マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« SONY NW-S786 | トップページ | SONY MDR-NWNC200 »

2014年4月10日 (木)

ヘッドホンあれこれ

先日、iPod classicからWALKMAN NW-S786に乗り換えた(ってiPod classicは手元に置いてますけどね)のですが、ここで思うのが音質の話。iPodとWALKMANの両方を比較している記事は多数ありますが、同じ条件、すなわち同じヘッドホンを使わなくては意味がないと思うのであります。平均的にはAppleの付属ヘッドホンというか、イヤホンはゴミですが、SONYのほうはまだマシな感じ。

両方を聞き分けてみて、複数のヘッドホン(定価が6万超えのMDR-Z1000から、3,000円を切るATH-RE70までさまざま)を使って試して思うのは、iPod classicはフラットな感じの音、一方NW-S786はSONYポータブルの特徴でもやるやや低音強調型。違いは解像度でしょうか。iPod classicは全体的に滑らかで「ながら」で聞くには心地よく、一方音の粒立ちやボーカルの息づかいまで楽しむにはWALKMANのほうでしょうか。

さて、主題のヘッドホン。ヘッドホンはあれこれ結構持っていますが、その中でヘッドバンドタイプを見てみます。愛用メーカーはSONY(これが一番多い)、audio-technica、AKG、SENHEISER、DENONですが、audio-technicaはATH-M50というモニタータイプだけ。あとのaudio-techinicaのヘッドホンは店頭で試してもフィット感がよろしくない。パッドが硬めで顔との間に隙間があきがちなんですな、どうも心地よくない。カナル型だとaudio-technicaがすごくいいんですけど。パッドの柔らかさ・心地よさではSONYがトップクラス。安いものでも他社の中級品以上の装着感の良さがあります。これだけでSONYを選んでも後悔しないくらいの良さが平均的にはあります。次に心地良いのがAKGとSENHEISER。ただし、ポータブルヘッドホンに限ればAKGのほうがいい感じです。店頭であれこれ試して、かけ心地がいい!と思って見ると、大抵SONYかAKGなんですよね。ヘッドホンの多さでは、ヨドバシakibaがすごくたくさんあるので、お近くの方は是非行ってみて試すといいです。

AKGでは現有はA450とK618DJを持っています。A450はハウジングが小さい可愛い耳載せでパッドは特別分厚いわけじゃないですが、非常にソフトなので装着感がすごく良く、側圧も手頃です。その割には音漏れは少ない。

K618DJは、分厚く柔らかなイヤーパッドで耳載せながら密着度抜群で音漏れの少なさでは、耳載せとしてはトップクラスでしょう。ただし、側圧が非常に強いので圧迫感があり、1時間程度ならなんともありませんが、2時間つけていると耳たぶが痛くなります。耳載せは大なり小なり耳たぶが痛くなるのは仕方ないんですけどね。

そういう意味では、コンパクトさは失われますが、SONY MDRーZ1000とかその廉価版のいMDR-ZX700とかいいです。両者は似て非なるものでかけごこちも違いますが、耳覆い型でパッドもソフトで柔らかく、ハウジングもしっかりしているので音漏れは少なく、長時間掛けていても痛くなりません。自宅での愛用はMDR-Z1000ですが、持ち出し用としてはMDR-ZX700でしょうか。

ヘッドホンって音を聴くための道具ですが、一方で身に付けるものであり、フィット感やファッション性などもあって、どちらかと言えば帽子や上着に近い嗜好品的存在でもあります。だから、どうしても数がふえちゃいます(苦しい言い訳)。

WM-S786を買ったので、そのノイズキャンセリング機能を活かせるヘッドバンドタイプで、MDR-NWNC200はちょっと欲しいかも、とか思っています。単体のNC機能付きヘッドホンは、電池の面倒をみなくてはいけないものが単独で1つ増えるので全く考えていません。

« SONY NW-S786 | トップページ | SONY MDR-NWNC200 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドホンあれこれ:

« SONY NW-S786 | トップページ | SONY MDR-NWNC200 »