マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の30件の記事

2013年11月30日 (土)

ケーニヒスクローネのアルテナセット

先日、仕事で神戸に行きましたが、その時に立ち寄ったのがケーニヒスクローネのさんちかのお店です。主たる目的は、家族に頼まれた「神戸に住んでいる小ぐま」というケーニヒスクローネ神戸限定のサブレを買うためでしたが、せっかくなので夕食前でしたがティータイム。


頼んだのは、アルテナセットで、飲み物、アルテナ、クローネ、アイスクリームの4点セットで840円という破格のお値段。


東京のケーニヒスクローネは売店のみでカフェ併設ではないのです。アルテナは温めてあり美味でごじゃりました。温かいアルテナと冷たいアイスの組み合わせも絶妙でしたね。



ご馳走様でした。


夕食前にデザートでお腹いっぱいになったのでした。(笑)





2013年11月29日 (金)

マロン on the bed

今まで、ベッドの上に上がってくることはあっても、横になることはありませんでしたが、ついに、ついに、その時がきました。

「意外と、心地よいニャン」

2013年11月28日 (木)

夜明けと猫

先週末のこと、いつものとおり、休日のマロンは4時半くらいに私のベッドの上に乗っかって起こしにきます。遠慮がちにニャ~となくこともありますが、ゴロゴロと盛大に喉を鳴らすことのほうがいい猫です。

それでも抵抗しつつ、最後に根負けして6時前に、妻を起こさないように(ベッドを極力揺らさないように)静かにベッドから抜け出ます。外を見ると丁度いい頃合いの日の出。


E-P5, 17mm/F1.8

室内のほうをみると、マロンが半分顔を隠しています。


「ま、眩しいニャ」

これから、日増しに夜明け写真を撮るのが寒くなりますね。

しばらくたって空を見ると青い空に綺麗なジェット旅客機の飛行機雲が尾を引いていました。

秋はほぼ終わりを告げ冬に突入です。

2013年11月27日 (水)

日の出

E-P5と17mm/F1.8を使って日の出を撮影。

盛大に光条が出ていますねぇ、ちょっと絞りすぎたかな。

冬場は日の出や夜明けが綺麗ですね、これから益々夜明けが綺麗な日が多くなります。でも、夜明けを撮るにはダウンとか着ないと寒い季節もすぐそこです。

2013年11月26日 (火)

ついに正規のSIMフリー iPhone 5s/c出現

Apple Store(日本)で正規ルートでのSIMフリーiPhone 5s/5c が購入できるようになりました。

キャリア縛りがないので、原則としてどこのキャリアでもMVNOでもいいわけですが、日本の場合はSIMだけの契約というのはコンシューマ向けには基本的には無いと思っていたのですが、報道によれば三大キャリアはSIMフリーのiPhone 5s/5c用にnano SIMを提供するそうです。ただし各種割引の類は一切なし。音声通話とSMS不要であれば、iijmioといったMVNOを選ぶても有ります。

しかし、例えば主回線は音声通話とメールくらいしか使わないのであれば、それをガラケーにして(ガラケーといえども最新機種の機種代はiPhoneと大差ないので決して安くない)、データ用にiijmioとかのMVNOを使う手がありますね。2GB/月上限制限がありますがLTEをフルに使えますし、ストリーミングとかをLTE/3Gで使わないのであれば、通常は2GBで足りることが多いはずです(ただしテザリングはNGのMVNOが多いですし、仮にOKでもノートPCなどでテザリングすれば簡単に上限超えてしまうでしょうから要注意)。現在料金の安い料金プランのガラケー利用であればそれを継続するのも手です。

いずれにせよ、正規にSIMフリーが出てきたことで、いわゆるSIMフリー転売厨や輸入したSIMフリー機を抱えた業者は厳しいですね。ヤフオクを見るとiPhone 5sのSIMフリーなんてかなりの高額落札ですから、今後はどう考えても正規にサポートもうけられるApple Store JAPANのSIMフリーiPhoneのほうがずーーーーーーといいわけです。個人的には非常に好ましいと感じますが、当事者は結構たいへんかと…。まあ、でも、正規品より安く売っても利益は減るでしょうが赤にはならんでしょう。

2013年11月25日 (月)

本土寺の紅葉

首都圏の中で紅葉ポイントは沢山ありますが、ちょっと都心を離れた郊外というか、千葉県松戸市、電車でいうと常磐緩行線(千代田線)北小金駅を最寄り駅とする本土寺があります。あじさい寺で有名ですが、境内には一千数百本のもみじがあるそうで、もみじ寺としても有名です。

先週の土日から今週あたりが見頃だそうなので、昨日の日曜日の午後行ってきました。

上記の写真は一例ですが、主なものをpicasaのアルバムにしてりますので、よろしければごらんください。

Flashを利用できない端末からご覧になっている方は、こちらをクリックして直接御覧ください。

2013年11月24日 (日)

夜明け

先日、朝の出勤前に窓から外を見たら、丁度日の出直後でしたので、とりあえず手元にあったiPhone5で夜明けを記録。

普通に起きて日の出が撮れるようになるというのは、すなわち、冬だぁ!ってことであります。これからどんどん寒くなっています。

2013年11月23日 (土)

夜の金沢21世紀美術館

金沢の街は夜が美しいところが多いと思います。ライトアップされた兼六園は当然としても、その真弓坂口の斜向かいにある金沢21世紀美術館もそうです。

入場券が必要な展覧会ゾーンは18時までですが、それ以外の周辺部は実は午後10時まで開いています。円形の周辺部などは夜遅くまで開いているわけです。この風景を外から見ると、そのガラス張り円形の建物が暗闇に浮かび上がるのは幻想的です。

この風景も私の心に残っている、何度見ても美しいと思うお気に入りの風景です。

2013年11月22日 (金)

鼓門

すっかり金沢駅(東口、新幹線側)の顔となった「鼓門」とその駅側にある「もてなしドーム」です。

鼓門ともてなしドームは2005年3月に、北陸新幹線の金沢への延伸を見込んだ駅周辺の整備事業によって出来上がったものだそうであります。鼓門は全部木製で特有の形は一度見ると忘れないものでシンボル的な存在なのに対し、もてなしドームはシンボル的というより極めて実用的な存在です。JRの大きな地方都市の駅でも駅を出ると直ぐに屋根がなくなるところが普通ですが、雨の多い金沢の地においてはこの大きなガラス製のドームは非常に有用で、バスターミナルへは傘なしで行くことができますし、このドームの下でイベントも開かれたりします。本当に雨の降る時が多いのでとても便利なんです。FORUSへもバスターミナルに添って屋根続きで行くことができますので便利、便利。

2013年11月21日 (木)

中田屋の季節限定きんつば「毬栗(いがぐり)」

この週末+1日で二泊三日の「おじさん金沢一人旅PART8」をしてきました。その旅行記はまた日をあらためて掲載するとして、買ってきたお菓子の一つが、きんつばで有名な中田屋の「毬栗(いがぐり)」というきんつば。

たっぷりのこし餡が大粒の栗を包んでいて、栗の甘さと、甘みをおさえたこし餡の絶妙なコンビです。今年一杯の限定だそうです。

とても美味しかったので、こちらは通販もやっているそうで、今度は中田屋のオンラインショップで買おうっと。

2013年11月20日 (水)

猫です

寒くなってきて、マロンも陽当りの良いリビングで過ごすことがふえてきました。

このプラ製のワゴンの下段がお気に入り。

ちょっとおすまし顔のマロン。

2013年11月19日 (火)

荷物軽量化作戦

しばらく前に、斜めがけができるタイプのバッグを使っていましたが、ジャケットを着る時に斜めがけはジャケットの襟にシワが寄ったりするので、BERMASのビジネスリュックを買いました。

最初は良かったのですが、このビジネスリュック自身が単体で1.4kgありまして、さらにNOMADICのリュック用のA4縦ポケット(BI-01)を入れるとさらに250gほど増えて、1.7kg近くになります。リュックだけで…。荷物入れずに…。そこにノートやら何やらが入ると、先日測ったら5.4kgとウチの猫(マロン)といい勝負。

さすがに、これは毎日の通勤で持つ重さじゃないですし、このリュックが体に合わないのか、このリュックを持ってから軽い腰痛が出てきましたので、使用中止。

手持ちの軽いバッグに切り替えるのと、中身のスリム化を徹底的に行います。たとえ50gのものでも、チリツモです。財布にはいらないカードを入れるのにカード入れを持っていましたが、中を見るとほとんど普段持たなくて良いカードばかりなので、カード入れごと自宅保管決定。さらに、小物や何やらを取り出して、使ったバッグも軽量の「JAL特製オールマイティトート」です。これで測ったら何と2.6kgと半減以下に成功。本当は2kgくらいがいいんでしょうか、そうなるとROOTOTEとかにしないと無理ですね。

震災以来、女性のバッグが重く大きくなったという話がありますが、限界がありまして、最近はまた小型軽量に戻っているそうです。腰や肩や背骨によくないですからね。

2013年11月18日 (月)

PCチェア買い替えますか?

今使っているPCチェア「これ」です。

二年少々経過しますが、この椅子には結構欠点があることがわかってきたので、買い替えを決断。

☓ 座高が最低の高さにしても高くて、ももをやや圧迫する。

☓ 座面の奥行きが深すぎて、腰が安定せず、腰痛の原因になる。

☓ クッションがしょぼくてすでにへしゃげつつある。

二番目のバッテン対策としては、以下のものを使っていますが、椅子はともかくこのクッションは非常にいいです。


というわけで、買い替え先はこれにします。

2013年11月17日 (日)

チロルチョコ いきなり!団子

家族が買ってきたもの。チロルチョコのいきなり!団子。

くまモンのイラストが入っています。

中身はなぜか10個じゃなくて9個。

2013年11月16日 (土)

いきなり冬

一月ちょっと前は、都内始め各所で季節外れの真夏日を記録したのに、その一月後には各所で初雪とか、雪までは降らなくても朝の最低気温が1度くらいとか、もう真冬。


一ヶ月の間に真夏日から零度近い真冬になると、流石に多くの人が絶好調というわけにはいかないようで、何かしらの不調がてできます。


昔は秋を味わえたのですが、近年は酷暑から一気に冬になることが多く、衣類も秋物不要!って感じになってきました。暑い季節はより暑く、寒い季節はより寒くなっているような気がします。四季ならぬ二季ですね、マジで。


衣類で言えば、Tシャツからいきなりダウンみたいな感じでしょうか。極端な表現ですが、でも、そんな感じ。


私は通勤ではとっくにコートを着ています。ボチボチだうんだなぁ、と、寒さスイッチ完全にオン!

2013年11月15日 (金)

小田原・箱根スィーツ

先週、妻が「女子会」で箱根に行ってきまして、そのお土産スィーツを紹介。

箱根登山鉄道の風祭駅を降りると、そこは蒲鉾で有名な鈴廣の天下。鈴廣って蒲鉾だけかと思ったら、スィーツも作っているのですね。上の写真は鈴廣グループの汐風カフェの「お陽さまのシフォン」です。

こちらは御存知の方も多いはずの、箱根湯本にある丸嶋本店の温泉まんじゅう。ここの、美味しいのです。

最後は箱根湯本の湯もち本舗ちもとのわらび餅。こしあんをきなこで包んだもので、美味しいです。

箱根といえば温泉まんじゅうしか思いつかなかったのは、自分がスィーツにあまり感心がないからなんでしょうか。でも、鈴廣がお菓子をつくっているとは知りませんでした。

2013年11月14日 (木)

久しぶりに普通車グリーン席

土曜日は休日ですが出張仕事でした。JRの普通列車に一時間半くらい乗るので、ホリデー料金のグリーン車利用です。平日なら950円の距離のところが750円と200円安いので、たまにはってことで自腹利用。

平日朝夕のグリーン車は満席のことが多いようですが、休日の昼間はガラガラで貸し切り状態。

途中で三名ほど乗ってきましたが、それでもほとんど貸し切り。

本当は駅弁でも買おうかとおもったのですが、発車まで時間がなかったので、NEWDAYSに飛び込んでジュースとおにぎりを調達。

この「オムすび」、まあ、オムライス風おむすびなんですが、ケチャップご飯にふんわり玉子が海苔の代わりに乗っていて結構美味しいのです、驚いたことに。

たまには、普通車グリーン席ってのもいいですね。

2013年11月13日 (水)

Apple 12W USB電源アダプタ

Apple 12W USB電源アダプタです。

 

このアダプタは12WということでDC5V2.4Aの出力を持ちまして、iPad Retina付属のものと同じですが、iPhoneでも問題なく使えます。

今までは、バッグにはFILCOの2A2口のものとケーブルが何本か入っていましたが、少しでも軽量化・バッグ内省スペース化すべくお供はこちらに。

仕事では2箇所のオフィスに自分の机がありますので、それぞれにはiPhoneやAQUOS PHONE SHL22の充電環境はおいてありますが、それ以外のオフィスに一日居ることもありまして、そのようなときには充電アダプタをバッグに入れるわけです。

ちゃんと測ったことがないですが、巷の噂ではiPad miniやiPhoneの充電時間が短くなるという話もあります。DC出力が2.4Aというのは、普通に売っている小型USB充電アダプタでも大容量がありますが、メーカー純正で2.4Aってのは最大級かな。

2013年11月12日 (火)

iPhoneからMacへ写真自動取り込み

iPhoneにはiCloudのフォトストリームと連携して、撮った写真はwifi接続時に自動的にフォトストリームへアップロードする機能があり、ネット接続されたMacやPCでその写真を見たり操作することができます。

私の場合は、MacでAdobe Lightroomを使っていますが、ちょっとした工夫で、iPhoneで撮った写真を自動的にMacのLightroomに取り込むことが出来ます。特に自宅のMac miniは24時間運転しているので、iPhone自身で取り込んだ写真や、手持ちのXZ-2あるいは TG-2とかE-P5といったスマートフォン接続機能いをもったOLYMPUSのデジカメだと、OLYMPUS謹製のO.I.Shareでデジカメ画像をiPhoneローカルの写真に取り込めて、wifi接続した時点で自動的にフォトストリームに同じくアップロードされます。

一方、Mac側では「PhotoStream2Folder」というアプリケーションを常時動かしておくことで、フォトストリームに入った新しい写真は自動的にMacのフォルダーに取り込むことができます。

そして、Adobe Lightroomでは「自動取り込み」機能を有効にしておくことで、指定したフォルダーに写真が置かれたら、Lightroom起動時に自動的にLightroomに取り込むことが可能です。

ちょっと出かけてiPhoneで写真を撮る、で、帰宅してiPhoneをwifiに繋ぐと、あるいは、wifiスポット等で繋いだ時に自動的にフォトストリームにアップロードされ、MacでLightroomを起動すると、Lightroomのデータベースに取り込まれているというわけで、特別な操作が必要なく直ぐに写真の処理が出来てブログとかに使えますね。

これは想像していた以上に便利です。ちょっとしたことなんですが、写真をMacやPCに取り込むのは面倒くさい。これが少しでも解消できるならGOODです。

2013年11月11日 (月)

MacBook Air Mid 2013 13インチはイイ!

昨日の記事では、MacBook Air Late 2010から最新のMid 2013への移行が、実に簡単でWindowsのPC移行とは雲泥の差、月とスッポン、ドールハウスと大宇宙ほどの差があるような雰囲気のことを書きました。実際、その通りでして、会社のPCもWindows XPからWindows 7に移行を迫られていますが、これが実にめんどくさい、やっかい。暇な一日があればいいんですが、いかんせん中間管理職にはなかなか厳しい


それはともかく、MacBook AIrの最新の13インチモデルですが、これが実にイイ。ちょ~イイのであります。ってまるでスタパ齋藤さんみたいですが、とにかくちょ~イイのだ。


以前は11インチだったのですが、これが対角線で2インチ広がるだけで格段に見やすくなるのです。そういう意味では10インチタブレットをいくらRetinaとかHDにしても、絶対PC代わりにはならないのです。PCで10インチなんてめちゃ小さい画面でっしゃろ? 10インチタブレットを常時持ち歩く人なんざぁ、さして多くなくて、実際、通勤電車の中を見てもタブレットを出している人の大半は7インチですな。第一座っている状態で10インチを使おうとするとどうしても肘が張ってしまいまして、隣人に迷惑がかかるわけで、昨今の険悪な都会の通勤事情からすると、10インチタブレット殺人事件に発展しかねない。いや、10インチタブレットを持ったがために殴られかぁないし、殺されたかぁないっす。で、何より重い、でかいので、買った当初は喜んで持ち歩いても、すぐに自宅でしか使わなくなる。


ならば、フル機能を持ったPCのほうが格段にいいわけでして、MacBook Airのようにパネルを開ければ瞬時に起動し、パネルを閉じれば瞬時にスリープ、で、10時間以上は軽く使い続けられる。タイプも普通にフルキーで楽チン。画面は10インチより格段に広い13インチです。


13インチの良さは自宅内で24時間運転しているMac miniを画面共有で使うときにはっきりわかります。 Macの画面共有はWindowsでいうリモートデスクトップに近いですが、リモートデスクトップのほうは、本体ディスプレイはロックされて使えなくなりますが、Macの画面共有は本当に「共有」なので双方から操作が可能ってのが違います。それはともかく、画面共有でMac mini本体の画面をMacBook Airから呼び出すときに、11インチだとかなり小さくなってしまって辛いですが、13インチだと耐えられる範囲になります。この違いは大きい。それにMacの画面共有はiCloud 経由すれば、旅先のMacBook Airから自宅のMacを操作できたりするので、ちょ~イイのです。



マジでMacBook Airの13インチはオススメなのです。

2013年11月10日 (日)

Mac同士の乗り換えはちょー楽チン

PCを買い換えた経験のある方はわかると思いますが、新しいPCを使えるようになるまでが非常にめんどくさくて手間がかかります。アプリを入れなおしたり、データを移行したり、各種設定をやりなおしたり…。


でも、MacユーザーでTime Machineを使っている場合であれば、これは実に簡単。先日、MacBook Airを買い換えた時の経験では、新しいMacの電源を入れると途中でWifiを検知してくるので、自分のアクセスポイントを選んでパスワードを入力すると、自動的にTime Machineを検出して、そこからリストアするかどうか聞いてきます。


ここでリストアをすれば、環境やバックアップの量によりますが、私の場合は30分程度するというので、ちょっと近所へお買い物。帰ってくると、自動的にリブートしてすでに見慣れたデスクトップが表示されていました。なんというラクチンさ。


経験的には、Windowsだと丸一日かけてもアプリインストールや設定が終わらなくて、貴重な土日を丸々潰すことは多々ありました。でも、Macはどうよ!?


どちらがユーザーフレンドリーかは言うまでもないです。


別に根っからのAppleファンとか、Macファンというわけではないのですが、便利さとユーザーフレンドリーさで言えば雲泥の差、天国と地獄。会社ではやむをえないですが、プライベートでなんで苦労してWindowsを使う必要があるのか、って感じです。

2013年11月 9日 (土)

MacBook Air Mid 2013

これまで愛用していたMacBook Airは、Late 2010で、ちょうど2010年12月にApple Store対面店で購入したもので、Core2Duoでメモリは2GB、SSDは128GBのものでした。


CPU的には大したことはないですが、HDレスのSSDオンリーであるがゆえに体感速度は非常に速い。スリープから3秒以内で使えるようになりますし、パネルを閉じればすぐにスリープ。もう、HDDのPCやMacには戻れない感じでした。


持ちだしたのは一回くらいで、さほど使用頻度は高くなかったですが、非常に飼いてでしたが11インチはやはり画面がちょっと小さい。うーん、せめて13がねぇ。って感じ。しかしOS X Mavericsも問題なく動きましたよ。


とはいえ、まもなく3年。売れるのはいまのうちなんで、ドナドナしてMac Book Air Mid 2013に買い換えることに決定。本当はUSキーボードがいいのですが、Amazonで見るとMD761J/Aという、メモリ4GB、ストレージ256GBでパネルは13インチのJISキーという量販モデルが、希望小売価格の86%程度で販売されていたのでGET。日曜日の午後に発注して振替休日の月曜日朝いちばんで届きました。なんという早さ!



早速マロンが猫チェック






ちょっとの違いなんですが、11インチと13インチの差はでかいです。Hasewellアーキテクチャの第四世代 Core i5を使ったこのMacBook AirにOS X 10.9 Mavericsを入れるとバッテリー駆動時間は15時間に届くという話もあります。まだ、バッテリーでそこまで使ったことがありませんが、十分じゃないでしょうか。まあ、普通に使えば1日持つってことになります。


MacBook Air Late 2010は、出荷時リストアされてお掃除されてお嫁入りを待つばかりになりました。



3年間ありがとう!

2013年11月 8日 (金)

モノクロ電子書籍リーダー専用機のメリット

今、自分が使っている電子書籍リーダーは、2012年モデルのKindle Paper White 3Gです。

もちろん、手持ちのタブレット(今はiPad miniと Nexus 7 (2013) LTE)やスマホ(iPhone5とau AQUOS PHONE SHL22)のいずれかでKindleアプリでも読むことができます。

タブレットがあるならタブレットのKindleアプリでいいじゃん、と思うでしょう?

機能的には全くそのとおりなんですが、専用の電子ブックリーダーにはタブレットやスマホでは絶対できないことができます。

すなわち、読書中にちょっと浮気してメールチェックしたりSNSをみたり、Webをみたりってことを許さないのです。特にKindle Paperwhiteのようなモノクロの電子書籍リーダーではほぼ不可能、言い換えれば読書に集中させるんですよね。タブレットだとつい他のアプリに切り替えてしまうことが少なからずありますが、これならそんな浮気はできない。さらに、価格的にもお安いってのもメリットです。

それなら紙の本!というのはもっともな話ですが、紙の本は収納スペースが必要です。買ったものを捨てるのはもったいないし、さりとて売り飛ばしても文庫本なんか一冊10円くらいでしょ?なんだかなぁ、です。もちろん、電子化されない本もありますからそういうのは実物の本を買うとしても、モノクロ電子書籍リーダーの存在価値は多いにあるのです。

2013年11月 7日 (木)

Kindleオーナーライブラリ

Amazonの電子書籍リーダーのKindleオーナーであり、なおかつアマゾン・プライムサービスの利用者であれば、毎月一冊無料で読める電子書籍があります。それが「Kindleオーナーライブラリ」です。

この場合のKindleは無料で入手できるスマホ/タブレット/PC/Macのアプリケーション版のKindleではなく、物理的にハードウェアのKindle電子ブックリーダーです。アプリのKindleとタブレットがあればそれでOKじゃん、全部読めちゃうよ!というのは、まあ、嘘じゃないけど、次の理由で実際にはアプリ版とハード版は違います。

・ハード版は単機能なので、読書中に切り替えてメールやSNSに浮気できないので読書に集中できる。

・アプリ版ではKindleオーナーライブラリが使えない。

最初のは先日の記事通りですが、二番目のは意外と知らない人が多いかもしれません。これは、正確にいうならばKindleでないと読めないわけではなくて、普通に有料であれば当然読むことができますが、ごく限られた電子書籍については、毎月一冊無料で読めるというものです。これをAmazonのKinldeのサイトから、アプリのKindleのほうへ配信しようとしても配信先にPCやMacやタブレットは選ぶことができませんし、ハードウェアのKindle本体からしかダウンロードできない仕組みになっています。なるほど、こういうことができるのね(理屈を考えればさして難しくないですが)って感じ。

とりあえず、Kindleオーナーライブラリで一番人気の「夢をかなえるゾウ」を今月度として無料ダウンロードしてみました。

2013年11月 6日 (水)

MacBook Air 、約3年経過

私のPC環境ではMacがメインとなって久しいですが、現在使っているのはMac mini (Mid 2011)とMacBook Air (Late 2010) です。MacBook Airのほうは、もうすぐ丸三年経過ということになります。

OSは、最近Maverics (OS 10.9) にアップグレードしましたが、特別不具合もなく順調に使えています。今更のCore2Duoですが、ストレージがSSDということもありますし、自分はCPUやGPUに高負荷を与えるような作業をするわけでもないので、速度的にも十分ってのもあります。

まあ、でも、あえていえば、やはり11インチなので少し小さい。13インチは欲しいかなとも思う訳です。CPUもGPUも進化してHaswellの Core i5は結構いい感じのようですし、このCPUとMavericsの組み合わせでさらにバッテリーライフも伸びるということです。

別にMac命でも何でも無いですし、Windows PCもデスクトップとノートを持っていますが、どう控えめに見てもMacのほうが使いやすい。先日も娘のWindows 7のノートPCの再インストールをしたのですが、SP 1を適用する前に200を超えるセキュリティアップデートを延々と当てさせられ、SP1を適用したかと思ったらまた100を超えるアップデートです。すべて終わるまでに丸一日以上かかりました。こんなのユーザー不在、開発者の都合で作られたとしか思えません。その後、自分のMac 2台をMavericsにアップデートしましたが、でかいのでDLに時間はかかりましたが、再起動は1度だけでした。なんとユーザーフレンドリーなんでしょう。アップデート操作も非常に簡単で、バックアップをとるのはどんなOSでも常識であることを考えると、ユーザーの面倒な操作はほとんど何もありませんでした。少しはMicrosoft社も見習ってほしいものです。

ともあれ、購入して3年。ぼちぼち考え時ですな。

2013年11月 5日 (火)

休日の朝食

昨日の朝食のメインは、私の特製プレーンオムレツと、我が家全員が好物のHEINZ BAKED BEANSです。




オムレツとかだし巻きとか茶碗蒸しとか、シンプルな卵料理は実は結構難しい料理だったりします。特にオムレツは卵と塩だけでつくりますが、材料の卵は当然としても、フライパンの大きさや厚み(=熱の回り方)が大切ですし、それに見合った火加減というのはもっと大事で非常に難しいところです。


上の写真は、フライパンと箸だけで形をまとめたものですが、いつもいつもうまくいくとは限りません。これが素人であり、いつ何時でも同じ味を提供できるのがプロ。本当に単純な料理なんですが、非常に深いです。満足できるのは十回作って一回くらいでしょうか、これが素人の素人たる所以(笑)

2013年11月 4日 (月)

デジタルを離れて考える

自分もそうなのですが、最近では多くの人はスマホをもち、中には私のように複数台をもちさらにタブレットも持ち歩く人も居ると思います。これは、これで、常にネットにアクセスできることで調べ物やオンラインコミュニケーションがとれるというメリットはありますが、一方で、触らなくてもいいときに「何となくスマホを触ってしまう」ことも少なくありません。

これが何を意味するかというと、「何をするでもなく、『考える』ことを捨ててしまっている」ように思います。昔なら、読んでいた本を傍らにおき、車内であれば車窓の外を何を見るでも無く眺めながら『考える』ことがありました。しかし、今は、そういうときには手にスマホで「何を読む、探すでもなく、ぼーっとブラウザやSNSの画面を眺めている(本人は一応読んでいるつもり)」ことが多くなりました。

現代人に必要なのは、実はデジタルから離れたときを作る、ことではないでしょうか。これが自分にできるのかどうか自信がありませんが、必要だと思います。

ちなみに、私の場合は基本週に2回ジムに通っています。走っているときはなかなか無理なんですが、筋トレをしながらだと、意外と「考える」ことができます。ジムの中で筋トレしているので、当然スマホは使えません。体は使っていますが、局所的な動きが多いので、何かを考えるってのに結構適していたりします。これで、過去、主には仕事のアイデアをいろいろ考えていたことがあります。結構、いいんです。

2013年11月 3日 (日)

BERMAS FUNCTION GEAR リュックタイプ 60137

ビジネスマンの鞄といえば、うすーいブリーフケースタイプか、ショルダーストラップのついた黒い鞄が多いかと思います。ちょっと値の張るところではTUMI なんかがこの部類です。

これはこれでいいのですが、片手が塞がってしまうと、重くなると体の片側に負荷がかかり体にとって良いことは何も無いわけで、肩が凝るとか腰が痛くなるとか背中が張るとか、まあ、いろいろ出てくることもあります。

私も春から職場がかわり、駅から15分ほど歩くことになりまして、最初のうちは普通に手提げをもっていましたが、これが先ほどのように宜しくないない。そんなにいろいろ持ちあるくわけじゃないですが、でもやはり鞄は重い。その解決策として暑くなり始めてから、MANHATTANPASSAGEの#2502 (スタイリッシュショルダーバッグ“コミューター”) を斜めがけにしていました。

この斜めがけは、片かけと異なって相当楽です。ただ、季節が変わってジャケットを着るようになると問題がありまして、格好良くないとか、ジャケットの襟がくちゃくちゃになりがちとか、ジャケットのどちらかが極端にひっぱられてしまうとか、まあ不都合があります。

そこで探したのがビジネスシーンでもOKなリュックです。カジュアルリュックと違ってきちっとしていて、中の収納も十分に考えてあるようなものがベストなので、その条件にぴったりだったのが、表題のもの。

これは、結構いいです。価格もそんなに高くないですしね。

2013年11月 2日 (土)

にゃんですか?

とある休日のひと時。

ようやく秋になったことを感じる日々が続いてきたら、マロンも北側の涼しい部屋から南側のリビングに移動してきて、このところはリビングに隣接した和室に置いてあるケージの二段目で寝てることが多くなりました。

「マロン」と声をかけてみると、「なあに?」と可愛い顔でこちらを向きます。

飼い主馬鹿ですけど、可愛いんです、この表情。

2013年11月 1日 (金)

なんくるないさ〜

先日、所用でみなとみらいに行った折、お昼を新しくできた「みなとみらい MARK IS」4階のフードコートにある「なんくるないさ〜」で、沖縄そばとラフテーおにぎりを頂きました。

沖縄の料理って結構甘めのものが多くて、あまり得意じゃないんですが、沖縄そばは大好きです。さっぱりしているようでコクがあって、あの太麺がたまらない。

店名の「なんくるないさ〜」は沖縄の方言で、なんとかなるといった意味だが単純に楽観的な「なんとかなるさ」かと思ったら、これが大間違い。「頑張って挫けずに信じたみちを歩み続ければ、そのうちイイこともある、報われる」といった意味だそうであります。

人生いろいろあるけど、なんくるないさ〜(この使い方、あってますかね、沖縄の方)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »