マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« おじさん金沢一人旅 (1) | トップページ | おじさん金沢一人旅 (3) »

2011年9月17日 (土)

おじさん金沢一人旅 (2)

朝、起きてカーテンを開けると、なんと雨。

さて、この瞬間から、今日のプランは組み直しです。金沢湯涌江戸村とか行ってみたいと思っていたのですが、すべてリセット。

とりあえず、着替えて朝食へ。朝食は、団体さんで混んでいる&キャパが小さすぎて、別部屋へ案内されるがひとりだけだったりして。隔離されたような(決して変な格好はしていません、念のため)VIP扱いのようなへんな気分ですが、VIPってきっと寂しいんだと妙なところで妙な共感。

どうしようかと思いつつも食事を済ませ、部屋に戻ってMacBook Air+WiMAXでネットにアクセスしながらプランを考えます。とりあえずホテルを出て、昨日同様に金沢城下町周遊パスを買ってバスにのります。橋場まで行って主計町のひがし茶屋街と思っていたのですが、気が変わって兼六園下へ。

300円払って(券があれば当日なら何度でも入園できます)小雨に煙る兼六園へ。晴れているに越したことはないですが、小雨程度ならこれまた風情があっていいです。それが日本庭園のいいところ。雨の兼六園も大雨でない限り意外とおすすめです。観光客も少ないですし。

今まで兼六園は何度も来ていますが、園内の時雨亭には一度も入ったことがありませんでした。煎茶+和菓子で300円、抹茶+生菓子で700円。抹茶が不得手なので前者にしましたが、和菓子がしょぼかったのでやはり後者にすべきでした。でも煎茶は美味しかったです。そこいらのお店の煎茶とは違いました。お茶をいただいてから、縁側に出て庭を眺めます。いいですねぇ、すごーく落ち着いた非日常。忘れていた日本の庭の落ち着きを改めて感じます。兼六園に行ったら是非時雨亭でお茶をすることを勧めます。

兼六園の真弓坂から出て金沢21世紀美術館へ。目的は雨のダレルの部屋。ここは室内なのですが、天井が切り取られて空が風景の一部になっているような部屋なので、室内でありながら中に入ると雨が降っているというとてもシュールな部屋です。でも、ね、このダレルの部屋、とても落ち着くんです。大好きなんですよ、ここ。

お昼はミュージアムカフェのフュージョン21(結構評判がいい)でと思ったのですが、今日はウェディングパーティで貸切で一般客はダメ。あらま。

仕方ないので広坂バス停から武蔵ヶ辻に行き近江町市場へ。食べログで調べてみると、近江町市場のいきいき亭が良さそう。店頭で名前を書いて待ちますが、店内が10席ほどのカウンター席のみなので結構待ちました。でも、美味しいもののためなら待ちますよ。

注文したのはいきいき亭丼1,800円。14種の具が乗っているというもの。シャリの量は自由がききます。シャリを大盛りにしたら、ネタがのりきらないし、シャリを押しつぶすのはよろしくないということで別皿にネタが溢れるほどに乗ってきます。


P1000781

(上の写真をクリックするとFlickrのアルバムに飛びます)

美味い、実に美味い!職人さんもマスターの奥様もとてもユーモラスでおしゃべりが愉快で楽しい方々で楽しい。美味しくて楽しい、こんなお店はなかなかないです。次回、金沢に来たときもここに食べに来ます!きーめたっと。

結構お腹いっぱいになり、主計町まで歩こうと思ったのですが、方向を間違えて彦三長の方に行ってしまいました。途中で気が付きiPhoneのMapFanを頼りに、浅野川沿いを散策がてら歩きながら主計町のひがし茶屋街へ向かいます。ひがし茶屋街をのんびり歩きながら、お店を覗いていると喉がかわいて疲れてきたので、香林坊へ戻るべくバスに乗りました。これで今日は三乗車目。でも、香林坊もイマイチなんで、再びバスで金沢駅まで戻りました。

結局昨日同じGERMAN CAFEへ。今日は、モンブランデニッシュとアイスコーヒー。このモンブランデニッシュは、ケーキのモンブランとしっかりしたデニッシュ生地のパンの組み合わせで、一個で結構お腹にたまります。

エネルギー再充填して、金沢百番街をうろうろ。四十萬谷本舗でぶりあら炊きを買いました。これ、美味しいんです、大好き。

もてなしドームでKANAZAWA JAZZ STREET 2011の一環で生演奏がここでもあったので、座ってしばらく楽しませていただきました。まだお腹がすかない(モンブランデニッシュが効いている)ので一旦ホテルに戻り小休止。

19時半を回ったので、今度はバッグなどはおいてカメラだけもって実質手ぶらで金沢百番街へ戻ります。いろいろ悩んだ挙句、昨日から魚漬けなので肉が食べたい!ということで、有名な旅館・加賀屋のプロデュースによる「やわらかとんかつ わくら」へ。ここで、ロースかつ定食(中サイズ)にオプショションの豚汁をつけました。カツもころもは軽くてサクサクで、肉はとてもやわらかで美味しかったのですが、それ以上に豚汁が最高でした。出汁が実に美味い。こんな美味しい豚汁は初めてです。金沢百番街で私のおすすめは魚菜屋(2号店じゃないほう)の海鮮丼系メニューと、わくらのかつ(定食)+豚汁。特に豚汁は単品で頼んででも頂くべきです。とても美味しい。

さて、さすがにお腹いっぱいになったのでホテルに戻って今日の仕上げをしましょう、シャワーです、お風呂です。

« おじさん金沢一人旅 (1) | トップページ | おじさん金沢一人旅 (3) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おじさん金沢一人旅 (2):

« おじさん金沢一人旅 (1) | トップページ | おじさん金沢一人旅 (3) »