マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« すっかりMac | トップページ | 葱坊主 »

2012年5月 4日 (金)

電力事情、関電と東電

なんやかんやでまだまだ甘いと言われている東電ではありますが、一方で東北電力と同じく東日本大震災の影響をもろに受けた電力会社でもあり、その管内の需要家においても他社に比べると格段に節電が進んでいるのを感じます。

実際問題、昨年の震災以降、各所の照明は半減とかそれ以下になったりエアコンも設定温度が高くなったりしていましたが、夏に広島に行ったときは全く節電の気配もない感じでした。まあ、切迫した危機がなかったのですから東電と東北電力管内以外では当たり前といえば当たり前。

それがここへ来て、関西電力管内では通常の節電をしても15%ほどの不足が見込まれる。ガスタービン発電機を急遽増設したくても、昨年の地震後に東京電力がひっぺがすように購入してしまいすぐに納品できるようなものは期待できないらしい。原発もどうも間に合いそうもない。

また、需要家のほうも、東電や東北電力ユーザーは辛い計画停電を経験しているので、あんな思いをするくらいなら、不便を偲んでも節電しようと皆思っているはずですし、昨年の間に省電力機器に買い換えたりしています。実際、我が家もエアコンを買い換えました。一番使う時間の長いキッチン照明もLEDにしたいのですが、これはマンションで天井埋め込みのFDL27なんで代替LED照明がないので今は無理。

言い方は悪いんですが、やはり痛い目に合わないと辛さがわからないというのは事実でしょう。自分が痛い思いをしないと辛さがわからないのは人間の宿命で悪いことではないです。枝野さんが関電での計画停電も必要かもと言い出していますが、ここはひとつ関電でも計画停電をやったほうがいいと個人的には思います。

そういう意味では、東電管内の計画停電があったときも23区は除外でした。山手線内側を除くというならまだわかりますが、住宅地メインの練馬や板橋、世田谷など日本政府の機能維持にさして重要ではない周辺区まで除外したのは納得できませんね。いいとこ環七の内側除外とかそんな感じでしょう。被災地でもないのに一律除外ってのは納得できなかったですな。関電でも除外地域はできるだけ減らす、特に今回は被災しているわけではないので、例外は認めないくらいのことは必要でしょう。大阪市庁舎も府庁舎もばっさり計画停電です。病院と電車への供給以外は計画停電。そうすれば節電の必要性が身を持ってわかります。これ、関電にかぎらず全国でやったほうがいいですね。電力供給は収支のバランスなんで出を制するのも基本中の基本。理屈ではなかなか通じないので体験させるのが一番です。

« すっかりMac | トップページ | 葱坊主 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電力事情、関電と東電:

« すっかりMac | トップページ | 葱坊主 »