マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の7件の記事

2012年8月12日 (日)

フウセンカズラ

散歩の途中に道端で見つけたフウセンカズラ。



この緑色がさらに日にちが経つと熟して茶色くなって種が取り出せます。



この黒い種をみると、ハート型に白く色が抜けています。



不思議ですねぇ、自然のなせる技って。

2012年8月11日 (土)

白ニャ(はくにゃ)の爪

完全室内飼いの猫は、時々狂ったように走り回ることがあります。あるいは、トイレを済ませた直後に走り回ることがあります。

マロンも例にもれず走り回り、そのあと廊下を見たら何やら白い物体が落ちていました。



そうです、「パカラッ、パカラッ」と白馬のような足音を立てながら四足で駆け抜ける白ニャ(はくにゃ)の剥がれ落ちた爪です。多分、手(前足ともいう)の親指ですねぇ。マクロで拡大して撮ると年輪みたいになっているのがわかります。



その爪の元持ち主がこちらにおわします、白ニャでごじゃりましゅる。

2012年8月 5日 (日)

ニャンコの顔パーツ

まだ、朝の涼しいうちは、比較的普通に過ごしているニャンコですが、8時を過ぎて気温が上がり始めると、涼しい北側の部屋の出窓に退避して「猫の営業終了、次の営業は22時頃になります」という看板を出して?寝てしまいます。

まだ朝早くで営業中の我がニャンコの顔アップをば。

まずはマロンとしては良くある表情。



今までアップでアップ(UPLOAD)したことのない可愛い口元を。昔は実家で犬も2世代飼っていましたが、犬とは違うおちょぼ口の猫の口は可愛いです。



そして眼。血統書ではEYE COLORはBLUEということになっています。



体毛に関しては猫の場合何故かブルーというと実際には青とは似ても似つかぬグレー系の色をさしますが、眼の場合はBLUEはBLUEです。

スマホとニャンコのおてて

どちらかといえば大型猫に分類(近年は中型に入っているケースもあるようで...)されるラグドールですが、雌なので小さめの5.2kg。見慣れるとなんてこたぁないですが、他の日本猫とか見ると、「うわっ、小さっ!」とか思わず言葉が出てしまいます(笑)。

そんなマロンのお手てをiPhoneと並べてパチリ。



これは、いつも楽しく拝見しているオーストラリア在住のがびさんによるネコちゃんブログの「あいちゃんねる」の「にゃんこ杯なんでもコンペ」に出させていただくべく、撮ってみました。普段は自分のブログは長辺480pxで統一していますが、今回は「あいちゃんねる」と合わせるべく長辺640pxです。ただし、640pxはこのブログレイアウトだとはみ出るので表示サイズのみ480pxにしてあり、クリックしていただくとオリジナルのPicasaの640pxの画像になります。

でも、猫の手(前足とも言うが...)って可愛い!

(2012/8/5 追記)

あいちゃんねるのがびさんから「にゃんこ杯なんでもコンペ」の「携帯deおテテ コンペ」の賞状をいただきました。



がびさん、ありがとうございます!

2012年8月 3日 (金)

きりりと冷えたフルーツで涼をとりましょう

こう暑い日が続くと、食後にきりりと冷えたフルーツはビタミンたっぷりだし、何より冷たくて爽やかで口の中から涼が広がる気がして美味しいですね。



オレンジ、パインアップルそしてイエローキウイです。NZ大好きな自分としては、日本人向けにアレンジされたイエローよりオジリナルのキウイ、ゼスプリのグリーンのほうが好きだったりします。もちろんどちらも美味しくて好きですが、どちらかと言えばグリーン。ただし、日本に入ってきているものは店頭から買って直ぐはまだ硬くて美味しくないので、数日ほど熟させてちょっとやわらかくなってきたかもってくらいで食べると甘くて美味しいです。この時便利なのが、時々ゼスプリがスーパーなどでキウイの試食をやっていますが、そのときに柄のほうの片側がギザギザになったキウイ色のスプーンです。

キウイを洗って手にとって、ぎざぎざのほうで半分にざっくりと切り、そのまま半分ずつをスプーンのほうでえぐるようにしていただくとあっという間に簡単にいただけます。試食する機会があったらスプーンは捨てずに頂いて帰りましょう。便利ですよ!



「マロンはカリカリとウェットした食べないにゃ、フルーツ嫌いにゃ、特に柑橘類の匂いは苦手にゃ」

確かに、オレンジの匂いとか大嫌いですね。昔、飼っていた犬はミカンは食べませんでしたが、りんごは大好きでしたねぇ。シャクシャク音を立てながら食べてました。

Nゲージ ダイキャストスケールモデルの阪急電車

銀座松屋で開催中の鉄道模型ショウ2012の販売コーナーで見つけて、懐かしてつい買ってしまったのが、株式会社トレーンのNゲージダイキャストモデルの阪急電車6300系車両です。自分が在住時代には、丁度クロスシート二枚扉の京都線特急仕様の2800系から6300系への切り替え時期でした。この当時の京都本線特急はノンストップ運用でして、記憶が壊れていなければ、河原町(ターミナル)、烏丸、大宮からいきなり大阪の十三(東京の人は読めない人が多いかも、「じゅうそう」)、梅田(ターミナル)という河原町〜梅田まで40分を切る運用でした。この時代は、京阪電車の特急の特急利用客の獲得合戦が熾烈を極めており、そこにJR(当時は確か国鉄)の新快速が導入されたりして、三つ巴の戦いでした。これは利用者にとっては便利なんですけどね。

自分は鉄ちゃんではないんですけど、阪急、近鉄、京阪と関西圏の三大私鉄沿線に全部住んだことがあるので、鉄道模型ショウの売り場で阪急電車6300系のダイキャストを見つけた時には速攻で買い求めました。

Nゲージとありますが、正確にNゲージじゃないって話もあるんですけど、何より車輪は左右が絶縁されているわけではなく普通の金属製の玩具の車輪なので本物のNゲージに載せるとレールをショートさせてしまいます。

鉄道模型ショウとか見ると、ああいった趣味に走りたくなる衝動にカラれますが、そんなスペースはない(でかいジオラマを作ると6畳とかじゃすまない、20〜30畳は必要でしょう)、そんな大金はない(車両によりますが6両程度の一編成で2万〜3万はするようです、これならデジタル一眼でレンズを買うほうがずっといい)ことが幸いして衝動を実行に移すことは絶対にありえません。でもこのダイキャストの飾りならOK。







写真は全てEOS 7D、EF 100mm F2.8 L Macro IS USMで撮影。

ちゃんと車内はクロスシートになっています。いやー楽しいな、これ。

私は松屋銀座で定価で買ってしまいました。他の車両も実はAmazonで買えますね。プライムなら送料無料。

2012年8月 2日 (木)

銀座でアフタヌーンティー

今週は夏休みということで、今日は妻と銀座へ。目的は松屋銀座で開催中の「第34回鉄道模型ショウ2012」です。夫婦ともに別段鉄男くんや鉄子さんではないのですが、やはり普段身近に見る鉄道、旅行で乗った列車などの模型はなんというかワクワクしますね。

こちらの話はまた別途ということにして、鉄道模型ショウの後は予め調べておいたところで、お昼を兼ねて夫婦でアフタヌーンティーをいただきました。

お店は、銀座松坂屋4階にある「ベノアティールーム」というところ。婦人服売り場の一角にありとても落ち着いたお店です。



まずは、メインのサンドイッチなどが出る前に紅茶とティーカップ、取り皿が出されます。ティーはカップに約2杯分ありますが、2杯めは濃くなりますので、うめるためのお湯も一緒にサーブされて説明してくれます。



スコーンとサンドイッチは種類が選べますが、自分たちが選んだのはローストビーフのサンドイッチ、プレーンのスコーンです。ローストビーフのサンドイッチはうまかったなぁ。そして上段はフルーツとケーキ。オレンジ、メロン、ブルーベリー、チーズケーキでした。これで、2,100円/名です。場所を考えるとかなりお安いと言えます。夏休みとはいえ、子連れで入れるような店ではないので、平日の昼過ぎなら空いています。

たまには、夫婦で銀座でアフタヌーンティーもいいです。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »