

クッションリメイクもいいですが、2匹ものムートンフリースを載せるのもいいかな、とも思います。

ほんとに、ムートンって気持ちいいんですよ。天然の湿度調節機能があるので、いつもさらりとしていまして素肌にも気持ちいいです。決して冬だけのものではないです。特に、レザー系のソファは冬は冷たい、夏はペタついて気持ち悪いので、ムートンフリースを敷くべきであります。

ともあれ、ソファリメイク・すわり心地向上計画の立案は完了です。

2014年6月14日 (土)

ハニー・ムーン

昨日は13日の金曜日の満月で、「ハニー・ムーン」というのだそうであります。

次のハニー・ムーンは2098年6月なのだそうで、さすがに生きちゃいないわ。

2014年6月13日 (金)

日本のチェーン展開型サービス業に未来はないか?

牛丼チェーン店「すき屋」が人手不足で閉店を余儀なくされている店舗が出てきているのは記憶にあたらしいですが、そもそもすき屋にかぎらず、チェーン展開の格安系サービス業は、もはやどこもブラック企業とかしているそうでありまして、ワタミに至っては、理念集の中に「365日24時間死ぬまで働け」と表現されているそうであります。創業者の理念はどうあれ、時が経てば言葉はひとり歩きするものです。結果的には今の店舗展開の中で、従業員は酷使するものという風潮になってしまい、結果的にはブラック企業に名を連ね、2013年にはついに「ブラック企業大賞」を受けてしまい、文字通りブラックの王座に座ることになったたのです。


よく言われることですが、信頼を築くのは大変な努力と時間が必要ですが、信頼を壊すのはあっという間です。ワタミもブラックの汚名を払拭するには相当な努力が必要でしょう。


松下幸之助氏の言葉に「事業は人なり」というのがありますが、事業家諸君はこうしたその言葉を忘れていませんかね。


ちなみに、「365日24時間死ぬまで働け」は「仕事とは、生きることそのものである」という風に書き換えたり貼り付けシールが配られたと聞きますが、これもヘンでしょ。


「生きる」ことの一部に「仕事」があり、「仕事=生きること」ではありません。つまり仕事は生きることの要素の一部でしかありません。それをイコールで繋ぐことがやはり経営者の頭の構造を疑わざるをえないわけで、見方を変えれば「死なずに働け」ということで「仕事とは生きることである」から「仕事から逃げるためには生きることをやめるしかない」ということでもあります。やはり頭ヘンでしょ。


いずれにせよ、人を大事にしない(大事にする=甘やかすではない)企業はいっときは繁盛しても絶対長く存在しません。未来の老舗には絶対なりえない。

2014年6月12日 (木)

八端判の座布団中芯

一連の記事で愛用ソファのへたれてきた羽毛100%座クッションの改良の話題を書いてきました。本格的に2cm厚チップウレタンと2cm厚高弾性ウレタンの2層構造ウレタンをクッション底面にいれることによりかなり改善したのは既に書いたとおり。

それまでは、短期間でしたが近所のイトーヨーカドーで見つけたこの59cm×63cmという大きな座布団を入れていました。この座布団はポリエステル綿のヘタり対策・すわり心地向上としてウレタン中芯を入れたものですが、これが実は単体で使ってもなかなかよろしい。

ソファの座クッションを本格改良した後は、ソファからはお役御免になりました。2枚のうち1枚はオットマンの上に鎮座。オットマンはソファ本体と違って固めなのでちょうど良くなります。見た目がアレですが…。

もう1枚は、ぬぁーんと愛用のバロンチェアの上に載せてみました。もともと、以前のチェアで使っていたラムのムートン1.5Pをかけています(ちょうど旅客機のコックピットの椅子みたいになります)が、ものは試しとこのデカイ座布団を乗せたら硬さといい、包み込む感じといいすごく気持ち良い。バロンチェアのきれいなデザインが台無しなんですが(笑)、でも、ほんと、意外なことにいいんです、これ。

見た目があまりにアレなんで、オカムラの人が見たら激怒しそうな感じでもあるので、写真は控えますが(笑)、でも、世の中頭だけで考えてちゃだめですね、やってみると意外なことがあるってのを改めて知った次第。

2014年6月11日 (水)

ソファのクッションリメイクには…

先日の記事で、我が愛用ソファのフェザー100%の座クッションがへたれてきたので、2cmのチップウレタンシートと2cmの高弾性ウレタンシートを入れたら具合が良くなったと書きました。


確かに以前に比べたら雲泥の差です。


ですが、トップにある羽毛バッグの中の羽毛がヘタれているのはどうにもなりません。つまり、羽毛というのはどうしても経年変化で羽根が型くずれしたりして、圧力からの復元力がなくなってきて嵩高さもなくなってきますから、いずれは交換しなくてはなりません。


工房に買うと、無印良品のソファ本体が楽に帰るくらいの費用見積もりでしたが、DIYソファ・クッションリフォームへの打開策に光明を与えてくれたのがソフトプレン社。




今後、旧来の羽毛バッグの羽毛がさらにヘタれてきたら、ここからウレタンシートをオーダーして、底部のチップウレタンをさらに厚く、上層には低反発ウレタンシートとその上に高弾性ウレタンシートを載せた4層構造ウレタン座にします。


ただし、このままでは、もともとのカバーがふっくら感があるので、ぺたんこだと余ってしまいますし、座った瞬間のふんわり感が欲しいので、羽毛とエステル綿もしくは羽毛とチップウレタンの混合のヌードクッションが必要です羽毛だけだとヘタレが早いし復元性に難があります。厚みは5cmくらいあればいいと思いますが、そうそう都合の良いサイズ・中身は市販にはありません。


でも。見つけました。



穴井商会



70cm×74cm×5cmの羽毛とエステル綿(あるいはチップウレタン)の混合材でのヌードクッションがいくらくらいかかるのか問い合わせ中ですが、光明が見えてきました。


探せば他にもあります。



ファブリック工房



こうやって調べるのは、市販のソファを調べるより楽しい…かも。


2014年6月10日 (火)

iOS8

WWDC 2014の中でiOS8が発表されました。

iOS7になって便利になったのが「通知センター」と「コントロールセンター」。特にコントロールセンターはこまめにWifiをオン・オフするとき、カメラを起動したいときにチョー便利な存在であります。特段劇的な進歩というものではありませんが、こうした地味だけどユーザービリティを大きく向上させる改良は大歓迎です。

私のiPhoneは素のiPhone5でしてこの秋で2年になりますから、iPhone6の予約が発表されたら即座に予約をいれるのは決めています。iOS8では通知センターがさらに改良されるとか、MacOS Yosemiteとの連携強化などは、Macユーザーの自分には大歓迎です。

iWatchと連携するかもしれないHealthアプリですが、これはちょっと日本的にはまだまだですね。出来れば、例えばタニタの体組成計とiCloudとiPhoneがリンクして、日々の変化を記録して分析してくれるようなことができればもっといいですし、さらに家電リンクも進んで欲しい。

StarTreckみたいに、「コンピューター、灯りを消して」「コンピュター、体組成の変化から健康状態を分析して」とかいうと音声で答えてくれる、そんなのが欲しいですが…。でも、夢ではなくなってきました。あと、一歩のところまで来ています。

2014年6月 9日 (月)

ソファの羽毛座クッションのヘタり対策

我が家のソファは、某工房のソファで座面と背は羽毛100%のフカフカタイプ。購入して何年かは平気でしたが、羽毛素材の宿命として使っているうちに羽毛が粉砕してきて嵩高さとフカフカ感が失われてきてヘタりが来ました。

下の写真、ソファに座って立った跡ですが、座って凹んだ部分がほぼそのまま復活せず…。座った時の感じも柔らかは柔らかですが、前ほどのふんわり感もなくへたり感満載。

いずれはソファの買い替えは必要なのですが、猫対策でカバーをかけて使っていたので生地の痛みはほとんどありません。傷んだのは座面のクッションだけなのですが、中だけ取り替えても数万円かかる(羽毛高騰中)というので、それなら買い替えたほうが…となります。でも、ちょっとまって、愛着あるソファなのでもう少し使いたいですねぇ。で、思い出したのがこれ。

ここには、希望するサイズでスポンジをカットして売ってくれます。ここでウレタンチップスポンジ#401の2cm厚と、高弾性ウレタンスポンジ2cm厚を、座面クッションサイズで購入しました。迷ったのはサイズですが、クッション中身を取り出した座面クッションカバーのサイズそのままで発注。

羽毛クッションを一旦取り出して、二種類のウレタンを接着剤(ボンド G17が適当です)で貼り付けたものを、チップスポンジが底面になるようにカバーの中に綺麗にセットし、続いて羽毛クッションを丸めるようにして入れ込みます。これが、結構大汗仕事でした。出来上がり中身はこんな感じ。

結果は、微妙に座面が高くなりましたが、張りが戻り座って立った跡も、くしゃくしゃにならず復活するようになりました。

かかった費用は、厚さ2cm×幅74cm×長さ70cmのチップウレタン2枚と、高弾性ウレタン2枚、送料で6,000円ちょっと。工房で同じことをやるとこの数倍+往復送料になるので、大幅に節約できました。

すわり心地は、以前の羽毛100%の購入時よりも底面にウレタンが入ったほうがいい感じです。

2014年6月 8日 (日)

 壊れたスツールの座面修理

妻の愛用ドレッサーのスツール座面が壊れているというを最近知りましたが、その壊れ方が酷い。

随分、座面中央が落ち窪んでます。単なるウレタンのヘタリじゃないです。裏をみてビックリ。

なんと、底板がベキベキに割れているじゃないですか。その、底板をよく見ると…。

信じられないことに、座板にパーティクルボードを使っています。パーティクルボードは一見丈夫そうですが、曲げ圧力に弱いんです。そりゃそうですよ、木くずを接着剤で固めて圧縮しただけです。普通は合板を使うでしょうに。決して安くはなかったと思うのですが、この部分は裏布で覆われていたので実態が見えないようになっていました。見えないところで大幅手抜きしているとしか言いようがありません。

さて、こうなっていますから、普通のように張替えはダメで、座板から取り替えます。

座板には12mmの合板で、サイズは 29.5cm四方でしたので、東急ハンズで30×45cmの合板をカットしてもらいました。カット料金は一辺54円也。断面と角、表と裏にペーパーを掛けておきます。

他に必要なのは、座面の張り生地とウレタンや道具としてタッカーの類。これらは全て楽天で揃いました。

下の写真が椅子張り替えキットの内容実物写真です。

チップウレタン2cm厚、高弾性ウレタンの2cm厚と1cm厚、タッカー、ボンド、カッターがセットされています。

しっかりしたチップウレタンを一番下、次に2cmの高弾性ウレタン、一番上が1cmの高弾性ウレタンの淳で使います。

ウレタンは、座板ピッタリのサイズではだめで、周囲を1cmほど大きめにカットします。ただし、一番上の薄いウレタンは座板より1.5cmほど周囲に余裕を持ってカットします。こうすることで周囲がふんわり綺麗に仕上がります。

カットしたウレタンは、ボンドG17で貼りあわせます。貼り合わせないと座ったり立ったりしているうちにずれてくる可能性があります。もちろん座板とも貼りあわせますが、これは軽くでいいんですよね、ズレたい程度で。そうしないと次に張り替える時が大変。

貼りあわせたら次に購入した生地を適切な大きさにカットします。

さて、ここからタッカーの出番です。まず一辺の中央をタッカーで止めます。次に、織り目が斜めにならないように気をつけて対向する辺の中央を強く引っ張りタッカーで一箇所を止めます。

ついで残り2辺を同様に中央部だけ止めますが、座面のほうを確認しながら織り目が座板の辺に対してまっすぐになるように気をつけます。表を返すとこんな感じ。四方向にさえぴったり張りがあれば、止めてない付近のシワは全く気にする必要はありません。

四カ所を止めたら座面がたるまないよにしっかり必敗ながら一辺ずつ同じ先と同じ順できつく引っ張りながらタッカーでとめていきます。

こんな感じです。

座面はこんな具体です。少しシワが残っていますが、四隅をピンと張りますから最終的にはシワはなくなります。とにかくきつく張ること。

一番困ったのが四隅の処理です。モケット生地でクッションが5cmと厚いのでなかなかうまく来ません、止めたり外したりの試行錯誤で結果はこうなりました。

裏を返すと、うーん、気に入らない(笑)

ともあれ、なんとか出来ましたので、壊れた座面を取り外して(この座面は蝶番で開くようになっている)、位置合わせに気をつけながら電動ドライバでネジ止めします。電動ドライバでないと、位置合わせしながらの木ねじドメが上手く来ないかも。

完成の図。

外した座面。長い間ご苦労様でした。

作業時間、約1時間。なんとか終了しました。妻は修理ができるとは思っていなかったそうで、えらく喜んでくれました。

2014年6月 7日 (土)

モールドウレタン

ソファやチェアのクッション材はいろいろありますが、ポピュラーなのはウレタンですね。ウレタンといっても様々ですが、大きく分けると、普通のシートクッションなどに使われているスラブウレタンとモールドウレタンがあります。

両者の違いはざっくり言えば、成形方法による違いでして、スラブ成形はベルトコンベアーの上に混合原液を連続的に流してかまぼこ状に発泡させカットしたもので、ばかでっかい食パンみたいなものを想像すれば当たらずといえども遠からず。一方モールド成形は、金型の中に原液を注入して発泡させるもので、金型さえ作れば複雑かつ自由な形に成形できます。

スラブウレタンは蓋をしないで発泡させるので、気泡が崩れてくっついた連気泡状態で成形されるため、触感は柔らかいですがつぶれやすい、つまりへたりやすいという特徴があります。ただし、コストは安い。

モールドウレタンは、金型を用意する必要がある、つまりデザインされた椅子のクッション部分やソファの形に合わせた金型が必要でコストがかかりますが、蓋をして発泡させるので気泡は独立した型をたもったままの単気泡で成形されますから、型崩れや耐久性に強い。ただし、触感は少し硬めに感じます。

パソコンチェアなどでも、1万円とか2万円とかのものは間違いなくスラブウレタンで、それも密度の低い安物を使ってることが多く、結果的に座面がすぐヘタります(経験談)。しかし、オフィスチェアとして一流メーカーの一脚十万円を超えるようなチェアの座面はウレタンならばまず間違いなくモールドウレタンで非常にへたりにくいです。例えばオカムラのオフィスチェアを使っていて、直ぐに座面がぺったんこになったなんて経験は仕事をされていてもまずないのではないかと思います。毎日何時間も座っていて、一年、二年はおろか数年たってもほとんどへたらないですよね。これがモールドウレタン。密度にもよりますが、ソファに使うようなものは硬いだけではなくて、ちゃんとソフトな弾力もあり、おしりが沈むようなソファよりは長い時間座っていてもつかれません。

モールドウレタンを使ったソファは安いソファにはまずありません。それは先のように金型にお金がかかるからでありまして、よほど量がでないとペイしないですから、小さなソファ工房などで手頃な価格のモールドウレタンソファを作るのは極めて困難なのでありますな。

そんなわけで、ソファではなくても、パソコンチェアを買うなら、ケチらないでオカムラとか一流オフィスチェアメーカーのちゃんとしたモールドウレタン座面のチェアをおすすめします。はっきり言ってすわり心地がやすーーいやつとは雲泥の差です。

2014年6月 6日 (金)

Nexus 5の待機時の電池持ち

先日も取り上げましたが、

Nexus 5でiBatteryを使って、

  • 画面ロック時はWifi、モバイル通信、Bluetoothなど全ての通信はオフ
  • 1時間に1回オンになる

ように設定しているときの電池消費が下の写真で、1時間あたり0.75%です。

では、モバイル通信はオン、BluetoothとWifiは手動でオフにしたままでiBatteryを完全に切ってしまった場合はどうなるか試してみました。

20時間46分で100%から90%に減少なので、一時間あたり0.48%です。

ちなみに、hp Slate7 ExtreamでiBattery使用し、画面ロック時にモバイル通信・Wifi・Bluetooth全てOFFで定期的な通信回復無しにすると、1時間あたり0.29%という少なさになります。Wifiオンリーのタブレットなんで人間が能動的に使う時だけWifiなどがオンになればいいので、本質的にスマホとは使い方が違うわけですが、モバイル通信やWifiが待機時消費電力に占める割合は非常に高いようです。

今度は、もっとも普通に近い使い方、すなわち、iBatteryは使わない、Wifiは入れっぱなし、Bluetoothはオフ、画面ロックは30秒にしたときにどうなるのか、試してみましょう。。

で、試した結果はですねぇ、5時間18分で4% 減少しましたから、一時間あたり0.75%。待機状態の継続であれば、iBatteryがあってもなくても大差ないわけです。効果が高いのは、手動でこまめにwifiのオンオフをすることですね。自宅でしかwifiを使わないなら家をでるときにwifiをオフにすれば良いだけです。

まあ、たかがバッテリー、されどバッテリー。ごちゃごちゃ言わないで、10,000mAh級のバッテリーを持ち歩けば、どんな使い方をしても丸一日は普通はもつでしょう、という言って開き直ることもできます。

2014年6月 5日 (木)

Simmons Pocket Coil Pillow (King) 使用感

タイトルのブツはこの写真のピローでUS Amazon経由で購入したもの。

届いたときの紹介記事はこちらです。

さて、実際の使用感です。

  • いかにもポケットコイルスプリングが入っていますという感じは皆無。
  • 注意書きには斜めや縦に使わないこととありますとおり、斜めから押してみると、なるほど綿とは違って中の構造を感じます。
  • 周囲の詰め物のポリエステル綿は結構厚めでびっしり感。
  • 枕の高さは結構高め。
  • 硬さはポリエステル綿の硬めのものくらいの感じはある。L.L.Bean Down-Alternative Damask PillowのFirm(硬め)くらいの感じ。

一言で好みか?と尋ねられれば、もう少し柔らかければいいんですがね、という感じ。

メディフロー・ウォーターベース・ピローといい、これといい、なかなかユニークな枕さん達であります。

2014年6月 4日 (水)

椅子の張替え、ソファの座クッションリフレッシュ

椅子やソファの座面クッションは当たり前なんですが使っているうちにへたってきます。お気づきかもしれませんが、オフィスで使われている椅子って以外と座面クッションってへたっていないですよね。ずーっと座っているんですが、自宅のダイニングチェアのほうが先にヘタったりしすることだってあるでしょう。

私が愛用しているパソコンチェアは、「オカムラのBaronチェア」ですが、一脚10数う万円近い価格で家庭用の安いソファより高いです。オカムラカタログを見るとオフィスチェアは、平均一脚数万円はします。全部入り社長イス2万円台なんて見た目一瞬豪華だけど、すぐにクッションがへたるしょぼいものとは、素材から作りまで全部が違うわけですが、特にクッションがまるで違います。座面クッションの違いは、オフィスチェアのウレタンタイプの場合は多くはモールドウレタンを使っていること。すなわち、その椅子専用の金型を作ってそこにウレタン材料を流し込んで発泡されるというもので、高品質でへたりにくいものが出来ますが、そのかわり専用金型とか作るので高い。でも、オフィスチェアの経験どおり、非常に長持ちします。

先日書きましたが、我が家のソファの座面クッションは100%羽毛(フェザー)。これもウレタンほどではないですが、7年も使っていると嵩高がなくなってきて、パンパンとふくらませても、買った頃のような腰がなくなって、ずずーーと沈んでしまいます。

とりあえず、間に合わせに八端判のウレタン芯の座布団を座クッションの床側の面に入れたりして少しはマシになっていますが、いかんせん所詮は間に合わせで大きさも合わないから具合が宜しくない。作成元の工房に座クッションの作成などを頼むとえらく高くて、無印のポケットコイルソファがらくらく買えてしまいます。調べてみると、大きさのあったウレタンを座面下側にいれるって手もあるようですが、そのためにはサイズのあったウレタンが必要ですが、そもそもそんなデカイサイズのウレタンはDIY店などにも売っていません。

いろいろ、探しまわって見つけました。さすが、楽天、なんでもある。

さて、もう1つ。実は妻のドレッサーのチェア(スツール)の座面が壊れてしまいました。クッションが相当ヘタっているのは以前からなんですが、ついに長年の使用に耐えかねて座面の板が割れてしまいました。妻の名誉のために言いますが、決して妻がおもすぎるわけではありません。

座面は合板ではなく、曲げ強度において合板より劣るパーティクルボードが使われていました。それなりのお値段であろうドレッサーですが、なんか見えないところで手抜きされている感じで悔しいですねぇ。それはともかくとして、これも修理の必要があります。

椅子の座面の修理はそんなに難しくないのです。材料やタッカーなどの工具もセットになっているものすらあります。

当然、生地も張り替えるわけですが、生地は普通の洋服生地ではダメです。椅子の座面張り生地は想像以上に分厚くて丈夫で適度な伸縮性があります。これまた楽天で探すと売っています。

スツールの割れた座面の代わりに12mm合板を東急ハンズで同じ大きさにカットしてもらって、材料は揃うわけです。あとは楽天に発注したウレタンと生地が届けば作業にかかれます。

ソファ座面クッションお取り替えの様子やスツール修理の様子は後日お届けすることにしましょう。

2014年6月 3日 (火)

呼吸チョコ

今、巷で大ブーム!か、どうか知りませんが、昨日の満月ポンと同じく有楽町の大阪百貨店で妻が見つけたのがこの呼吸チョコ。マルカポーネチーズを使ったティラミスチョコレートだそうであります。

はっきり言って、東京ではぜーんぜん聞くことがありません。

妻は「美味しい〜!」といっておりました。

で、私も1つ。

「.....」

正直言って好みじゃないです、かなり好みじゃない、相当好みじゃない。

この直後のCadburyのDAIRY MILKチョコレートをお口直しに頂きました。

呼吸チョコファンの人には申し訳ないですが、好みは千差万別ってことです。

2014年6月 2日 (月)

満月ポン

大阪の方はおそらくよくご存知だと思うのですが、同じ関西でも大阪ではない私にはイマイチ馴染みが薄いのが、満月ポン

駄菓子なんですが、とんと記憶にありません。

有楽町電気ビルの大阪百貨店で見つけたので小さいパックを購入。

はて、さて、どんなお味なんでしょうか。

2014年6月 1日 (日)

嘉禾屋のうどん

昨日、妻と外出した折りにいただいたお昼は、嘉禾屋の焼き甘鯛と小蕪のうどんです。

大きな甘鯛の焼いたものが上にのっていますが、なんといっても、「おだしうどん」というだけにおだしが美味しいのです。毎回全部飲んじゃいます、それくらい美味しい。うどんは中位の太さの平らでちょっとよじれた感じの腰の強い麺です。

休日の昼過ぎなんかは、満席になっています、それも若い女性が中心だったりします。が、しかし、平日は普通に男性もたくさんいらっしゃいますので、ぜひお試しを。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »