マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 電力事情、関電と東電 | トップページ | 子供を守るということ »

2012年5月 5日 (土)

葱坊主

プランターに植わっている葱(九条葱)を放置していたらそのうち蕾(ネギ坊主)をつけて花が咲きつつあります。





以上、葱の花、で、こちらが猫の鼻。



犬猫に葱類を食べさせてはイケないというのは猫飼いの常識。葱類に含まれるアリルプロピルジスルフィドという成分がヘモグロビンを酸化することにより、溶血性貧血を起こすそうであります。加熱の有無を問わず、またこれらの煮汁などもだめです。でも人間には大丈夫のようで...。なぜ?

« 電力事情、関電と東電 | トップページ | 子供を守るということ »

身近の自然や風景」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葱坊主:

« 電力事情、関電と東電 | トップページ | 子供を守るということ »