マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Androidスマホ・タブレットでSDカードの写真を読み取る | トップページ | おじさん金沢一人旅 〜1日目〜 (1) »

2014年5月 8日 (木)

E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

GW前に金沢に行ってきたわけですが、持参したカメラは表題に書いたペアと、OLYMPUS TG-2。表題のコンビは防塵防滴仕様のボデ&レンズの防防コンビ。TG-2のほうは防塵防滴どころか15m防水仕様で、雨の多い金沢で安心仕様。

E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROは手にして間もなく、旅行に持ち出すのは初めてですが、使い慣れたオリンパスのデジ一眼なので、手に馴染んでいますし安心感もあります。もちろんE-1やE-3とは機能もかなり増えていますが、何故かあまり迷うこともないのは根っからのオリンパスユーザーだからでしょうか。

E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROの組み合わせは、レンズはマイクロフォーサーズとしてはやや大きめですが、意外とカバンに入る大きさでもあります。旅行などには「MANHATTAN PASSAGE #2200 サイドウェイズバッグ」を使うことが多いのですが、楽勝な大きさです。もう少し小さめのバッグでも平気。私はこのサイドウェイズバッグにTG-2、cheero power plus 2という10,400mAhのモバイルバッテリー、長財布や小物類をいれています。そのまま持つと重くなりますが、このサイドウェイズバッグはその独自の形状で重さが体にうまく分散されるので、手で持つほど重くないのが不思議です。ともあれ、カバンに楽勝で入るのは意外です。

さて、このレンズ、他のLUMIX G 14-45mmと比べると、不思議といえば不思議ですがファインダーを除いた時の画が違う。気のせいだといえば気のせい、プラセボ効果でしょうが、でも自分の眼には違って映る。EVFの画がすっきりとクリアな感じになるのです。まあ、小さなEVFで分かるほどの差はないとは思いますが、でも違うってばさ、違うのさ(笑)。

この組み合わせ、旅行には欠かせない撮影ツールになりました。さらに途中で小雨が降ってきて、他の一眼を持った観光客はカメラにハンカチを被せたり、慌ててバッグにしまったりしていましたが、こちらは人間が多少濡れるのさえ気にしなければ、少々の雨程度では平気。周りの方は不思議な顔をしたり、あー、あいつ、カメラを濡らしてる馬鹿だよ〜ってな顔をしたり(笑)、いや、これも気のせいでしょうが、とにかく、周囲がどうあろうと、少々の雨くらいなら平気平気。経験の長いカメラメーカーだからこそ防塵防滴性能も信用できます。申し訳ないですが、自分もかつてもっていたLUMIXのGシリーズの防塵防滴は全く信用できません。それはメーカーの保守に対する姿勢の違いからもありますが…。とにかく、防塵防滴デジ一眼を買うなら、オリンパス、キヤノン、ニコンから選びなさい、絶対に!それ以外は後悔しますよ!と言いたい。

まあ、オリンパスファンの戯言なので異論もありましょうが、でもカメラを長年扱ってきたメーカーとそうでないメーカーでは、カタログ性能にはないところやメーカーの保守姿勢など様々なところで違いが出てくるのは間違いありません。

ともあれ、久しぶりに長い付き合いを感じる組み合わせを手にしたことを実感出来ました。

« Androidスマホ・タブレットでSDカードの写真を読み取る | トップページ | おじさん金沢一人旅 〜1日目〜 (1) »

ミラーレス一眼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO:

« Androidスマホ・タブレットでSDカードの写真を読み取る | トップページ | おじさん金沢一人旅 〜1日目〜 (1) »