マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ニューフェース | トップページ | おじさん広島一人旅(3) »

2011年8月 2日 (火)

おじさん広島一人旅(2)

二日目です。

今日の予定は岩国の錦帯橋。まだ観たことないのです。普通に考えるとJR広島から岩国まで行ってそこからバスですが、広島駅よりバスセンターのほうが近い場合は、バスセンターから岩国行きの高速バスで途中の錦帯橋バス停で降りると、錦帯橋がすぐそばなのです。

始発バスは8:45なのでそれに間に合うよう6時に起きて、そうそうに朝食を済ませました。







和洋折衷でたらふくいただきましてお腹いっぱい。また眠気が襲ってきますが、ぐわっと振り払って身支度をしてバスセンターへと向かいます。

そこで錦帯橋までの往復1,600円の券を買います。片道だと900円ですから往復で200円お得ですね。

バスに揺られること50分。高速バスなので実に心地良く寝られます。目が覚めたらまもなく錦帯橋。バス停を降りると本当に目の前に錦帯橋が現れます。

ちなみに渡るのはタダではございません。錦帯橋往復?、ロープウェイ往復、岩国城入館料のセット券が930円也。



老朽化が目立ってきたので2001年から2004年にかけて全面的に架け替えられました。総木造で下からみるとこんな感じ。



工法は橋脚以外は昔のままだそうです。すごいですねぇ、先人の知恵は。







アーチ型の橋が五つ連なっているために、何気に大変でして、気温が高く湿度がとりわけ高いこの日は汗が噴き出てきます。本当に湿度高かったです。ベタベタして気持ち悪いです。

橋を渡ると香川家長屋門といった史跡が右手に、左手には観光客目当ての土産物と食べ物屋があり、なにこれ珍百景に出てきた100種のフレーバーのソフトクリーム屋さんもあります。で、その先に見えるのが吉香公園。








この先に岩国城へと行けるロープウェイがあります。なんと20分毎ということで、タイミングが悪いと糞暑い中を延々待たされます。待っている間も汗が噴き出てきます。定員はさほど多く無いのである程度は並んでないといけないのですが、ならぶ場所というか石段が、樹脂製の波板に囲まれていて温室状態。これはひどいです。冬はいいんでしょうけどねぇ。

ともかく乗ってから3分ほどで頂上へ。ロープウェイですから冷房などあるはずもなく、中も結構暑いんです。扇子を持ってきて大正解でした。



岩国城なのだぁ。結構小さいお城です。4層構造ですね。広島城のほうがずっと立派です。まあ、一国一城の原則ということでわずか9年で放棄させられたのだそうです。



この最上層の展望層からは錦帯橋をはじめとする岩国市内が一望できます。



お昼はどうしようかと思ったのですが、食べログをみても大したところがないので、12時16分の高速バスで広島バスセンターに戻り、紙屋町のあたりで食事することにしました。バスの中で探したお店が「広島 酒呑童子」という居酒屋ですが、ランチには地元サラリーマンの定評があるところだそうです。



いただいたのは本日数量限定のうなぎ玉子丼。800円。



やや汁だくではありましたが、なかなか美味しかったです。また、味噌汁も結構うまい味噌汁でした。さすがに地元サラリーマンが贔屓にするだけのことはあります。観光客なんざぁ入っていません、みなさん、地元のサラリーマンやおじさんばかり。女性客も結構いました。

遅めのお昼でしたが、お腹も一杯になったので、宇品近くにあるゆめタウン広島に行ってみることに。おそらく市内中心部あたりでは最大のショッピングモールでしょうか。

ここで買ったのが我が家の大好物のふりかけ「旅行の友」。以前は新宿の広島のアンテナショップで買えたと思うのですがなくなっちゃった。でも、どこかのダイソーで見た記憶もあります。



そして、関東では絶対に売っていない逸品。



白あん入りめろんぱん、クリーム入りめろんぱん。昔懐かしいのは当然白あんのほう。ホテルの部屋でひとつ頂きましたが、うわー、幼少の頃が蘇ります。とても懐かしい味でした。白あんぱんと甘みを抑えたメロンパンを一緒に食べると多分こんな感じです。でも、普通のメロンパン(サンライズ)ほど外側はあまくないです。

いやぁ、来てよかった(爆笑)。

部屋でメロンパン(白あん入り)を堪能してブログを書きながら(今回はWiMAXのモバイルWifiルーターとMacBook Airを持ってきていますので、ほとんど自宅そのままの環境が使えます)、まったりしているとぼちぼち晩ご飯の時間。

食べたばかりなのに時間が来るとお腹が減るのが旅のいいところでもあり、悪いところでもあります。

夕食は何にするか?もちろんお好み焼き!昨日休みだったお好み村の新ちゃんへいざ行かん。ところが、行ってみると、普通の客層とは明らかに違う団体が占拠していました。どうやらアジア系の旅行客の親子連れ団体さんらしいです。一杯なら仕方ないので、やはりお好み村でセカンドチョイスの桃太郎へ。以前も入ったことがありますが、まあ、普通の広島焼きではありますが、ソースの甘みがちょっと押さえ気味なのがおとなの味。

お酒はほとんど飲まない人ですが、さすがにこれだけ蒸し暑いとビールの一杯くらい飲みたくなります。生ビール小420円とそば玉735円を頼みました。





さすがに満腹。広島焼きはボリュームたっぷりですが、そのボリュームの半分はキャベツとモヤシといった野菜です。後は少量の生地と中華蕎麦、玉子に豚肉です。これだけで緑黄色野菜以外は結構いいバランスしています。だから?好きなんです。いや、美味しいので好きです。お好み焼きもうまかったけど、最初のビールの一口がうまかったァ。蒸し暑い時にはビールが美味い、と、ほとんど飲まない私ですら思います。

さて、二日目も無事終了。明日は空港でお土産を買うので、ちょっと早めに空港に行くことにしますが、それでも午前中はフリーです。朝食はホテル(朝食付き)でとるとして、お昼はそごう本館地下にあるケーニヒスクローネの喫茶で、お茶とケーキか軽食と決めています。ケーニヒスクローネのティールームは関東には存在しません、売店だけ。神戸本店にはあるそうですが、他ではめずらしいようでそごう広島に北からケーニヒスクローネでお茶でしょう。これだけでは軽いですが、空港でお土産を買ってバッグに詰めて荷物を預けたあと、空港のレストランでラーメンです。ここのラーメンはなんというか「中華そば」の雰囲気がもりもりしていて好きなんです。

« ニューフェース | トップページ | おじさん広島一人旅(3) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おじさん広島一人旅(2):

« ニューフェース | トップページ | おじさん広島一人旅(3) »