マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 朝晩が冷え込むようになりました | トップページ | 清澄庭園と深川江戸資料館 »

2012年10月28日 (日)

GALAXY SII WiMAXとNexus 7の新しい衣装

GALAXY SII WiMAX (ISW11SC)のケース、最初はauショップで一緒に買ったシリコンタイプの黒のもので色気も洒落っ気も何もない無粋なものでした。さすがにダサさ満点なので、ブックタイプのものに変えて使っていましたが、予想されたことではありますが、いちいち不便なのと、かなり厚みが増すのでまたしても衣替え。



新しい衣装は、WalnuttのBumperでBlack and Redです。なかなかGALAXY本体が黒なので上手くマッチして赤い部分がアクセントになってとても良い感じ。

ついでに、PDA工房取り扱いの3,900mAhの大容量バッテリーも購入。専用の裏蓋がついてて、ちゃんとNFCアンテナと接点が付いて、実際、ためしてみるとSuicaも純正裏蓋同様に反応してくれました。



大容量バッテリーと専用裏蓋を付けて、Walnutt Bumperを装着するとこんな感じ。見た目は厚っぽくなってしまいますが、手に取ると意外や意外、ホールド性が格段に良くなりました。GALAXYは薄くてデカイので結構持つのがやっかいなスマホですが、ボトムの部分が二段階に厚みがつくので手に馴染むようになります。



Walnutt BumperのBlack and Redを装着。正面の縁の部分は赤くてアクセントになります。



こちらはNexus 7のMokoのSlim leather coverですね。Amazonでオーダーしましたが、中国から船便発送だったようで、三週間ほどかかってようやく到着。構造はサンワサプライのものにそっくりですが、ペンホルダーの輪っかと、開いた時に手を通してホールドするベルトがふた内側についています。もちろんスマートカバーなので、閉じるとオフ、開くとオンになります。内蔵のマグネットの強度が手頃なので、蓋を裏返して持っても誤動作でオフになるようなことはありません。





2つを並べると兄弟のようです。

これはいいですねぇ、いい!

« 朝晩が冷え込むようになりました | トップページ | 清澄庭園と深川江戸資料館 »

Android スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GALAXY SII WiMAXとNexus 7の新しい衣装:

« 朝晩が冷え込むようになりました | トップページ | 清澄庭園と深川江戸資料館 »