マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« iPad miniからiPad Airへ | トップページ | AppleCare »

2013年12月13日 (金)

AQUOS PHONE SHL22

Nexus 5なかなかいい感じですが、AQUOS PHONE SHL22には痒いところに手が届く気遣いが沢山あるのを実感します。

  • マナー中でも音量上下でマナー解除されちゃうのがフツーのAndroidですが、au AQUOS PHONE SHL22はマナー中だと待受中ボリュームボタン(呼び出し音量調整)がロックされてうっかり音量ボタンを押してマナーが外れることがありません。 Nexus 5の音量ボタンは特に押しやすいのでこれはそれで問題なんですね。HTC Jでも、これ結構イヤでした。
  • Bright Keep:手にとっている時は液晶が消えるのを防ぐことができます。これは電子ブックや新聞を読む時にとても重宝します。 ブログやニュースや本を読んでいて画面が消える、これ腹立ちます。 さりとてタイムアウトを長くするとバッテリーが…。 
  • エコ技:アプリがバックグラウンドのときの動作制限をさせることができます。やたらバックグラウンドで動きたがって、なおかつ殺せないアプリに好適。OSレベルで対応しているので楽勝。 これは非常に効きます。タスクキラーで殺すことを気にしなくてもイイ。 
  • 電話帳アクセスモニター:電話帳へのアクセスをモニターし、ユーザーが許可したアプリ以外が電話帳にアクセスすることをブロックできます。 結構いろいろなアプリが電話帳を見に来るんですね。

それに、au AQUOS PHONE SHL22はNexus 5とちがってワンセグ内蔵なのが、イザって時に助かると思うのです。


だからといってNexus 5が良くないはずはない。そのぱわーの割には電池が持ちます。もちろん単純比較ではSHL22の圧勝ですけどね。それにやはりCPUのパワーの違いはあります。SHL22もサクサク動きますが、 Nexus 5はFullHDでもサクサクです。またSHL22はキャリアから出ているデバイスなので、不要なものが沢山インストールされ無効化できないものも結構あったりしますが、Nexus 5はGoogleからのリリースなので、いわばレファレンス機的な意味も持ちますし、最新Android OSもいち早くリリースされます。それに比べるとキャリア機はOSのバグフィックスはあっても、バージョンアップはリリースされないことも多いです。


いつまでのAndroid二台というのは無いと思うので、いずれはどちらかに絞りこむでしょう。でも、当面はiPhoneとあわせて三台体制が続きます。

« iPad miniからiPad Airへ | トップページ | AppleCare »

Android スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AQUOS PHONE SHL22:

« iPad miniからiPad Airへ | トップページ | AppleCare »