マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« OLYMPUSの黒い四兄弟 | トップページ | ケーニヒスクローネ フルーツデラックス »

2014年3月 7日 (金)

E-M1徒然

OM-D E-M1がオリンパスオンラインショップから届いたのは先週木曜日でした。本来なら土日の少なくともどちらかは試写に出掛けているところてすが、あいにくの天気でしたので、両日とも昼まではジムでトレーニングし、あとはのんびりしたり、床屋にいったり。


では、明日の土曜日は?と言えば、年度末の月なので管理職の端くれとしては、やはり年間で最も忙しい月でありまして、休日出勤お仕事予定。日曜日は昼まではジムでトレーニングの予定。


まあ、買ったからカメラは逃げないわけですから、のんびり行きましょう。とはいえ、E-M1をもって出掛けたくてウズウズしてますが。


それにしてもOM-Dシリーズは、なぜM1から始めないで、最初をM5にして、次ぎをM1にしたのでしょうか。オリンパスはハイエンドモデルは一桁で、1から始まり、グレードが下がると桁が増えていたのがEシリーズ。しかしM1とM5では順序が逆転。少々訳がわからなくてNikonみたいになってきました。まあ、どうでもいいといえば、どうでもいい話。


試写に行けないもので、帰宅してから寝るまでのごくわずかの一時に、E-M1を触るだけなので、余計にウズウズしますね(笑)。ゲームとソフトを買ったけど宿題が一杯でそれどころじゃないというか、新婚旅行初夜で避妊具を忘れたというか、まあ、そんな感じ(笑)。


一つ言えるのは、EOS 7Dもそうですし、かつてのE-SYSTEMがそうであったように、OM-D E-M1も手にしているだけで、いい気持ちになるカメラです。これはカメラとしてはとても大事なフィーリングです。こういうフィーリングが伝わるようでないと、長くお付き合いできません。


早く撮りに行きたいぞ。

« OLYMPUSの黒い四兄弟 | トップページ | ケーニヒスクローネ フルーツデラックス »

ミラーレス一眼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-M1徒然:

« OLYMPUSの黒い四兄弟 | トップページ | ケーニヒスクローネ フルーツデラックス »