マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 青山のベッドショールーム巡り | トップページ | HTC J butterfly (HTL21) のmicroUSBコネクタカバー破損 »

2013年8月23日 (金)

マニフレックスのエリオセルMF製品はオススメ

2010年6月2日の記事で、マニフレックスのスーパーレイEXと西川産業のドルメオについて書いていました。


マニフレックス スーパーレイEX


ドルメオ

どちらも使い始めてから3年が経過したので、その後のレポートです。

結論からいいますと、ドルメオはダメダメのチョー駄目駄目。マニフレックスは流石!というのが結露です。

まずはドルメオ。ダメ箇所は大きく二箇所。どちらもシモンズダブルクッションの上にマットレストッパーとして使っていましたが、ドルメオはへたりが早い。一年を過ぎずして既に一番体重のかかる腰のあたりの回復力がなくなり、さらに先日ベッドマットレス側の生地を見ると四辺に近い生地がすれて中の薄い綿が見え始めていました。特に折りたたみなどをしているわけでもないので、これはちょっと酷いです。早くも買い替えねばならない予感がただよい、ついに今週になりその座をマニフレックス スーパーレイEXに譲りました。同じイタリア製を謳っているものの中身は駄目駄目。一応高反発のクッションですが、結構固めなのでマットレストッパーとしては不向きでもあります。

さて、スーパーレイEX。こちらは流石マニフレックス。ピローグランデが3年たってもへたりもなくクッション性も衰えていませんが、同じエリオセルMFを使ったスーパーレイEXも流石でして、腰のあたりのへたりもなくクッション性も衰えず生地もスレや破れなどは全くありません。それにエリオセルMFはソフトなタッチなので、下のベッドマットレスが固めの場合は、体への当たりをスーパーレイEXが和らげて体を包み、マットレスがシッカリ支える。一方私のベッドのようにマットレスが柔らかめの場合は、さらに体へのあたりがソフトになり、何とも言えない心地よさ。ソフトな寝心地が好みの場合はチョーオススメの組み合わせです。昨日の記事にもありますが、マニフレックスだけで固めるなら、ソフトが好みならモデルEX2の上にスーパーレイEXを重ね、シッカリ目の寝心地が好みならフラグFXにスーパーレイEXを重ねるのがいいでしょう。

3年使って、衰えのないマニフレックスのピローグランデやスーパーレイEXといったエリオセルMF製品、ソフトタッチを希望の方にはかなりオススメできます。

« 青山のベッドショールーム巡り | トップページ | HTC J butterfly (HTL21) のmicroUSBコネクタカバー破損 »

寝具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マニフレックスのエリオセルMF製品はオススメ:

« 青山のベッドショールーム巡り | トップページ | HTC J butterfly (HTL21) のmicroUSBコネクタカバー破損 »