マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ケージの中でうたた寝マロン | トップページ | Star Trek (2009) »

2014年4月24日 (木)

OLYMPUS E-P5 vs Panasonic LUMIX DMC-GX7

E-P5とDMC-GX7の比較ってよく見かけますね。確かに価格ゾーン、狙い目はほぼ同じ。DMC-GX7はパナの中では唯一の本体手ぶれ補正内蔵機。とはいっても、E-M1の5軸補正とは、効きが相当違うようですが、better than nothingなのです。LUMIXレンズが全部レンズ手ぶれ補正付きじゃないですから、暗くなってからとか室内なんかだと手ぶれ補正はとても有り難いものです。手ぶれ補正に頼るわけではないですが、そうそうガッツリ構えてブレないように最大限の配慮、ってわけにはいかないのが現実です。だって、大抵の場合は撮影は主目的ではないのですからね。

E-M1を我が手中に納めて思うのは、E-P5クラスのボディは手元に置いておきたいということ。E-P5はなんといっても手に馴染んだオリンパスです。ただし、 E-M1やSTYLUS 1を使っていて思うのが、VF内蔵じゃないこと。これは、このクラスとしてはちょっとというか結構痛い。VF4付ければいいじゃんってのがありますが、正直に言うと、VF4をつけていると邪魔になることおびただしい。必要なときだけ装着するにせよ、外しているVF4が邪魔ってのが正直なところ。

一方、DMC-GX7はかつて愛用していたDMC-GX1の後継機です。DMC-GX1はとても気に入っていたボディでしたが、本当に惜しいのは本体手ブレ補正が無いこと。LUMIXの大型ボディは、正直なところ結構イマイチなのが多いので、過去使ってみて、やはりこのクラスはオリンパスじゃないとダメだわって肌で感じています。LUMIXのハイエンドマイクロフォーサーズボディーの防塵防滴は、申し訳ないけど実績の少なさで経験も非常に薄いので信用できませんし、ネットを見ていると修理時のトラブルも多いようです。修理時の姿勢は所詮家電メーカー、オリンパスとは全く異なり、特にレンズ修理や調整はそうとう酷いようで、いい話は聞いたこと無いですねぇ、残念です。修理まで考えたクォリティーはオリンパスのほうカメラメーカーとしてはずーっと上でしょう。

ちなみに、小型のDMC-GM1ですがこの大きさはすごくいいです。E-PM2よりさらに一回り小さく50gほど軽いのは凄いです。ただ、この小ささ故に本体手ぶれ補正が欲しかったですねぇ、これはマジ惜しい。それよりE-PM3って出ないのかな…ってこの秋出るような噂ですね。注目です。

« ケージの中でうたた寝マロン | トップページ | Star Trek (2009) »

コンパクトデジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OLYMPUS E-P5 vs Panasonic LUMIX DMC-GX7:

« ケージの中でうたた寝マロン | トップページ | Star Trek (2009) »