マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 博多麺屋台 た組 | トップページ | もうすぐ梅雨ですか »

2014年5月27日 (火)

ソファがぼちぼち....

我が家のリビングのソファは某工房から購入したサイズは2.5Pのもので、背クッションは100%フェザー、座クッションも100%フェザーです。

ソファとしては高いものではないですが、座面クッションのフェザーが最初はとても快適で、体重がかかるとふかーと沈んである程度でシッカリ止まる感じでとても快適、座ると眠くなって困る位の快適さでした。

しかし、時は流れて7年たった今、座クッションのフェザーが劣化してきて、クッション性がわるくなり、当初のフカー感がなくなってきました。手入れをしてもなかなか嵩とクッション性が戻らなくなりました。制作元の工房に聞くと、フェザーの原価があがっているとかで、えらく高い見積でして、そこまで出すなら、もっと追加して買い替えたほうがいいや、ってことになりました。

しかし、ソファって選ぶのは難しい。リラックスできるものがいいので、座クッションが硬いものはダメです。しかし、だからといって、座クッションが100%フェザーのものは同じ轍を踏まないためにやはりノーです。ウレタンだけだとウレタンの質にもよりますが劣化が早い。いろいろ試して今有力候補の座クッションは、ポケットコイルをコアに使って座面に羽毛を使ったもの。ウレタンのように劣化が早くないし、コアにポケットコイルがあるのでヘタリ感が時間が経過しても少ないはずです。

といっても、なかなかそういう作りで、デザイン・価格・構造・大きさが好みにあったものに出会えません。高すぎたり、デカすぎたり…。

とりあえず考えた回避策が。だいぶ嵩の減った座クッションの羽毛の中袋の下側にちょっと厚手でやや硬めのウレタンシートを潜り込ませればいいんじゃないかってこと。最初の頃だと羽毛パンパンでカバーと中袋の間にそんな厚いものをいれる余裕はなかったですが、嵩の減った今は結構余裕があります。

この前の日曜日、ジムの帰りにショッピングセンターのインテリア売り場で見つけたのがこれです。

座布団の中身ですが、サイズが八端判という59cm×63cmという珍しいサイズ。ソファの座クッションの生地サイズが70cm×74cm(生地で中身を入れない状態なので、羽毛中袋が入ると実サイズはもっと小さくなるので、八端判でもちょっと小さいくらいですが、悪くはない。ってーんで2枚買ってきて、座クッションの下側(座面と反対側)に潜り込ませました。

本当はサイズのあった数センチ〜10cm程度のウレタンを入れたいのですが、これは手近なところには売っていないので、まずはお試しです。

結果は、座るとひしゃげたままになって嵩がかなり減った座クッションですが、ウレタン+羽毛の座クッションに近い感じになり、表面は柔らかいですがしっかりと支える芯が出てきました。これなら、サイズのあったウレタンを楽天とかでかうといいかも、って感じです。

« 博多麺屋台 た組 | トップページ | もうすぐ梅雨ですか »

住居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソファがぼちぼち....:

« 博多麺屋台 た組 | トップページ | もうすぐ梅雨ですか »