マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 少しずつ春の気配? | トップページ | いつもの夜明け »

2012年2月12日 (日)

災害対策用品

東大地震研究所の某氏の発表とかそういうのには惑わされないとしても、首都圏に住んでいる限り備えは必須であることは間違いないです。

最近買ったのは、EnergizerのLEDランタン。明かりは懐中電灯があればいい、ってものじゃないですからねぇ。光のない室内で過ごすには、暗くても長時間ある程度の範囲を照らせるものが必要です。

Untitled

次は災害非常食。これはピンきり、いろいろありますが、最も食べたくないのが乾パンの類。ありゃダメでしょ。せめて缶入りのパンですな。コメの類ではアルファ米をいろいろ調理してお湯を注げばOKというもの。これはそこそこ食えますが、いかんせんお湯がないといけない。そこで登場するのが陸上自衛隊の戦闘糧食II型。いわゆるレーション(コンバット・レーション)というやつです。水を注げば加熱できる加熱用袋と親切なことに加熱用水やスプーンまでついていて、本当にこれだけあれば、あつあつのビーフカレー、すき焼きハンバーグ、中華風カルビとあつあつご飯がいただけます。極端なストレス下に置かれる戦闘員にとって、唯一のストレス緩和は暖かい食事。ただし、戦闘員のために考えられているのでカロリーは三食で3,300kcalもあり、塩分も高めですので凡人が常食するものではないです。常食したら生活習慣病への道をまっしぐらのことは疑いなし。しかし、災害時の三食に一食はこういう暖かくて美味しい食事が必要です。

Untitled

« 少しずつ春の気配? | トップページ | いつもの夜明け »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害対策用品:

« 少しずつ春の気配? | トップページ | いつもの夜明け »