マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 衣替え | トップページ | ダウンピローに一番近いポリエステルピロー »

2013年10月29日 (火)

富士フイルム XF1 再び

2013年2月13日の記事に、「富士フイルム XF1」というのを書いています。

実は、この後どうにも操作感がしっくりこなくて売ってしまったのですが、微妙に買値<売値だったため、損はなしで、どちらかといえばお試しみたいな感じでした。

時は流れ半年以上経過し、同社からはXQ1が発表されました。六本木に行った折にミッドタウンにある同社のショールームで一足早く実機を触ってみました。カメラ単体ですから、画質のほうはわかりません。XF1に比べると確かに動作速度がキビキビとしており、また、一回り小さくなっていい感じであります。

しかし、わたし的には気になるところが二箇所。まずは電源スイッチ。XF1の上部のFnボタンにあたるものがほぼ同サイズで電源スイッチになっています。この電源スイッチが実に軽やかというか軽やかすぎて、軽く押すというかクリックに近い感じでプチとやるだけで、電源が入り瞬時にレンズが繰り出されます。その反応速度は小気味イイのですが、電源スイッチが軽すぎてバッグやポケットの中で不意に電源が入ってしまいそうで怖いと感じました。もう少し押し込まないと動作しないようにするか、あるいはクリックじゃなくてプレスでないと動作しないようにするかを望みたいところです。

もう一つは電動ズームリングの反応。これがイマイチ反応が遅くて、ズーム動作が遅れて後からついてくる感じがあり、さらにズームをワイド端からテレ端、あるいはその逆にするのは結構グリグリやらなくてはいけない。その点WとTのボタンになっているほうが押しっぱなしでできるので楽ちんです。電動ズームのリングの反応が微妙にずれているので、メカニカルのようにすーっ、ぴたりとはいきません。

丁度、となりにXF1もあったので、あらためてさわってみると、動作速度は確かに比べるとやや遅いですが、十二分にはやい。パワースイッチを兼ねたレンズのギミックは慣れが必要なんですが、逆にマニュアルズームなので、すーっ、ピタッ。これ、いいじゃん、と改めて別れた相手を見なおしました。

というわけで、再度お買い上げ。

前回はブラウンでしたが、今回はオーソドックスにブラックです。

あらためて手にして、「いい感じ」です。それと、富士フイルムのデジカメはフラッシュの調光が実にうまい。以前GR DIGITALの時は、白飛びするか足りないかで、役に立たないフラッシュでしたが、富士フイルムのは違います。それに人肌がとても綺麗なのも魅力的。

さて、どれくらい活躍してくれるか、あらためて、楽しみです。

« 衣替え | トップページ | ダウンピローに一番近いポリエステルピロー »

コンパクトデジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士フイルム XF1 再び:

« 衣替え | トップページ | ダウンピローに一番近いポリエステルピロー »