マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 失せ物あらわる(1) | トップページ | 失せ物あらわる(2) »

2014年1月 3日 (金)

OLYMPUS STYLUS 1

新年早々、家族が増えました。

といっても、子供が生まれたとか、猫が増えたとかじゃないです。生き物ではない家族です、デジカメという…(^^;;

アナウンスされた時から微妙に気になっていて、世間の評価やらも悪くなくて、実機を見に行ったら大いに気に入って我が家の家族になった次第です。

レンズは換算28-300mmの全域F2.8、言ってみればサンニッパですね。高倍率ズームレンズ搭載レンズ一体型デジカメは、一時「ネオ一眼」と呼ばれていたジャンル(今も生きている言葉らしいですが)でして、大体はレンズ収納部がデカくて、一眼じゃないのに収納スペースは小型一眼並に必要ってものが多かった。しかし、STYLUS 1はいろいろな意味で画期的です。

  • ネイティブでwifi対応
  • 換算28-300mmで全域F2.8通しであるにもかかわらず非常にコンパクト
  • 自動開閉レンズカバー標準装備
  • 同社のミラーレス一眼とほぼ共通の操作性
  • シンプルだけれど多機能で使いやすいハイブリッドコントロールリング
  • 今では当たり前ですがタッチAFセンサー
  • NDフィルター内蔵

と、まあいろいろありますが、特に旅先で便利なカメラであることはおそらく間違いないです。プロの撮影旅行じゃないので、単焦点の交換レンズを何本も持つのはそうとう厄介ですし、撮影が主目的ではなく旅を楽しむのが主目的ですから、レンズ交換に時間をかけるのは、これは旅を味わうという目的に反します。やはり一台でかなりガッツリといけるのが便利です。さらにネイティブでwifi対応なので、ホテルでのんびりしている時にO.I.Share経由でiPadやiPhoneに取り込んでfacebookやブログを更新することも可能です。

このカメラが我が家のカメラ生存競争を生き抜ける機種であることは間違いなさそうです。

« 失せ物あらわる(1) | トップページ | 失せ物あらわる(2) »

コンパクトデジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OLYMPUS STYLUS 1:

« 失せ物あらわる(1) | トップページ | 失せ物あらわる(2) »