マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の11件の記事

2012年7月31日 (火)

M.ZUIKO 45mm F1.8

結局のところ、買いました、表題のレンズ。



「パパにゃんは、また何か買ったにゃんね。マロンの玩具じゃなさそうだにゃ」



LUMIX GX1のシルバーに装着すると意外にイケます。

LUMIXとOLYMPUSで名付けてLUMIPUS(笑)。ルミパス、ルミパス、ルルルルル。あ、あれはラミパスか...。最近の若い人にはわからないな、これ。



「それでマロンを美にゃんに撮れるかにゃ、マロンは左横顔が自身あるにゃ」

GRAMACY NEW YORKのロールケーキ「エンブレイス」

久しぶりにGRAMACY NEW YORKのロールケーキを買って来ました。今は「エンブレイス」というフルーツロールケーキ。スポンジの外側に焼目模様が入っているが特徴です。



スポンジの硬さ(柔らかさ)、クリームの硬さ(柔らかさ)、甘みとバランスがとれているのがGRAMACY NEW YORKとか同じ系列点のBUZZ SEARCHのロールケーキの特徴です。やたらクリームだらけの某有名ロールとか、やたらスポンジがソフトな奴は嫌いです。

やっぱり美味しいGRAMACY!

暑い日が続きます

首都圏は暑い日が続いています。昨年夏ほどではないですが、節電ということで冷房は高めなので、場合によってはスーパーやデパートの中でも汗がにじむこともあります、というか、外から入ってもなかなか汗が引かないです。



午前中の早いうちは相対的に涼しいので、マロンはキリリとした顔でリビング・ダイニングの掃出窓のところで見張り番。



そのうち飽きてきて、キャットタワーの柱でバリバリと派手な音を立てながら爪とぎです。

さすがにこの暑さなので、キャットタワーの上のほうとか絶対登りません。抱いてのせても直ぐに飛び降りちゃいます。

早く涼しくなるといいね、あと二ヶ月くらいはありそうだけど。

2012年7月22日 (日)

EOS M

ミラーレスに関しては、いつ出すのかと思っていたキヤノンがついに出すようです。

http://www.canonrumors.com/2012/07/new-canon-eos-m-with-ef-m-mount/

APS-CのミラーレスということでNEXとガチになります。レフ機ではKissデジなどが結構ファミリー層に浸透しているので、それがより軽く小さくなるというのはSONYにとっては脅威になること間違い無いですね。

ミラーレスではオリンパス、パナソニックが先頭を走っていますが、キヤノンがどこまで食いつくのか興味津々であります。

HEINZ Baked Beans (ハインツ ベイクド・ビーンズ)

オセアニアのほうに旅行するようになって、向こうで初めて食べて好きになってしまったのが「ベイクド・ビーンズ」です。

名前に反して、トマトベースのソース(英国系では)で豆を煮たもので、多くの日本人にとっては多分それほど美味って感じるほどじゃないかもしれませんが、我が家は全員HEINZ Baked Beansのファンです。

日本ブランドのハインツでは当然のことながら、こういう日本で売れそうもないものは出さないわけなので、英国版のHEINZの缶詰をどこかで買うしか無いのですが、これがほとんど売っていない。イングリッシュパブとかで売っているところもあるそうですが、あとは麻布のナショナル麻布スーパーマーケットとかに以前は売っていました(今は知りません)。

で、先日、見つけたのが実は最も利用頻度が高いAmazonです。




これは2個入りですが、1個入りもあります。




当然、2個入りを即買いました。トーストに載せるのが英国流一般的のようですが、私はライ麦の石窯パン、卵(特製オムレツ)とベイクド・ビーンズはそのままいただくのが大好きです。

ベイクドビーンズはトマトソースベース(アメリカ製とかを買うとちょっと違います、以前はアオハタからポークビーンズって似て非なるものがありました)なので、卵と非常に相性がいいです。オムレツでもスクランブルエッグでも相性抜群。

まあ、いくら大好きでも毎日食べると多少はあきるのも事実で、Sydneyに
10日ほど滞在したときに、ホテルのモーニングバフェで毎朝取っていたら流石にちょっと飽きがきますが、でも、単純な味なので鼻につくほど飽きるってこともなく、美味しくいただいていました。卵とベーコンに非常に相性がいいです。これと、ボイルした野菜を一緒にとれば結構いいんじゃないかと。

気になるレンズ

EOS 7DやミラーレスのLUMIXも含めて、持っていないのが35mm換算での70〜100mm程度の焦点距離でF2.0以下の明るい単焦点レンズです。いわゆるポートレートに適当な焦点距離。

単純に旅先の自然なんかだと28mmとかのワイドでぜ~んぶ収めちゃいがちですが、確かにいろいろ画には収まりますが、よーく考えないと、何を取りたいんだかさっぱりわからない写真を量産します。

昔、銀塩時代は50mmが基本なんて説がありましたが、あながち嘘とかではなくて確かに50mm前後、マイクロフォーサーズだと25mm、APS-Cだと30mm前後の焦点距離が実は以外に使いやすいのです。

最近買ったのがLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025です。このレンズは手ふれ補正がありませんが、F1.4と明るいことや換算50mmという焦点距離なので、あえて手ぶれ補正に頼る必要もないです。そもそも、最近はレンズの暗さと撮り方の悪さをカバーするために手ぶれ補正に頼りすぎじゃないですかね。

さて、持っていないのですが、実は欲しいのが換算70〜100mm程度でF2未満の明るい単焦点レンズ。ポートレートレンズってやつですが、別にポートレート撮るわけじゃないけど、この焦点距離で明るいと室内猫撮りにもいいんですよね。ズームだと暗いんでちょっとNG。そうなると、結構いいのが、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8です。シルバーってのと、ママのためのファミリーポートレートレンズってフレーズが気に入りませんが、結構良い感じの距離感で使えるレンズですし、解像度もかなり高い。この焦点距離だとボディ側での歪曲補正や色収差補正などもほとんど必要ないですし、LUMIXボディでもフル機能が使えるのはありがたいです。GX1に付けたいですねぇ。オリンパスのプレミア会員ポイントもかなりあるのですが、オリンパスオンラインショップだと納期3週間ってのが信じられん。メーカーより販売店のほうが即納ってのがねぇ。

今は買わないかもしれないですが、さほど高くないのでそのうち買っちまいます。





2012年7月16日 (月)

LUMIX マイクロフォーサーズ 勢揃い

いつの間にか、レンズは増えて7本になり、ボディはLUMIXが3台、OLYMPUSが1台です。本日、仲間に加わったのが「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S. 」です。そこで記念写真(笑)。





左手前から右、左奥から右の順に以下のレンズです。

LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.
LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.

使用頻度の高い焦点距離のレンズを4つ選んでみました。



左から以下の順。

LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

さらに絞るとこの三種になりそうな感じ。



左から以下の順。

LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.

こうやってみると、PZ 14-42mmとパンケーキの20mmがほぼ同じサイズなのがわかります。これは旅のお供には欠かせない2本になりますね。重量はどちらも100g程度ですので全く苦になりません。

ちなみにLUMIXボディは以下の三兄弟。



左から、GX1、G3、GF3ですがどれも操作系が似ているので楽ちん。タッチパネルになれると、タッチパネルじゃないカメラがちょっとめんどくさい感じになります。

入れニャイ!

マロンがソファの下に半身を入れていますが、デカ猫故入れるはずもなく半分はみ出てます。



でも、生後3ヶ月くらいのころには入れたので、その頃が忘れらないのでしょうか。



2008年5月の写真ですが、楽勝で入れています。この頃はよくソファの下で昼寝していました。

2012年7月 8日 (日)

世代交代

所有するデジカメでここ一番のメインはやはりEOS 7Dですが、普通によく使うのはマイクロフォーサーズで、もっぱらPanasonic LUMIXです。LUMIXのGシリーズについては、G1、GH1、GF1、GF2と使ってきて現在はGF3がLX5にも負けるとも劣らないコンパクトさで出番が多いのです。

G1、GF1は手手放して久しかったのですが、ここ一週間くらいでGF3を残して大幅世代交代で、G3とGX1のボディを入手。そしてGシリーズを使い始めてから念願だったLEICA SUMMILUX 25mm F1.4も入手しました。



まずは、GX1にSUMMILUXを装着。



20mm F1.7のパンケーキと比べると大きくなりますが、開放端からシャープでAFも速いので室内猫撮りにもよさそうです。

もう一つはG3ですが、G3に手持ちのLUMIX G 14-45mmを装着しました。



14−45mmは、初期のキットレンズですが、現在の14-42mmよりずっと描写力の高い優れたレンズです。12-35mmも魅力的ですが、14-45mmとくらべて100g重くなり価格差ほどの描写力の差は無いように思いますので14−45mmで当面は十分です。



「パパにゃんは、また何か買ったニャんかね?」
「そ、そ、そんな、怖い顔しなくてもいいじゃないか、マロン」
「ニャ!」

午前中は悪天候ですが、午後からは晴れたので近くで試写。





なかなか、良いレンズです。GX1との相性もぴったり。本格撮りが楽しみです。

2012年7月 7日 (土)

ニャンですか?



休日の朝の六時半過ぎ、マロンは窓辺でマロってます。

「ニャンですか?」

いいなぁ、猫って。

2012年7月 1日 (日)

バスタブでお手入れ中

お風呂掃除が大変!とかいう方多いと思います。

で、す、が、実は非常に簡単なんです。

それは、まだお風呂が新しくて綺麗なうちから、最後にお風呂に入る人がバスタブと床などを軽くシャワーのお湯とスポンジで洗って流し、あとは綺麗に水分を拭きとるだけ。それだけでバスタブの水の輪ジミなどは全く着きませんし床だって綺麗な状態をたもてます。コツは濡れている状態を長く置かない。もう一つ、窓がある風呂なら使ったら窓を全開、マンションなどだと換気扇は回しっぱなしにすること。

それはともかく、綺麗に洗って拭きとってまだ温かみの残るバスタブに入るのが好きなマロン。今日もほんわかと温かみの残るバスタブでお手入れ中。



« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »