マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 夜明けが早くなりました | トップページ | お雛祭りの夜明け »

2013年2月24日 (日)

お雛祭りの加賀の和菓子

早いものでもうすぐひな祭り。だから、という訳でもないですが、大好きな金沢の和菓子屋さんである森八の生菓子を買って来ました。

森八は丁度二年前の2011年2月に、尾張町の石川県菓子文化会館にあった本店を、現在の大手町に移転しました。もともと、森八の所有であった同会館を石川県菓子工業組合に売却し賃借状態で店舗を続けていたのですが、はっきり言って(外観は)相当ボロくなった建物でもあり、森八は本新築を狙って同会館の買い戻しを行うとしたのですが、これが同組合の規約上売却できなかったらしくて(ここがよくわからないのですが、どうもそういう規約になっているらしい)、交渉決裂。

そして、今の大手町(東京じゃないですよ〜)の綺麗な本店になりました。ここは2階には森八茶寮があって、窓際のカウンター形式の席からは、裏手にある寺島蔵人邸跡のお庭が借景で眺められます。これが紅葉の季節だと実に美しい。実際に寺島蔵人邸跡のお庭にも紅葉の時期に入りましたが、上から眺めるほうが美しい。

森八本店の裏にある寺島蔵人邸跡

金沢市の大手町にある森八本店。主計町のひがし茶屋街から兼六園方面に歩くと右手にあります。ひがし茶屋街と兼六園の間って真夏と真冬以外は普通に歩ける距離です。ぜひ、のんびり歩いて途中で森八茶寮でゆったりと献上加賀棒茶と生菓子を楽しんではいかがでしょうか。

こんな感じで、森八茶寮のカウンター席からは寺島蔵人邸のお庭が眺められます。

11月の金沢旅行で訪問したときのお菓子。

こちらのお菓子が食べたくなって、東京でも数カ所のデパートとかで買えますので調達してきました。もちろん、お茶は「献上加賀棒茶」です。普通の緑茶より、加賀の生菓子にはこちらの棒茶が良くあうような気がします。まあ、多分に金沢びいきだからでしょうけど。


タイトルに書いたお雛祭りの生菓子で、上の写真は「おびな(黄味餡)」。


こちらは「めびな(草小倉餡)」です。


そして「桃の花(白漉し餡)」。
東京にも数箇所で購入できます。

森八のホームページ

« 夜明けが早くなりました | トップページ | お雛祭りの夜明け »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お雛祭りの加賀の和菓子:

« 夜明けが早くなりました | トップページ | お雛祭りの夜明け »