マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« OLYMPUS E-P5 vs Panasonic LUMIX DMC-GX7 | トップページ | マイクロフォーサーズ OLYMPUSとPanasonic »

2014年4月25日 (金)

Star Trek (2009)

TSUTAYA DISCASでStar Trek (2009)を借りて見ました。

星の数でいえば、星5つが満点なら星3.5といったところ。

若かりし頃のジェームズ・T・カークが宇宙艦隊に志願し、ミスター・スポックやドクター・マッコイとどのように知り合い、宇宙船エンタープライズの船長にカークが就任するようになったかを描いています。

宇宙大作戦や劇場版などで何度か登場するパイク提督も、まだ初代エンタープライズ艦長であり、カークを艦隊にスカウトするシーンも登場する。

宇宙大作戦の始まりの映画化ということもあり、通信士のウラ(ウフーラ)、ミスターカトー(スールー)、チェコフ、チェコフなど懐かしい名前も沢山登場し、面白いのはそれらの俳優さんが、実に上手く宇宙大作戦時代の彼らの若かりし頃に似せていることです。これ、マジで似ているから驚きます。

宇宙大作戦ファンの方、一度ご覧になると楽しいです。

« OLYMPUS E-P5 vs Panasonic LUMIX DMC-GX7 | トップページ | マイクロフォーサーズ OLYMPUSとPanasonic »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Star Trek (2009):

« OLYMPUS E-P5 vs Panasonic LUMIX DMC-GX7 | トップページ | マイクロフォーサーズ OLYMPUSとPanasonic »