マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 富士フイルム X100 | トップページ | 夜明けが早くなりました »

2013年2月17日 (日)

陽だまりとコーヒーと文庫本

外は寒いですが、室内の陽だまりは春の兆し。

こういうときは、ドルチェグストでいれた美味しいコーヒーと文庫本がお供です。この本、大林宣彦監督の新尾道三部作「あした」の原作となっている「午前0時の忘れもの」です。同氏の尾道三部作は三作とも何度も見ていますし、新尾道三部作の「ふたり」も何度も見ているのですが、「あした」と「あの、夏の日」は見たことがありません。

幸い、「あの、夏の日」はDISCASにあったのでレンタル予約していますが、「あした」は無いんですねぇ。DVDとかえらくプレミアがついてます。うーん。というわけで、まずは原作を。



E-M5 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

 

« 富士フイルム X100 | トップページ | 夜明けが早くなりました »

ミラーレス一眼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽だまりとコーヒーと文庫本:

« 富士フイルム X100 | トップページ | 夜明けが早くなりました »