マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« おじさん金沢一人旅 (2) | トップページ | バタバタとした一週間でした »

2011年9月18日 (日)

おじさん金沢一人旅 (3)

もう旅行は終わったので書きますが、とまったホテルはホテル日航金沢です。駅から地下道経由で濡れずに行けます。金沢駅から濡れずに行けるホテルは、ホテル日航金沢、ANAクラウンプラザホテル、都ホテル金沢、そして駅ビル内のヴィアイン金沢があります。

ホテル日航金沢は三年前にも泊まりましたが、このときは朝食は2Fのザ・ガーデンハウスだったのですが、今回は最上階である30Fのル・グランシャリオでした。席数があまり多く無いんですよね、というか、このホテルのレストラン自身あまり大きくないです。

今日は2Fの和食レストラン弁慶。ここ落ち着いた感じでいいところです。まあ、朝食インクルーシブだからくるのであって、食事別ならわざわざこんな高いところで朝食をとったりしません。

今日は予報では暑くなるようですが、少なくとも帰るまでは雨とは無縁の天気のようで熱くなりそうです。弁慶で美味しい和定食を頂いたあと、部屋に戻ってチェックアウトの準備をして、各所に忘れ物がないことを指差し確認します。鉄道員がよくやっていますが、この指差し確認というのはかなり効果があります。人間の眼って見ているようで脳が無視していることが多いですから。

チェックアウトをして駅に向かい荷物を駅のコインロッカーへ。ホテルの部屋に預かってもらうてもありますが、ちょっとの距離ですがまた戻るのはめんどくさい。金沢駅のコインロッカーは東西二箇所にありますが、どちらも大した数はなく直ぐにいっぱいになってしまいますので要注意。

今日は金沢城下町周遊パスを買うほどではないのですし、また金沢はくると思うのでICaを新規購入。2,000円でデポジット500円を含み実際のチャージ額はおまけがついて1,650円になりこれで北鉄バスに小銭なしで乗れます。

最初はまた兼六園かと思いましがたさすがに芸がないので香林坊で降りて長町武家屋敷へ。ここも何度書きていますが、ふと路地をみると猫ちゃんがいました。


そして、これまでは気付かなかった茶房「似故礼(ニコレ)」というのが武家屋敷の街並みに溶けこんで存在していました。これはきっと、金沢に魅せられた外国人がやっている茶房に違いないと妙な先入観を持って入っていくと、出迎えてくれたのは日本人のおばさんとおばあさんでした。

ここは金沢独特で今ではほとんど見られなくなった赤壁の居間がみられます。話を聞いてみると青や緑もあるそうです。赤といっても落ち着いた赤なので、ケバイというほとのことはありません。ここで、抹茶ソーダを頂いて火照った体を沈めます。

時刻は11時過ぎ。12時55分の空港バスに乗るのでぼちぼち駅に戻って昼食です。

最後の昼食、さすがに海鮮丼ばかり食っていられないので、金沢百番街の麺屋八番で五目あんかけ焼きそばを頂きました。

今年の金沢はいつになく残暑が厳しく、雨が多い街でありますが、降ったり止んだりと変な天気で湿度が非常に高かったのが残念です。しかし、敬老の日の三連休は、兼六園・金沢城ライトアップ、金澤月見光路、KANAZAWA JAZZ STREET、カレー&スィーツ選手権とイベント目白押しです。

ライトアップ、月見光路、JAZZ STREET、美味しいシーフード、また来年も行きたいと思います。

« おじさん金沢一人旅 (2) | トップページ | バタバタとした一週間でした »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おじさん金沢一人旅 (3):

« おじさん金沢一人旅 (2) | トップページ | バタバタとした一週間でした »