マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« NHK朝の連続ドラマ | トップページ | 函館五稜郭のあじさいの塩ラーメン »

2014年1月27日 (月)

iOSデバイスとAndroidデバイス

自分がメインで使っているのはiOSデバイスで、現在はiPhone 5とiPad Air (wifi+cellular)を使用しています。

Androidデバイスのほうはといえば、スマートフォンではau AQUOS PHONE SHL22とembile Nexus 5です。Androidタブレットは以前はiijmioのSIMを使ってNexus 7を持っていましたが、こちらは手放しました。理由は簡単でして、使ってみて分かったのは、Androidタブレットアプリの多くは、スマートフォン版を焼き直しただけで、タブレットの良さを活かしていないものが多く、下手すりゃ画面拡大しただけなんてのもざらにあるので、こりゃ酷いってわけです。

メインがiOSデバイスなのは理由はシンプルで、メインで使っているのがMac (Mac miniとMacBook Air)だからです。当然のことながらiOSデバイスとMacは非常に相性がいいのです。もちろんWindows 7のミッドタワーも使っていますが、あくまでサブ機、Windowsでないと出来ないことをするぐらいです。

また、自分的に必須アプリというのがあり、それがまたiOS版しかない。

例えば、GoodReader、AwesomeNoteなんかは自分的には欠かせないものですが、Android版が存在しません。また、Macユーザーだからというのはありますが、 Numbers(表計算)もダメです。

今のNumbersはとても良く出来ていて、iCloudを使うことでMacでもiPhoneでもiPadでも、いつでもどこでも参照・編集ができます。オフィスでは表計算ソフトの標準はExcelですが、これはみなさん御存知の致命的な欠陥があるにもかかわらず未だに治らない。何かというと、印刷すると画面上ではちゃんとセルの中に文字が収まっているのに、印刷すると切れてしまうという悪癖。Numbersでは自分が使っている範囲では経験したことがありませんが、Excelは当たり前に発生するのでプレビュー必須という何とも困ったやつ。

さらに、iOS版とMac版ではNumbersの機能差はほとんど無いくらいで、Macで作りかけたものをそのままセーブ(デフォルトでiCloudにセーブされるようすればいい)して、続きを電車の中でiPadでやるなんてのマド的な使い方も当たり前中の当たり前。Excel for Macなんぞより遥かに出来がいいですし、iOSと機能差がほとんどなくシームレスに使えるのがいいです。GUIはExcelとは相当違いますがそれは単に慣れだけの問題。MacとiOSを両方使っていて、オフィス系ソフトも両方で…となると、Numbers、Pages、Keynoteはファーストチョイスです。

さらに、2013年9月1日以降にアクティベートされたiOS7搭載端末ではNumbers/Pages/Keynoteなどのアプリは無料位ですし、OS X Mavericksでも無料となります。こんな便利なものを、わざわざ金を払って、出来の悪いExcelもどきソフトを使う理由は全くありません。昨今情報セキュリティが厳しいので、会社のEXCELで作っていたファイルを自宅に持ち帰り自宅のPCで編集するなんてことも考えにくいわけです。ってか、やっちゃ、いかんです、そういうの。

« NHK朝の連続ドラマ | トップページ | 函館五稜郭のあじさいの塩ラーメン »

デジタル小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iOSデバイスとAndroidデバイス:

« NHK朝の連続ドラマ | トップページ | 函館五稜郭のあじさいの塩ラーメン »