マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 六本足のお客様 | トップページ | NESCAFE Dolce Gusto Piccolo »

2011年12月10日 (土)

ポータブルヘッドホンアンプ iBasso P4

前から欲しかったのがポータブルヘッドホンアンプです。最初はオヤイデのFiio E7とかがポータビリティとバッテリー駆動時間でいいかなと思ったのですが、OpAmpのローリングに興味がわきはじめ(あいにく自分自身はデジタル回路で育った人間です、当時TTLを使っていろいろ設計とかしたものです、i8080/i8085/Z80/6800/6809の時代ですな)、しかしポータブルでDACはいらない、その分駆動電圧が高くパワするな奴がいいってことで、iBasso P4を選びました。

日本ではヒビノインターサウンド株式会社が輸入販売していますが、全機種というわけではなくP4は現地から買うしかありません。

iBassoは中国の会社ですから、まあ、いろいろ考えるとクレジットカードで買うなんてのは絶対やったいけない。当然使ったのはPayPalです。

11月30日夜に発注して土日を挟んで12月6日に届きました。

Untitled

パッケージ外観はこんなふうになってシュリンクされてぐるぐるまき。

Untitled

ちょっと苦労してぐるぐる巻きを取り去ると白い箱。

箱を開けると、保証カードとACアダプタ、標準で付いているローリングきっとなどが見えます。アンプはこの下に入っています。

Untitled

これが箱の中身です。一応巾着もついてます。

Untitled

こちらが本体です。iPod classicより一回り小さい感じ。

早速iPod classicにつないで、MDR-ZX700IPで聴き比べ。いや、買って直ぐの新品アンプの音質評価なんてしちゃいけないのは百も承知ですが、まあ、別にオーディオ雑誌の記事を書いているわけじゃないですから。

軽く聞いた感じでは、アンドレ・リュウのバイオリンがひときわ澄んだ感じになり、マライア。キャリーの歌声のベールが二枚ほど剥がれた感じ。

できるだけ使ってある程度の定常状態にもっていかないといけませんね。楽しみです。

 

« 六本足のお客様 | トップページ | NESCAFE Dolce Gusto Piccolo »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポータブルヘッドホンアンプ iBasso P4:

« 六本足のお客様 | トップページ | NESCAFE Dolce Gusto Piccolo »