マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ニャンですか? | トップページ | 入れニャイ! »

2012年7月 8日 (日)

世代交代

所有するデジカメでここ一番のメインはやはりEOS 7Dですが、普通によく使うのはマイクロフォーサーズで、もっぱらPanasonic LUMIXです。LUMIXのGシリーズについては、G1、GH1、GF1、GF2と使ってきて現在はGF3がLX5にも負けるとも劣らないコンパクトさで出番が多いのです。

G1、GF1は手手放して久しかったのですが、ここ一週間くらいでGF3を残して大幅世代交代で、G3とGX1のボディを入手。そしてGシリーズを使い始めてから念願だったLEICA SUMMILUX 25mm F1.4も入手しました。



まずは、GX1にSUMMILUXを装着。



20mm F1.7のパンケーキと比べると大きくなりますが、開放端からシャープでAFも速いので室内猫撮りにもよさそうです。

もう一つはG3ですが、G3に手持ちのLUMIX G 14-45mmを装着しました。



14−45mmは、初期のキットレンズですが、現在の14-42mmよりずっと描写力の高い優れたレンズです。12-35mmも魅力的ですが、14-45mmとくらべて100g重くなり価格差ほどの描写力の差は無いように思いますので14−45mmで当面は十分です。



「パパにゃんは、また何か買ったニャんかね?」
「そ、そ、そんな、怖い顔しなくてもいいじゃないか、マロン」
「ニャ!」

午前中は悪天候ですが、午後からは晴れたので近くで試写。





なかなか、良いレンズです。GX1との相性もぴったり。本格撮りが楽しみです。

« ニャンですか? | トップページ | 入れニャイ! »

ミラーレス一眼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世代交代:

« ニャンですか? | トップページ | 入れニャイ! »