マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« GALAXY SII WiMAXとNexus 7の新しい衣装 | トップページ | 夜明け »

2012年11月 3日 (土)

清澄庭園と深川江戸資料館

妻が友人達と会うために朝出かけるときに、自分も一緒に家を出ました。行先はもちろん別々ですが途中までは一緒ですね。

で、私が行った先は清澄庭園。前から気になっていた庭園です。今日は午後からは晴れて暖かくなりましたが、午前中は日差しがなく風も冷たくて、さむーい!朝でした。



清澄庭園の解説はWEBに譲るとして、大きな池を中心とする回遊式庭園です。午前中の日差しのない中で水辺を渡ってくる風はヒンヤリと初冬を思わせる冷たさでした。

清澄庭園では売店でコイの餌(ただの麸です)を売っているので、人影をみつけるとやたら馬鹿でかいコイが寄ってきます。



そんなに大きな庭園ではありませんが、下町とは思えない落ち着いた静かな場所がここにあります。



入園料は150円とさすが都立だけあって安いので、近所の方などは自転車や散歩がてらよく来られるようです。

そして、ここから少し歩くと深川江戸資料館があります。江戸の下町を再現したもので、普通は展示している再現家屋内には立ちれませんし触ることもできませんが、こちらは基本的に自由に上がることができます。







さほど、大きくない施設ですが、結構楽しめます。船宿あり、米屋あり、八百屋あり、浅利のむき身屋あり(このあたりが深川らしいところ)、なかなか楽しいです。

« GALAXY SII WiMAXとNexus 7の新しい衣装 | トップページ | 夜明け »

身近の自然や風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清澄庭園と深川江戸資料館:

« GALAXY SII WiMAXとNexus 7の新しい衣装 | トップページ | 夜明け »