マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の23件の記事

2013年1月30日 (水)

どアップ

マロンのお鼻を中心にどアップ

「美ニャンが台無しニャン!」
「でも、ピンクのお鼻で可愛いよ」
「そうかニャ?」

眠くて朦朧(もうろう)としているマロンでした。

2013年1月27日 (日)

XZ-2で朝日の逆光

世評では、XZ-2のレンズは逆光にはあまり強くないという話です。まあ、いくらハイエンドでもコンデジはコンデジなので、いろいろ限界があります。

先ほど掲載したグラデーションの夜明けから一時間くらいすると太陽が東の空に完全に上り切りますが、まださほど強い日差しではないので、夜明け後をとってみました。



よくみると円形のゴースト(サッポロポテト)が太陽の周囲に出ています。 昼間なら、なおのこと、太陽が入ると結構このゴーストがでるので、逆光には弱いようです。 逆光に関する限りは、相対的にLX7のほうが強いです。

今朝のマロン

早朝の外へ出ると寒いので、室内から窓を開けて夜明けを撮っていると、マロンがそばのキャットタワーにやってきてジーっと見てます。


「おい、寒いから、速く閉めるニャ、迷惑ニャ」
「わりぃ、わりぃ、もう少し」
「イヤにゃ、速く閉めて、エアコンつけろニャ」
「はい、はい」

と、猫の小間使いになっています(んな、わけはない)

今日の夜明け

今日の夜明け。OLYMPUS XZ-2でクロスプロセスのTYPE-2を使ってみました。

実際はこんな感じ(↓)。

まだ、まだ、寒い日が続きます。 風邪、インフルエンザ、ノロウィルスにご注意を。

2013年1月26日 (土)

今日のマロン

寒い日が続きます。

首都圏は、三連休の月曜日のような大雪はないというか、雪はその後降っていません
が、気温は低いです。都心はそれなりに都市熱のせいでさほど寒くはないですが、ちょっと郊外に行くと寒い。郊外にある我が家も、マンションとは言え、日が差し込むまでは結構寒い。マロンはペットの夢こたつの上でまどろんでいます。

マロンのことがちょっぴりうらやましい。

あじさい(函館)の味彩塩拉麺

都内の東武百貨店池袋店で開催中の食の大北海道展に、函館のあじさいが出店しているので食べに行って来ました。



かなり以前に家族で函館に行った時に五稜郭のお店で食べたのが忘れられず、以来、北海道物産展で出店するときに家族一緒に、あるいは各々バラバラに出かけて食べたりしています。

今年の塩拉麺のスープは今までとはちょっと味が違っています。妻に言わせると帆立の味が強くなっているそうですが、私はちょっと塩味が押さえ気味になりスパイシーさが追加されているように感じました。

都内に出店するときは、スープは函館のお店よりは塩味をやや薄くしているという話を聞いたとこがありますが、真相は知りません。

でも、美味しかったです。満足。

今日の夜明け

今日の夜明け


OLYMPUS XZ-2で撮影したものです。

下の写真は、ちょっと遊んで、アートフィルターのクロスプロセスを使ってみました。

この世のものとは思えない風景がそこにあります(爆)。

2013年1月20日 (日)

OLYMPUS XZ-2

超久しぶりのオリンパスのコンデジXZ-2です。


オリンパスのコンデジは、1997年7月に初めて買ったC-820L以来です。
ハイエンドコンデジで、結構長く使ったのはRICOHのGR DIGITALとGR DIGITAL IIでしょうか。最近はもっぱらLUMIX DMC-LX3/LX5/LX7の流れです。主にはRICOH時代が長くて、近年はPanasonicのLUMIX LXシリーズというところ。

さて、XZ-2はメーカーが物としての出来の良さ、手に取る喜びという通り、他のコンデジとは確かに違います。LX7も非常に出来の良いカメラですが、手に取る喜び、持っている嬉しさという点では残念ながらXZ-2に一歩譲ります。そういう点ではGR DIGITALシリーズも持つ喜びがあります。

ただ、RICOHのデジカメはCaplio R1/R2/R3、GR DIGITALは初代とII、他にCaplip GX/GX8/GX200と使いましたが、上記の内三機種ほどがトラブルで修理センター行きになりました。GR DIGITALシリーズとか好きなんですが、トラブルが多いことから予備カメラなしでは旅行用にはちょっと怖くて使えないってのが正直なところです。

RICOHはともかく、自分は一応OLYMPUSファンですから、OLYMPUSびいきで書きますが、LX7と違うのは、大ぶりで相対的に重めではあるけど適度な重厚感があり「手にする喜び」「持つ喜び」を感じるカメラです。LX7も大変いいカメラですが、物としてはXZ-2のほうに自分は魅力を感じます。

眠そうな顔をしているマロンの左目を、スーパーマクロでパチリ。

今朝の夜明け

今朝の6時過ぎの東の空。宵の明星が見える限界時間あたりです。

それにしても寒いですねぇ。 まあ、一年で一番寒い時期なんで仕方ないですが。 気象庁の長期予報では今年は暖冬だったはず…。

2013年1月19日 (土)

センリョウ

秋から冬にかけてよく見るのがセンリョウの実ですね。

そして、キミノセンリョウ。

こちらは、イッセンマンリョウ.....。

今日の夜明け

今日の夜明け。

正月前後は、こういうシーンを見ることができる時間帯は6時半過ぎだったのですが、今は6時過ぎです。

少しずつ日も長くなって来ました。
春は近いといいたいけど、今が一番寒い時期です。

2013年1月14日 (月)

マロンの足の裏

大雪で室内でまったりして暇なので、寝ているマロンの足の裏を撮ってみました。

E-M5にM.ZUIKO 60mm Macroをつけて、マクロツインフラッシュをつけて撮ってみました。まだツインフラッシュに慣れていないので難しい。



ツインフラッシュセット STF-22

E-1時代から欲しかったのが、オリンパスのマクロツインフラッシュです。

E-1〜E-3に買い換えて、その後EOS 7Dにマウント替えをしてからその機会もなかったです。EOSにはMT-24EXというマクロツインライトがありますが、まあ、なんといってもEOS(Kissシリーズじゃないっすよ)なので、マクロツインライトも実売最安で8万円くらいと、あーた、高すぎる。

そんな折、今年のオリンパスオンラインショップの福袋がM.ZUIKOの60mmマクロと、マクロツインフラッシュセット(STF-22)のセットです。通常だとセットで10万円は確実に飛びますが、これが福袋で7万円。さらに、プレミア会員割引とオンラインショップポイント15%、そして10%割引クーポンを使って、何と5万円。レンズだけでも4万円はしますから、+1万円でツインフラッシュセットが買えたことになり、こんなチャンスはそうそうありません。


箱は懐かしい、E-SYSTEMの箱です。

箱をあけると、ピッタリサイズでキャリングケースが現れます。

キャリンゲースをあけると、説明書がどどーんと出てきて、その下にツインフラッシュ、コントローラーが入っています。

E-M5にHLD-6をつけてフル装備にしたらこんな感じ。 まるで、ガンダムというかモビルアーマーというか…。 装着に結構手間がかかりますが、いいですねぇ、これ。

小型三兄弟

ふと、思い立って、手持ちの小型三兄弟を並べてみました。


左から、 ・Panasonic LUMIX DMC-GX1 (ミラーレス一眼、ボディキャップのみ装着) ・OLYMPUS E-PM1 (ミラーレス一眼、ボディキャップのみ装着) ・Panasonic LUMIX DMC-LX7 (ハイエンドコンパクト) となります。
こうやって見ると、最近のミラーレス一眼がいかに小型化しているかよくわかります。ミラーレスとコンデジではレンズ有無の差がありますが、ボディだけを比べても、LX7よりE-PM1のほうが小さいじゃないですか。
ハイエンドコンデジとエントリー小型ミラーレス一眼とのボーダーダインが無くなるどころか、価格的にはヘタすればハイエンドコンデジのほうが、エントリー小型ミラーレス一眼のレンズキットより高かったりしますからねぇ。
でも、とりあえずそこそこの画質で写真を撮りたくて、でも持っていくのはデジカメ一台だけってことになったら、やはりハイエンドコンデジでしょうか。これだけポケットに入れておけばまあ何とかなるって安心感はあります。

2013年1月13日 (日)

今日の夜明け

今日の夜明け





昨年の長期予報では、この冬は暖冬で平年より高い気温の日が多いなんて気象庁は言っていましたが、実際に冬になってみれば、いやいや暖冬どころか12月からすでに1月の気温で、1月に入れば更に寒くなり…。 冬は寒いほうが、夏は暑いほうが景気刺激になるなんてのは昔の話で、電気事情が厳しくなってしまった日本では必ずしもそうでもなくなっていますし、夏に至っては景気刺激程度の暑さで収まらず、死者が出金なう暑さになってしまい…。 今年の夏も、酷暑かなぁ。

2013年1月 6日 (日)

E-PM1の話

オリンパスオンラインショップのアウトレットで出ていたE-PM1のツインレンズキットですが、ついていた2本のレンズには全く興味がないので、未使用のまま売却した結果、E-PM1ブラックボディを1万円価格で入手できました。

このコンパクトさ、マイクロフォーサーズのミラーレス一眼ですが、XZ-2やDMC-LX7といったハイエンドデジカメとボディ比較では小さいくらいです。

オリンパスについては、OM-Dは独自のポジションを築くのに成功しましたが、E-Pは個人的には先がない感じ。E-PMはコンデジを凌ぐコンパクトなミラーレス一眼としてやはり生きていけるでしょう。E-PLがちょっと微妙ですが、OM-Dまでは手が届かないしそこまで要らない、でもE-PMではちょっと小さくてもう少し手頃で所有感のあるものが欲しいって方にはいいかもしれませんね。E-PM2やE-PL5のタッチAFシャッターは便利。私が所有するOM-DやLUMIX DMC-GX1にも搭載されていますが、これが実に便利。特に我が家の猫撮りとかのときには非常に重宝します。いちいちフォーカズポイントを来にしなくても、画面を見ながら顔のあたりをたっちするだけ。これはやめられません。

E-PM1とE-PM2を比較すると最大の差がこのタッチパネル。タッチパネルは慣れるとやめられない便利さがありますが、厚みでは最厚部はE-PM2が小さいのですが、http://www.monox.jp/olympus_penminiepm2_1.htmlをみるとよくわかりますが、ボディの厚みが増していますし、重さも誤差程度ですがE-PM2が重い。これがどうなのかは興味があるところです。私ならE-PL5買うならE-PM2を買いますね。もちろん、OM-DとかGX1を持っているから、できるだけ小さなミラーレスという方向を選ぶわけですが。



E-PM1にLUMIX G X VARIO PZ 14-42mmを装着したところ。この小ささでミラーレス一眼。驚くべきことです。レンズが95g、ボディが電池・SDカード含めて265gなので合計360g。一方でオリンパスコンパクトデジタルカメラの最高峰であるXZ-2が346gと、ほぼ同じ重さ。レンズの分厚みは増しますが、手にとった感じはPM1のほうがボディが薄い分コンパクトに感じます。

今日の夜明け

今日の夜明け。

撮影する日と時刻、そして天候(雲の具合)や東の空の空気中の湿度によって、同じような夜明けは絶対に2つとないのは当然です。

それは理解していますが、それでも真っ赤から真っ青までのグラデーションが雲ひとつなく撮影できることはまずありません。

今日はラッキー、かも

偶然といえば、偶然なんですが、実に綺麗な夜明けでしたし、なんとかその様子を記録することができました。

連休最後の一日は良い感じのスタートです。

2013年1月 5日 (土)

GRAMACY NEWYORKのEMBRACE

本年、初GRAMACY NEWYORKです。
今回は、EMBRACEという名前のフルーツケーキ。何故、EMBRACEという名前なのか個人的には疑問ですが…。名前はともかく、スポンジとクリームの間の硬さと甘さのバランスは絶妙です。スポンジは「の」の字巻ではなく外側だけ形を保っているのです。



久しぶりなので美味しかった!

今日の夜明け

今日の夜明け。


2013年1月 4日 (金)

今日の夜明け

今日の夜明け。今年になって一番綺麗なオレンジ色のグラデーションです。

それにしても休みってなんでこうも早く過ぎていくのでしょう。今日も休みにしているので、都合9連休という年末年始にしてはめったに無い長い休みなんですが、今日をいれてあと3日になってしまいました。残念な気もしますし、のんびりできたので良かったとも思いますが…。来年も30日が休みな方は今年と同じ9連休ですね。 去年は祝日が土曜に重なることが多くて3連休が少なかったですが、今年は多いです。二泊程度の旅行にはもってこいですね。

2013年1月 3日 (木)

冬の風景

正月三日目になる今日も穏やかな…と言いたいところですが、気温はさほどでもないですが、風があったので体感気温は結構寒い一日でした。

E-M5(OM-D)にLUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6をつけて、自宅近くの水辺に足を向けてみました。


C-AF+TRモードで羽ばたく白鳥の顔付近にAFターゲットしました。追従速度はまあまあで、さすがにEOS 7Dの敵ではないとはいうものの、まあ、こんなところでしょう。

お天道さまの光条がなんかヘン?ダルマさんっぽくなっているんですが。

秋じゃなくて冬です。でも、こういう風景、好きです。

寒さが伝わりますかね。湖面を渡ってくる風が冷たかったです。

2013年1月 2日 (水)

今日の日の出

昨日の元旦は実に穏やかな天気に恵まれた首都圏ですが、今日も空全体にはうすーい雲がかかっている感じはありますが「晴れ」ですね、でかい雲はありません。

この時期は6時半から7時頃が朝焼けの見頃です。

こんな感じで始まります。

正月の時期はビルの向こうから太陽がのぼります。

 

ベランダで写真を撮っている私を見つめるマロン。

「何をしているニャンか?、寒いのにご苦労さんニャ」

2013年1月 1日 (火)

初日の出

新年、あけましておめでとうございます。

2013年が、皆様にとって、そして我が家にとって良い年になりますように。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »