マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の14件の記事

2011年8月28日 (日)

一泊二日の箱根の旅

金曜日から土曜日の一泊二日で、10年ぶりくらいで箱根に行ってきました。今回は妻と二人のゆったり豪華温泉旅行であります。

宿泊先は強羅 花扇です。以前は新宿区の保養施設だったところ、本店の飛騨亭 花扇が買い取って、全面改装して旅館になりました。

全客室が明星岳(大文字山)に向いており送り盆の16日には満室になるとのこと。

今回は写真が多数になるのでflickrのほうにアクセスしてください。

箱根旅行のアルバムとコメントを掲載しています。以下のリンクをクリックするとflickrのサイトが開きます。

http://www.flickr.com/photos/aichanworld/sets/72157627408592355/detail/

2011年8月26日 (金)

久しぶりの夜明け

今朝、4時半頃にマロンに起こされて、ベランダから外をみるとちょうど夜明けの時刻でしたので、防湿庫からEOS 7Dを取り出しました。

そういえば、7Dは久しぶりかもしれません。

一ヶ月前はこの時刻ですでに結構明るかったのに、夜明けはどんどん遅くなり秋へ、そして冬へと向かっているのが体感できます。

今週に入り、昼間はまだ少し暑いですが35度を超えるような酷暑はなくなり、30度を少し超える程度になり、朝晩は涼しくなったので通勤には助かります。

2011年8月21日 (日)

モカチョコレートケーキ

昨日、長野新幹線の車内販売で購入したミカドコーヒーのモカチョコレートケーキですが、本日開封の儀の後いただきました。

Untitled

まずは外装のプラスチックフィルムを取ります。

Untitled

フタを開けるとこんな感じ。

Untitled

中の紙を左右にあけると、密封包装された茶褐色のチョコレートケーキが現れます。

Untitled

カットして頂きます。

ビターな感じで甘さひかえめですが、しっとりとして美味です。ちょっと冷たくするとさらに美味しさが引き立つように思います。

軽井沢の土産物屋で変な菓子(失礼)を買うよりいいかもしれません。ただし、いつも買えるとは限らないのでこれだけを土産として買おうというのはちょっと無謀かも。

軽井沢

軽井沢へ行ってきました。もちろん目的は別荘で週末を過ごすため...

とか、そんなわけはなくて、そもそも平凡なビジネスパーソンとして軽井沢の別荘とか縁があろうはずもなく。

本当の目的は、会社の部下の披露宴への出席です。披露宴そのものはかなり個人的な部分も含みますので割愛しますが、始まったのが17時50分頃でお開きになったのが20時20分頃でした。

夏休みも週末はこの週末をいれてあと二回を残すのみとなり、行きの新幹線(上野15時10分発)は自由席は満席で、指定席もかなり埋まっていました。帰りの新幹線も軽井沢発21時40分の電車から指定席は空席がある感じでそれまでは満席。

私の帰りの新幹線は21時40分のものを「えきねっと」で取って発券済み。それはいいのですが、駅についたのが21時20分ごろで、駅売店などはすでに完璧に閉まっていました。うーん、やはり。

何かおみやげを...と思いつつ何も無いので諦めて新幹線に乗ったら、車内販売のアナウンスで「モカチョコレートケーキ」というのがあり、iPhoneで「長野新幹線」「モカチョコレートケーキ」でググったらなかなか好評そうなブログがたくさんありましたので、Suicaで1,050円で購入。

Untitled

冷やして食べるとおいしいらしいです。

Untitled

「ニャルイザワってにゃんですか?」
「うーん、昔はチョー高級な別荘地、今はかなり俗化したプチ高級な別荘地」
「べっそーってにゃに?」
「セカンドハウスみたいなもんだ、お休みをゆっくり過ごす静かな場所だな」
「マロンは、今のおうちだけで十分満足しているにゃ」
「そりゃ助かる」
「マロンは、パパにゃんにべっそー買ってなんて言わないにゃん」
「いい子だ」
「でも、ママにゃんはいうかも?」
「...」

2011年8月14日 (日)

Macで写真整理

先月末に我が家にMac mini (Core i7, 750GB, 後日8GBメモリに差し替え)が来てからすっかりメインマシンになってしまっています。

MacOSには、デフォルトで写真整理のためのiPhotoがついていますが、これがどうにも使い勝手がよろしくない。とりあえず、間に合わせにWindowsと同じPicasaを入れていますが、これまたイマイチ。所詮、タダソフトはタダ以上でも以下でもないってことです。

やはりここは本家の出番だろうということで、Adobe Lightroom 3です。まずは試用版をAdobeからダウンロードしてインストールします。Blogのアップロードとかにも使うので、透かしを入れる機能が必須なのと、リサイズして簡単にFlickrとかに上げられることが必須なんですが、あるじゃないですか、実に簡単。その上、RAW現像にも対応。まあ、そこは天下のAdobeですからねぇ。

30日間の試用期間終了まではまだまだありますが、オーダーしちゃいました。

レタスの花

8月6日の記事で話題にしたリーフレタスの蕾ですが、あれから一週間でこんなになりました。

 

Untitled
Panasonic DMC-LX5

実際の大きさは、直径数ミリ程度の小さな花です。小さいけど可憐とはいえないかもしれないですが。

 

Untitled
Panasonic DMC-LX5

この写真、これをみて誰がリーフレタスだなんて思うでしょうか。まるでジャックと豆の木の豆の木みたいです(笑)。

 

Untitled
Panasonic DMC-LX5

「暑いニャア、とろけそうニャ」
「ほんと、暑いねぇ」
「暑い間は猫休業中にゃ。またのご来店をお待ちしますにゃ」
「うーん、パパにゃんも涼しくなるまで閉店したいぞぉ」

2011年8月13日 (土)

羽田空港国際線ターミナル

昨日の金曜日、ちょっとした用事があって羽田空港国際線ターミナルに行ってきました。オープンしてから初めてなのでワクワク、ドキドキ。

余談ですが、羽田空港に行くには京浜急行と東京モノレールがあります。JRからの乗り換えは、羽田空港へ行く時はモノレールのほうが改札が隣接していて非常に便利です。しかし、モノレールからJRへの乗り換えは、何故か非常に不便なのです。その点、京浜急行のほうが羽田空港方面からの乗り換えは便利だと思います。

それはともかく初体験の羽田空港国際線ターミナル。もう長らく海外旅行とはご無沙汰、特におじさん海外一人旅は、仕事の関係で半端な時期に10日近くも休むのは無理になってしまっているので非常にご無沙汰しています。で、新しいターミナル、さすがに新しいだけあって広々して綺麗ですねぇ。都心から近いのが羽田空港のイイところです。



iPhone4

ここだけ見ると成田空港第1ターミナルと大差ないです。というか、どこの空港でも皆似たようなものです。ドラスティックに異なるデザインのチェックインカウンターのあるエリアなんてのは難しいでしょうねぇ。ファーストクラスの専用カウンターとかは別ですが。



iPhone4

いいですなぁ、旅心をそそられます。海外旅行はおろか海外出張も近年ご無沙汰しています。国際線に乗りたいかぁ!?乗りたいゾォ!でも面倒だからなぁ、国内線のほうが楽。そういえば、パスポート更新してから一度も使ってませんな。



iPhone4

せっかく行ったので、4Fにある話題の江戸小路を散策してきました。なかなかおしゃれで他の空港には見ない雰囲気です。特に飲食店が非常に充実していますね。物販のほうは羽田空港第1ビルのほうが充実しています。ただ、作りがちょっとおしゃれなので目新しいですが、店舗数と種類から言えばあまり多くないです。成田の第1ターミナルのほうがやはり多い感じ。まだまだ拡張の余地ありという感じでしょうか。ただ、セキュリティチェックを抜けた後のウェイティングゾーンは入れないので資料からしかわかりませんが、成田よりはショップ数は多いようですがブランドショップばっかり。このあたりでは、海外の空港とはポリシーが違うのでしょうか。ニュージーランドのオークランド国際空港などは、入国前の到着客と出国後の出発客が同じエリアを行ったりきたりしていまして、入国前に免税品を買うこともできるんじゃないかと(実際に買えるかどうかわかりませんけど)。また、Sydneyだったと思いますが、到着客用に入国手続き前の免税売店があったりします。日本の空港はこういう楽しみがないから面白く無いですなぁ。



iPhone4

「マロンも、ひこーきに乗ったことあるにゃ」
「そうか、香川生まれだよね」
「うにゃ、一匹だけケージに入れられて寂しくてとても怖かったにゃん、ママとも離れたし」
「今でもママが恋しい?」
「時々にゃ」
「そうか、マロンのママって見てみたいね」
「美猫にゃんよ」
「ほんと?」
「知らにゃい、子猫の頃だったからよく覚えていないにゃ。今は、ママにゃんとパパにゃんがいるので寂しくないにゃ」

2011年8月 7日 (日)

VitaCraft Sofia II

昨日、近所のショッピングセンターでVita Craft ソフィアII 1740という20cmのフライパン、サイズ的にはオムレツパンです。

目的はもちろんオムレツ。たかがオムレツ、されどオムレツでして、中は卵汁が流れ出ない程度にとろり、そとは絹のような滑らかな焼き加減につくるというのは、腕と道具の両方が揃わないと絶対無理だということで、まずは形から(笑)。

26cmくらいの大きさだと小型のオムレツを作るのはやはりちょっとでかい。そんなデカいの作らないですから。安物で1000円切るようなものとは違って、やはり厚手で重量感があります。フライパンはこの厚みと重量感が大事だと思っています。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

さて、このあと、Vita Craft ソフィアII 1740での初オムレツを作ります。どうなりますことやら。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

「ニャタクラフトってにゃにかにゃ」
「フライパンさ」
「マロンはパンは食べないにゃ、カンガルーはパンを食べるらしいにゃ」
「そのパンじゃない、料理に使う道具」
「マロンのご飯に料理は不要にゃ、カリカリとベチョベチョ(ウェットの事)でいいにゃ」
「いや、マロンのご飯じゃなくて人間のご飯を作る道具」
「にゃんだ、マロンは関係ないにゃ、どーでもいいにゃぁ、暑いニャア」

(追記)

卵2個で作ってみました。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

形と仕上がりには腕の問題で難がありますが、焼き上がりの木目の細かさはいいですねぇ、やはり、さすが、Vita Craftです。中もいい感じでとろりとしていました。自分で言うのもなんですが、初めてのフライパンとしては上出来です。

2011年8月 6日 (土)

リーフレタスの蕾

我が家のプランターで育ったリーフレタス...らしいです。



Panasonic DMC-LX5

なんかセイタカアワダチソウみたいですが。

これ本当にレタスっすかぁ、我が家のファマーさん!?
こんなにセが高くなるものでしょうか?

先端をみると、蕾があります。



Panasonic DMC-LX5

どんな花がさくのでしょうか?



Panasonic DMC-LX5

「ニェタスってにゃあに?」
「食べられる葉っぱ」
「マロンは葉っぱにゃんか食べにゃいにゃ」
「食べる猫もいるみたいだけど、マロンは本当に気に入ったキャットフードしか食べないからねぇ」
「当然にゃ、変なモノはたべにゃいから安心するといいにゃ」
「助かるよ、なかには、なんでも食べたがる猫もいるそうなので、そういうのだと油断ならないからな」
「マロンは大丈夫にゃ」
「お前はキャットフードの好みもうるさすぎるし飽きっぽすぎる」
「猫だから飽きっぽいにゃ」

2011年8月 4日 (木)

銀河鉄道999な西武線

本日、所要があって西武池袋線に乗りましたが、ラッキーなことに向かい側のホームに止まったのが、今更ですけど結構有名な銀河鉄道999なラッピングトレイン。



池袋側の車両にはメーテルの顔。



「メーテルぅー」



「鉄郎ぉー」

好きでしたね、アニメ版の999。CSで再放送されたものは録画して全部みました。

おじさん広島一人旅(3)

早いもので最終日になりました。

今日は13:45のエアポートリムジンに乗る予定ですので、午前中はフリーです。どうしようかあれこれ考えましたが、決まらないまま朝食へ。





バフェスタイルの朝食で、昨日とあまりかわりません。ただ、昨日は食べなかった朝カレーをいただきました。任意量のご飯にカボチャなどの温野菜を適宜のっけてカレーソースをかけるスタイルですが、なかなか美味でした。

結局、ご飯を食べて諸々の支度をしつつ、NHKのおひさまを見て日向子ちゃんが助かったに安心して、向かったのが広島城。これで三度目になります。

昔の広島城は原爆で跡形なく破壊されているので、現在のものは再建されたものですが、綺麗なお城です。ここのいいところは、内部が博物館になっていて、毛利氏全盛時代の中国地方の歴史から始まり多くの展示があることです。今回、至る所にシンボルキャラであるモトニャリ(MOTONYARI)というネコキャラがあることです。このキーチェーンでもあれば買おうかと思いましが、絵葉書くらいしかなくて残念。





こちらは今回の宿というか、広島定宿のリーガロイヤル広島です。なんといってもバスセンター隣接、神谷町シャレオ直ぐ近く、八丁堀徒歩圏内という便利さ。JR広島駅近くならグランビアがおすすめですが、観光ならここのほうが便利です。

各地へもJRよりはバスセンターからの高速バスのほうが便利です。市電による移動もなく高速バスで目的地まで行けます。特に錦帯橋などはウルトラチョー便利です。なんせ隣接のバスセンターからバスにのれば錦帯橋のすぐ近くのバス停に止まります。

大和ミュージアムのある呉ならば、クレアラインという高速バスが出ています。もちろん尾道へのバスもあります。ピーク時でも早めに行っていればゆったりと座って高速バスでくつろぎながら目的地まで行けます。これはおすすめであります。





広島城は姫路城のような白城ではなく、黒い城ですが、美しい城です。

城内は近代に再建されたこともあって、エアコンが効いていて快適であります。良し悪しは別として快適なことは間違いなし。ただ、最上層からの眺めが良いのは山の上に立つ岩国城ですね。広島の街は広い平地に広がっているので、その街の様子がわかりますが、行ってみれば景色的にはそれだけです。

さて、広島城を後にして、裁判所の前を通って縮景園のほうに向かいます。結構暑い。縮景園の手前に広島県立美術館があるので、一番入り口が近いところにあったミュージアムショップに入り冷気で体をさまします。売っているものから見て、ちょっと展示も面白そうだし、常設展を見ることに。入館料は県立なので安くて500円。

ですが、常設展はかなり期待はずれでした。うーん、なんだかなぁ。でも、途中に休憩室とか二箇所ほどあって、疲れた足を休めるエリアがあるのは配慮があっていいですね。休憩エリアから隣接した縮景園が見えます。





縮景園へは広島県立美術館経由で入園します。入園料は250円で博物館窓口で券を買い、ロビーはずれにある自動改札から縮景園に出ます。ですが、今日は暑いですし、庭園としては小さなものなのでパス。

ひと通り見学も終えて、お腹がプチすいたので、三階のカフェで一休み。ここで迷ったのが「ナンドック+飲み物」(500円)か、「田舎にぎり+お茶」(550円)です。結局、前者を頼みましたが、普通のホットドックパンではなく、ナンっぽい生地のパンなので結構お腹が満足。ゆったりとした時の流れを感じながら休憩。

ここから、美術館前の広電の電停「縮景園前」から白島線にのります。ここで感動したののですが、やってきた電車が昭和53年に広電に移管された京都市電の電車。実は京都生まれの私にはめっちゃ懐かしく、およそ四十数年前にタイムトラベルした感じ。写真取ればよかったと後から後悔。

ここ(広電のサイト)にある1900型というのがそれです。

懐かしさいっぱいで数分の旅。これだけで今回の広島旅行の甲斐がありました。

八丁堀で乗り換えて、ホテルまで戻ります。最後に荷物をまとめて13:45のエアポートリムジンにのり空港へ。おみやげなどを調達し、さすがにナンドックではお腹がもたないので、3階のレストランROYALで、海の幸スパゲティとドリンクのセット1,400円をいただきました。空港内のファミレスですが、意外なことに結構美味しいのは驚きます。もちろんパスタ専門店などと比べているわけではなく、あくまで空港内レストランという水準で考えると、悪く無いじゃんって感じ。何より、ここは広くてゆっくりできるのがいいです。眺めもいいです。フードコートもありますが、そんなに安くないですし落ち着かなくて、食べログ評価をみるとイマイチみたいなのです。

空港2階の売店のところも少し変わったような気がします。





今回は海沿いを飛んだので、富士山は見えませんが明石海峡大橋がよく見えました。



最後に、綺麗な青空を。



さて、次回はどこに行きましょうか!?

2011年8月 2日 (火)

おじさん広島一人旅(2)

二日目です。

今日の予定は岩国の錦帯橋。まだ観たことないのです。普通に考えるとJR広島から岩国まで行ってそこからバスですが、広島駅よりバスセンターのほうが近い場合は、バスセンターから岩国行きの高速バスで途中の錦帯橋バス停で降りると、錦帯橋がすぐそばなのです。

始発バスは8:45なのでそれに間に合うよう6時に起きて、そうそうに朝食を済ませました。







和洋折衷でたらふくいただきましてお腹いっぱい。また眠気が襲ってきますが、ぐわっと振り払って身支度をしてバスセンターへと向かいます。

そこで錦帯橋までの往復1,600円の券を買います。片道だと900円ですから往復で200円お得ですね。

バスに揺られること50分。高速バスなので実に心地良く寝られます。目が覚めたらまもなく錦帯橋。バス停を降りると本当に目の前に錦帯橋が現れます。

ちなみに渡るのはタダではございません。錦帯橋往復?、ロープウェイ往復、岩国城入館料のセット券が930円也。



老朽化が目立ってきたので2001年から2004年にかけて全面的に架け替えられました。総木造で下からみるとこんな感じ。



工法は橋脚以外は昔のままだそうです。すごいですねぇ、先人の知恵は。







アーチ型の橋が五つ連なっているために、何気に大変でして、気温が高く湿度がとりわけ高いこの日は汗が噴き出てきます。本当に湿度高かったです。ベタベタして気持ち悪いです。

橋を渡ると香川家長屋門といった史跡が右手に、左手には観光客目当ての土産物と食べ物屋があり、なにこれ珍百景に出てきた100種のフレーバーのソフトクリーム屋さんもあります。で、その先に見えるのが吉香公園。








この先に岩国城へと行けるロープウェイがあります。なんと20分毎ということで、タイミングが悪いと糞暑い中を延々待たされます。待っている間も汗が噴き出てきます。定員はさほど多く無いのである程度は並んでないといけないのですが、ならぶ場所というか石段が、樹脂製の波板に囲まれていて温室状態。これはひどいです。冬はいいんでしょうけどねぇ。

ともかく乗ってから3分ほどで頂上へ。ロープウェイですから冷房などあるはずもなく、中も結構暑いんです。扇子を持ってきて大正解でした。



岩国城なのだぁ。結構小さいお城です。4層構造ですね。広島城のほうがずっと立派です。まあ、一国一城の原則ということでわずか9年で放棄させられたのだそうです。



この最上層の展望層からは錦帯橋をはじめとする岩国市内が一望できます。



お昼はどうしようかと思ったのですが、食べログをみても大したところがないので、12時16分の高速バスで広島バスセンターに戻り、紙屋町のあたりで食事することにしました。バスの中で探したお店が「広島 酒呑童子」という居酒屋ですが、ランチには地元サラリーマンの定評があるところだそうです。



いただいたのは本日数量限定のうなぎ玉子丼。800円。



やや汁だくではありましたが、なかなか美味しかったです。また、味噌汁も結構うまい味噌汁でした。さすがに地元サラリーマンが贔屓にするだけのことはあります。観光客なんざぁ入っていません、みなさん、地元のサラリーマンやおじさんばかり。女性客も結構いました。

遅めのお昼でしたが、お腹も一杯になったので、宇品近くにあるゆめタウン広島に行ってみることに。おそらく市内中心部あたりでは最大のショッピングモールでしょうか。

ここで買ったのが我が家の大好物のふりかけ「旅行の友」。以前は新宿の広島のアンテナショップで買えたと思うのですがなくなっちゃった。でも、どこかのダイソーで見た記憶もあります。



そして、関東では絶対に売っていない逸品。



白あん入りめろんぱん、クリーム入りめろんぱん。昔懐かしいのは当然白あんのほう。ホテルの部屋でひとつ頂きましたが、うわー、幼少の頃が蘇ります。とても懐かしい味でした。白あんぱんと甘みを抑えたメロンパンを一緒に食べると多分こんな感じです。でも、普通のメロンパン(サンライズ)ほど外側はあまくないです。

いやぁ、来てよかった(爆笑)。

部屋でメロンパン(白あん入り)を堪能してブログを書きながら(今回はWiMAXのモバイルWifiルーターとMacBook Airを持ってきていますので、ほとんど自宅そのままの環境が使えます)、まったりしているとぼちぼち晩ご飯の時間。

食べたばかりなのに時間が来るとお腹が減るのが旅のいいところでもあり、悪いところでもあります。

夕食は何にするか?もちろんお好み焼き!昨日休みだったお好み村の新ちゃんへいざ行かん。ところが、行ってみると、普通の客層とは明らかに違う団体が占拠していました。どうやらアジア系の旅行客の親子連れ団体さんらしいです。一杯なら仕方ないので、やはりお好み村でセカンドチョイスの桃太郎へ。以前も入ったことがありますが、まあ、普通の広島焼きではありますが、ソースの甘みがちょっと押さえ気味なのがおとなの味。

お酒はほとんど飲まない人ですが、さすがにこれだけ蒸し暑いとビールの一杯くらい飲みたくなります。生ビール小420円とそば玉735円を頼みました。





さすがに満腹。広島焼きはボリュームたっぷりですが、そのボリュームの半分はキャベツとモヤシといった野菜です。後は少量の生地と中華蕎麦、玉子に豚肉です。これだけで緑黄色野菜以外は結構いいバランスしています。だから?好きなんです。いや、美味しいので好きです。お好み焼きもうまかったけど、最初のビールの一口がうまかったァ。蒸し暑い時にはビールが美味い、と、ほとんど飲まない私ですら思います。

さて、二日目も無事終了。明日は空港でお土産を買うので、ちょっと早めに空港に行くことにしますが、それでも午前中はフリーです。朝食はホテル(朝食付き)でとるとして、お昼はそごう本館地下にあるケーニヒスクローネの喫茶で、お茶とケーキか軽食と決めています。ケーニヒスクローネのティールームは関東には存在しません、売店だけ。神戸本店にはあるそうですが、他ではめずらしいようでそごう広島に北からケーニヒスクローネでお茶でしょう。これだけでは軽いですが、空港でお土産を買ってバッグに詰めて荷物を預けたあと、空港のレストランでラーメンです。ここのラーメンはなんというか「中華そば」の雰囲気がもりもりしていて好きなんです。

ニューフェース

ニューフェースです。



名前は...えと、えと、えと、そのう、あのう...。

わかりません。

って、実は我が家の2匹目じゃないです。

錦帯橋のそばの売店にいたニャンコちゃん。
人なれしているらしくて、近寄っても警戒感は高まりますが、微動だにしません。

「にゃんだ、オマエは?かすかにニャンコ臭がするにゃん」
「そりゃ、そうだろう、猫飼っているから」
「お、お、オマエは、あたちを連れに来たにょか?」
「んな、わけはない、単なるかんこーきゃく」
「しょうにゃのか、あんしんしたにゃ。とっととあっちへいけにゃ」
「はい、はい。」

2011年8月 1日 (月)

おじさん広島一人旅(1)

広島にはプライベートでは、一人で一回、家族で二回遊びに来ていますが、今回は二度目のおじさん広島一人旅です。

羽田から広島までは空路JAL便で離陸してから着陸するまでの実質飛行時間は1時間ですが、自宅から広島市内までだと空港での待ち時間・予備時間も入れると5時間かかります。広島空港も市内までは1時間ほどかかりますから結構遠いです。

4度目なので結構勝手も分かっています。ホテルに着いたら荷物を預けてまずは昼食。本当はお好み村の新ちゃんを狙っていたのですが、残念ながら月曜定休。そこで次の選択は、お好み村斜め向かいの元祖へんくつや。



こちらで豚玉そば750円を頂きました。お好み焼きは全国にいろいろあるようですが、私は関東風より大阪風より、なんといっても野菜たっぷりの広島風が大好きです。広島風と関東や大阪風って全く別物です。

初日ということで、午後一杯はあるので、手近なところで呉の大和ミュージアムへ再訪しました。乗った電車は呉線の安芸路ライナーですが、名前の割に電車はクラシックです。なんとかライナーというと首都圏では結構新しいきれいな特急型車両を想起しますが、なんと103系でした。え?って感じ。昔中央線を走っていた全体がオレンジ色の電車、あれの仲間ですな。

呉からゆめタウンを通って辿りつくのが大和ミュージアム。





美しい船ですね、大和。戦艦という悲しい運命のもとに生まれたのですが、それが故に非常に美しい。世界でも一番美しい戦艦じゃないかと今でも思います。この大和は1/10スケールのモデルです。1/10でも相当というかかなりでかい。



手前に居る人と比べるとわかります。24mm相当の広角レンズで撮っているので後ろが小さく見えてしまいますが、それを割り引いてもでかいです。



宇宙戦艦ヤマトでは、そっくりそのまま綺麗に沈んでいることになっていますが、実際には第1砲塔の弾薬庫の誘爆により真っ二つに折れて沈んでいるのです。



中央部、建造直後にはこんなに沢山の対空機関砲は装備されていませんでした。何度かの改装を経て、最後の姿が大和ミュージアムにある姿であり、プラモデルとかになっている姿です。

道路をはさんで向かいにあるのがてつのくじら館こと海上自衛隊呉資料館です。大和ミュージアムは500円の入場料がかかりますが、こちらは海上自衛隊の広報施設なので無料です。







全長76.2mの海上自衛隊潜水艦あきしおの実物が展示されています。一部ですが中にも入れます。せまーい居住区も体験することができます。戦争映画ではアメリカの潜水艦の中は狭く写っていますが、実機はそれ以上狭いです。驚くほど狭い。



操舵席というかコックピットです。潜水艦ですから当然窓とかありません。全ては計器だけが頼りです。



艦橋を見上げるとこんな感じです。カッコイイですなぁ。

こうやって歩いて回って、帰りもJRと思うでしょうが違います。帰りは呉駅前から広島バスセンターに高速バス(クレアライン)が出ていますのでそれに乗ります。八丁堀のあたりに戻るには、広電に乗る時間などを考えると、高速バスのほうがはるかにらくちんであります。ちなみに運賃はJR480円+広電150円ですが、高速バスは700円と微妙に高いですが、らくちんさは比較になりません。滞在ホテルが広島駅付近ではなくて中心部でバスセンターまで徒歩圏ならおすすめします。

ホテルに戻ってチェックインしてから、本通りのアーケードをウィンドウショッピング。途中夢ぷらざ(以前は新宿にもありましたが新宿が閉店となりました)で、醤油風味ごまを購入。ごまですが、ふりかけとして非常に美味いです。

さて、晩ご飯。食べログで調べたお店、蘭担麺へ。カウンターだけのちいさなお店ですが、小奇麗で女性一人でも安心して入れるお店ですね。毎月1日は蘭担麺500円が半額になります。あまりにも喉が乾いたので、蘭担麺(並)と、生ビール380円、そしてチャーシュー丼(小)300円を注文。



上がチャーシュー丼(小)、下が汁なし坦々麺の蘭担麺(並)。



蘭担麺は汁なし坦々麺でして、写真のようなものが出されるのでこれをよーくよーく混ぜていただきます。これが、美味い、実に美味い。坦々麺といってもあまり辛くないです。いや、でも、うまいわ、これ。以上のメニューで930円なりと実にお得でした。

ところで、呉市内のスーパーで見つけたのがこれ。



関西生まれの私に言わせると、これこそメロンパンです。中に白あんが入っていてラグビーボールを縦に切ったような形。いわゆる普通のメロンパンは、サンライズっていうんです。西日本(全部かどうか知りません)だと、普通のメロンパンもありますが、メロンパンをサンライズといって売っている店は非常に多いですね。ああ、懐かしい。

#写真に使ったカメラは、
# Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7
# Panasonic LUMIX DMC-LX5
# iPhone4
です。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »