マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« GRAMERCY NEWYORKのフルーツロールケーキ | トップページ | 青山のベッドショールーム巡り »

2013年8月21日 (水)

「気持ちかった」という言葉

テレビを見ていて何かの街頭インタビューに若い女性が答えてた一節に「気持ちかった」という言葉が頻繁に出てきていました。

それって「気持よかった」のか「気持ち悪かった」のかよくわからない。表情を見て「気持よかった」と言いたいのだろうというのは理解出来たが、そもそもなんでこういう妙な言葉が出てくるのか。どこかの方言かと思ったが調べてみるとそうなことはないらしい。単純に「きもちよかった」が縮まって「きもちかった」になるそうです。

言葉は生き物でどんどん変わっていきます。自分たちが今使っている正しいと思っている日本語も時を遡れば非常に乱れた言葉だった時代があるはずです。それは理解しているつもりですが、ものには限度ってのがありまして、個人的には「気持ちかった」ってのは容認しがたいところがあります。

「気持ちかった」を使う人は若い女性に多い気がします。可愛い子が「気持ちかったァ」なんて言うとその可愛さで思わず許しちゃいそうですが、いやいや、いけません。オジサンはこの言葉は大嫌いであります。まあ、「気持ちかったぁ」を連発する子が、オジサン一人に嫌われても痛くも痒くもないのも事実なんで。あと10年もすれば広辞苑か新明解国語辞典に堂々と掲載されているかもしれませんしね。

« GRAMERCY NEWYORKのフルーツロールケーキ | トップページ | 青山のベッドショールーム巡り »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「気持ちかった」という言葉:

« GRAMERCY NEWYORKのフルーツロールケーキ | トップページ | 青山のベッドショールーム巡り »