マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ガオー! | トップページ | 久しぶりに入っています »

2012年4月29日 (日)

GALAXY SII WiMAX (ISW11SC) その後

ずっとSoftbankユーザーで、iPhoneになってからは3G⇛4⇛4Sと使っきている自分が、WiMAXのモバイルルーターを解約して、WiMAX内蔵でテザリング可能なau GALAXY SII WiMAXに乗り換えてから二週間が経ちました。

それまでのWiMAXの使い方としては、iPhone4Sの3Gは所詮3Gなんであまり速いとはいえないので、通勤車中とかでWiMAX経由で使うのがメインで、他には旅行や出張で使っていました。しかし移動中に使うとWiMAXの接続が切れたときでもWifi側は接続されたままであり、アプリのほうでは延々行きっぱなしということもかなりの頻度でありまして、アプリによっては一旦終了させないとWiMAX側が復活してもアプリの方のコネクションが復活しないということが当たり前にあり結構ストレスでした。

しかしISW11SCにしてからは、通勤時にネットを使うのはiPhoneではなくWiMAX経由でISW11SCを使いISW11SCのWiMAXの再接続はモバイルルーターのWR3500Rに比べると圧倒的に速いので全く気にならなくなりました。

さて、iPhone4SとGALAXY SII WiMAXの両方を使って感じたこと。

やはりRetinaディスプレイは圧倒的に精緻で美しい。GALAXYのほうを見慣れたあとにiPhone4Sを見ると、iPhone4Sのディスプレイがいかに綺麗かよくわかります。これは全く勝負にならない感じ。いや、GALAXYの質が悪いんじゃなくてRetinaのほうが綺麗すぎるんです。

OSでとしては、iOSのほうがユーザーの細かな介在を必要とせず、アプリに提供されているAPIの造りからくるのでしょうか、アプリによる操作の差が少なく、ITリテラシーが低くても使いこなせる感じ。一方、Androidのほうも基本でもある程度は使えますが、やはりいくつかアプリを入れて使い勝手をよくしないとなかなか良い感じにはならない。メールソフト一つとっても内蔵のはイマイチなんで、K-9入れたりとか、ですね。とにかく、細かな点まで配慮が行き届いているのがiOS、ユーザーが介入して使い勝手を作り上げるのがAndroid。両者の設計ポリシーは全くことなります。OSだけ入れてもそこそこつかえるのがMacOSなのに比べて、いろいろアプリケーションを入れないと役に立たないのがWindowsってのと似ているところがあります。

さて、こちらは自分のGALAXYのホーム画面。ショートカットやガジェットは好きじゃないので空白画面であります。ホームアプリはGOランチャーEXで、Swipepadを入れているのでよく使うアプリはこの状態でもスワイプ一回で起動できます。



« ガオー! | トップページ | 久しぶりに入っています »

Android スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GALAXY SII WiMAX (ISW11SC) その後:

« ガオー! | トップページ | 久しぶりに入っています »