マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の20件の記事

2011年7月31日 (日)

チキンと夏野菜のトマトソース煮

週末日曜日の今日は、久しぶりに私がメインディッシュを作りました。この時期はトマト、ナスが旬ですね。そこでチキンと夏野菜のトマトソース煮です。

ライティングもへったくれもなくとりあえず撮ったので写りが悪いですが、出来上がりがこんな感じです。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

僭越ながら簡単に作り方を。どちらかというと家族へのメモみたいなものですが。

鶏もも肉2枚は皮をつけたまま、手頃な大きさに切って、バットに皮を上にして並べます。そして塩・胡椒を適当にふってしばらく置きます。

フライパンにオリーブオイルをひいて温め、鶏肉を皮を下にしてびっしりと並べます。鶏肉2枚あればフライパンにびっしりになります。多すぎると思うかもしれませんが、火が通ると縮むので丁度よい量です。

皮が黄金色になるまでじっくりと焼き、手頃なところで鶏肉をひっくり返し反対側も火を通します。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

みじん切りにした玉ねぎ1/2個と、ニンニク(面倒なのでチューブ入りでいいです)を上の写真の状態の中に入れます。鶏肉を適当に動かして玉ねぎが鶏肉の隙間に埋まるくらいにします。白ワイン1/4カップを注いで少し煮立てます。

カットトマトの缶詰1缶の中身とカップ1杯程度の水を入れて、固形のコンソメの素を2つ入れて10分ほど煮ます。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

さいの目に切ったナス2個とピーマン1個を別のフライパンでオリーブオイルで炒めたものを、煮立っている鶏肉のフライパンに入れます。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

この状態でさらに10分〜15分ほど煮ると、トマト臭さが消えていい感じになり、鶏肉がすっかり柔らかくなります。最後にバジルをふりかけてざっと混ぜて出来上がり。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

HUMUHUMUNUKUNUKUAPUAA、MacOS Lionなど

今日のタイトル、ハワイ好きな人なら知っているはず。ハワイ語なのでそのままローマ字読みすれば正しい発音になります。フムフムヌクヌクアプアアです。

これ、魚の名前でして、下の写真は以前マウイで買ったお気に入りのTシャツです。

ハワイ語でフムフムヌクヌクアプアアといいますが、ブーブーと無く魚といった意味だそうですが、捕まえるとブーブーと鳴くとこからきたのだそうで、正式にはタスキモンガラというフグの親戚の魚だそうです。どういう魚かは、フムフムヌクヌクアプアアでGoogle画像検索するとたくさん出来ています。実にトロピカルなカラーの魚であります。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

私は休日でも6時前に起きていまして、コーヒーを飲みながらこうやってブログを書いたりしてまったりとした時間を過ごすのが今年に入ってからの休日朝の過ごし方になっています。先日まではMacBook Airをダイニングテーブルで使っていましたが、今日からはお気に入りのチェア(SANWA SUPPLY 100−SNC032BK、先日の記事参照)に座ってMac miniで、radikoを聞きながら過ごしています。

余談ですが、従来のSnow LeopardのSPACESとExposéを合わせたような、LionでのMission Controlは賛否両論なようです。ですが、しかーし、MacBook AirやMacBook ProといったTrackpad搭載のノート、デスクトップでも私のようにMagic Trackpadを使う人には恐ろしく使い勝手がいいですね。

Magic Mouseとかでやるとどうなるかわかりませんが、4本の指をフルに使ったジェスチャーでウィンドウをコントロールできるのは楽ですね。iPhoneやiPadになれていると違和感が非常に少ないです。

これに慣れちゃうとWindows 7のGUIのかったるいこと。以前からExposéがWindowsでもほしいって声はたくさんあると聞きますが、Magic TrackpadとMission ControlがWindowsでも使えればって思いますよね。

まあ、でも無理してWindowsを使うことはないです。実際問題、私の場合はですが、自宅で使う範囲においてはWindowsでないと出来ないことはあまり多くはありません。ゼロではありませんが多くありません。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

「フムフムヌクヌクアプアアってにゃんだ?」
「ハワイの海にいるお魚だよ」
「にゃがいニャマエだにゃ」
「その点マロンの名前はマロンって短くていいね」
「うにゃ」
「でも短すぎるから、いっそ、寿限無寿限無五劫の擦り切れ海砂利水魚の水行末雲来末風来末食う寝るところに住むところやぶら小路のぶら小路パイポパイポパイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命のマロン、ってのはどうかな?」
「パパにゃん、マロン、おこるにゃん!バリッ」
「イテッ、冗談だ、冗談」
「フゥー!!!!!」
「わ、わかった、許せ」



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

そんな、寿限無じゃないマロンは、パパニャンがまったり過ごすのと同様に、朝のうちはこうやってベランダの掃き出し窓でまったりと過ごすのが大好きです。

2011年7月30日 (土)

Mac mini

20日にApple StoreにCTO(カスタマイズ構成)で注文したMac miniが金曜日に到着しました。

システム構成
•2.7GHz Dual-Core Intel Core i7
•4GB 1333MHz DDR3 SDRAM - 2x2GB
•750GB Serial ATA Drive @ 7200 rpm

これにApple Magic TrackpadとApple HDMIケーブル、AirMac Expressを加えました。キーボードはiPad用にと思って買ったApple Wireless Keyboardを持っていますので不要です。AirMacは、すでにWifiルーターを持っているので、絶対必要というわけではないのですが、Wake on Demand (Wake on LANとは違います)を使うためにはAirMacベースステーションが必要なので安い方のExpressを買いました。

パソコンが入っているとは思えないコンパクトな箱です。どう比べてもノートPCよりずっと小さな箱です。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

輸送用のダンボールから取り出すと化粧箱は、例によって真っ白のApple化粧箱。実に小さな箱です。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

内容物も実にシンプルで最低限の説明書と、電源ケーブルとDVIアダプタだけ。つまりマウスとかキーボードとか雑多なものは必要に応じて買ってくださいなということです。無駄がなくて私はこれでいいと思います。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

私自身はMobileMeのアカウントを持っていますので、最低限の移行は実に簡単でしたが、MacBook Airからの移行アシスタントを使えば、データやアプリごと引っ越してくれましす。Lionになって不都合なアプリがある可能性はありますが、まんま何も考えずに移行できるのは実に便利。この簡単さがMacOSの良さだと思います。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

「Mac買ったにゃんね?」
「そーだよ」
「今までのWindowsはマロンにくれるにゃんか?」
「まさか」
「にゃーん」
「ネコに小判、ネコにパソコン」
「うにゃ、んべんべ、ナメるニャ」
「美味しくないぞ」
「わかったにゃん、パパニャン、ごはんちょーだい!」

2011年7月24日 (日)

新しいチェア SANWA SUPPLY 100-SNC032BK

4年前に今のマンションに引っ越すときに、自分用のチェアを買いました。いわゆる社長椅子といいますか、プレジデントチェアです。ですが、座り心地がイマイチなのと、肘掛けのクッションがすっかりへしゃげてしまっているので、この際ってことで買い換えました。何より革製なんで暑っ苦しくて通気性にかけるのが難点です。

買い替えに当たっては最近流行のメッシュチェアも検討しましたが、マロンの爪がひっかかって傷められる可能性が高いのと、人がいないときに引っかかって抜けなくなるのも困ります。以前、現在使用中のミッドタワーのフロンベゼルの細かい穴に爪を引っ掛けてしまい取れなくなって、家族で大騒ぎしながらマロンを押さえてフロントベゼルを外して少しずつ爪を痛めないように外した記憶がありますので、メッシュは却下です。で、皮革も却下。

それで目についたがのこれです。もとのチェアもこの手のものとしては安いほうなんですが、買い換えたチェアも負けず劣らず安いです。ただし、標準のキャスターはナイロンキャスターでフローリングにはよろしくないので、硬質ゴムキャスターに交換しています。

組立式で所要時間は30分ほどです。幸い昨日は涼しかったですが、真夏の暑い日にやると汗だくになること確実です。

ロッキングとリクライニングは固定でき、最大145度の角度まで倒せますので昼寝できます。記事はファブリックなので、皮革ほどの耐久性は望めませんが、別に10年とか使おうとは思わないので、短期的に快適なほうがいいです。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

ソファのようなふかふかっぽい外観です。ヘッドレストのクッションは非常にソフトで心地いいです。背中も比較的柔らかめであたりがよく気持ちいいです。座面は見た目ほどは柔らかくなく、さりとて硬すぎず適度なフカフカ感があっていい感じ。ただ、座面の高さが高めなので靴を履いていない室内だと一番下に下げても床からかかとが浮いちゃいます。短足?足台代わりにPCラックの足に自分の足を載せるとちょうどいい感じ。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

リクライニングとロッキングをフルに後ろに倒して固定するとこんな感じ。完璧に昼寝できます。オフィスチェアは前傾姿勢用が普通ですが、家でリラックスするのが主な目的なんで後傾姿勢用のリラックスチェアです。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

リクライニングを戻した状態です。

クッションは椅子本体の合皮部に普通の合皮チェアのようにクッションが入っています。その上に、さらに柔らかめの長座布団のようなクッションを縫いつけてふかふか感を醸し出しています。基本はちょっと固めのクッションの上に、ソフトなクッションを付けたダブルクッションなので座り心地は値段の割にはかなりいいほうではないでしょうか。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

「パパにゃん、新しいチェアにゃんね」
「そうだよ、いいでしょう」
「マロンも乗っていいかにゃ?」
「乗ってもいいけど、爪をたてるなよ」
「いやにゃん、そのふかふかの上でバリバリするにゃ」
「だめーーーーーーー!」

大丈夫です、マロンはフカフカが嫌いなんで。

2011年7月23日 (土)

new Mac mini

待ちに待ったMac miniのmid 2011モデルがようやく出ました。Appleの情報管理は本当に厳重で、出すぞ〜というオフィシャルな情報は発売当日までわからないなんてザラです。そのかわり、それまでにApple Storeを中心とした販売準備体制は十分に整っていて、発表当日にApple Storeに出向けばCTOモデル以外はお持ち帰りできるのものいいところです。

さて、待ちに待ったということで、発表=発売当日に即発注しました。

2.7GHz Dual-Core Intel Core
4GB 1333MHz DDR3 SDRAM - 2x2GB
750GB Serial ATA Drive @ 7200 rpm
AMD Radeon HD 6630Mグラフィックプロセッサ(256MB GDDR5メモリ)

という構成の、世間で言う松、竹の竹モデルのカスタマイズです。Mac miniで自分で変えるのが困難なCPUとハードディスクは最上級を奢りました。

同時に頼んだのが、

Apple HDMIケーブル
Magic Trackpad

です。

発注した翌日には、小物二つだけが先に到着。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

床において写真を撮ろうとすると、やじ猫様がお出まし遊ばされました。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

「また何か買ったにゃんね」
「うん、AppleのMac miniだよ」
「それはどこにあるにゃ?」
「まだ中国かなぁ」
「にゃに?パパにゃんはチューゴクから買ったにゃんか?それは偽物かもしれないにゃん」
「それはありえないよ、Appleの工場が中国だってだけで」
「にゃん、油断禁物、偽Apple Storeもあるらしいにゃ(*)」
「マロンは博学だねぇ」
「うにゃ、頭いいニャン、パパにゃんの言葉もわかるにゃん、でも悔しいけどにゃんげん語が話せないにゃ」
「まあ、まあ、私も猫語が話せないからお互い様」
「でも、パパにゃんは猫語が理解出来ないにゃ、ということは、パパにゃんのほうが頭が悪いにゃ」
「......」

(*) http://japanese.engadget.com/2011/07/20/fake-apple-store/

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパン、優勝!ワールドチャンピオンに!

女子サッカーのなでしこジャパン、先ほど延長戦後のPKの結果、アメリカをおさえてついにワールドチャンピオンの座に輝きました。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 20mm/F1.7

「ニャデシコニャパン、世界一にゃんか?」
「そうだよ、それって、とってもすごーいことだぞ」
「人間の日本女性ってすごいパワーにゃんね、男も負けてちゃいけないにゃ」
「そうだねぇ、男子のほうも世界一の座を握ってほしいね」
「うにゃ、マロンも応援するにゃ」

2011年7月17日 (日)

夜明け

今日の日の出は、国立天文台によれば、東京では4時37分でした。

そして、この写真は今朝の4時23分の東の空。



OLYMPUS PEN Lite E-PL2, LUMIX G 20mm/1.7 アートフィルター使用

アートフィルターを使っているというのはありますが、綺麗な夜明けでした。

今日も一日暑そうな天気です。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 14mm/F2.5

「いやにゃんねぇ、今日も暑そうな一日にゃん」
「まあ、夏は暑いものだ」
「マロンは夏も、冬も嫌いにゃ」
「たしかに、暑さ寒さに弱いからなぁ」
「うにゃ」
「その上、エアコンも暖房も嫌いときたもんだ」
「うにゃ、省エネでエコなネコにゃん」
「おお、韻を踏んでいるな、エコなネコか」
「エコ猫にゃ」

2011年7月16日 (土)

今宵の月

昼間は暑いですが、夜になると風も心地良く実に気持ちがいいです。なんだか秋も近いのではないかと勘違いしてしまいそうです。

早朝は西の空にあった月が、今は東の空に輝いていました。



Panasonic LUMIX DMC-GH1, LUMIX G VARIO 45-200mm/F4−5.6

理屈では分かっていても、やはり神秘です。

省電力PC

この夏の電力供給不足で、今まではあまり気にしなかった身の回りの電気製品の消費電力を気にするようになった人も多いと思います。とはいえ、LED電球にあらずんば省電力にあらずみたいな、商魂たくましいメーカーに踊らされるのもどうかと思います。コストを考えると全光束が同じなら電球型蛍光灯とLED電球では消費電力に大差はないので、そのあたりもよく考えるべきですね。

さて、PCの消費電飾は?ってことで、ワットモニターで自宅のメインPC(ショップのBTOでCPUはCore i7 860 2.8GHz) とMacBook Airで測ってみました。

まずはメインPCのほうです。

・電源OFF状態では1.2W
・休止状態では1.0W
・スリープ状態では2.2W
・BOOT中は最高190W
・BOOT後の定常状態では97W
・FireFoxでニュースサイトを次々クリックしていると130〜150W

では、MacBook Airはといえばこんな感じ。

・充電始まり時点(本体は電源オンで定常状態)では28W
・充電始まり時点(本体はスリープ)では12W、充電が進んでゆくと5W程度
・充電完了後の電源オンでは10〜15W
・充電完了後のスリープでは0.7W

かなり省電力ですね。

待ち遠しいのが新しいMac miniです。でたら買うつもりですが、これがなかなか出てこない。ちなみに2010年モデルでは、稼動時で上記MacBook Airの二倍程度のようです。

朝の4時半

マロンが、トイレに入るから〜とニャゴニャゴ起こされた(マロンは、多くの場合トイレの前には鳴いて教えてくれる賢い猫ちゃんです)のが4時半前。見事に◯◯◯をなさいまして、後始末をしたあとベランダに出てみたら隣のマンションの屋上に、これまた見事なお月様。

急いで、防湿庫から望遠ズームレンズを取り出しパチリ。



Panasonic LUMIX DMC-GH1, LUMIX G VARIO 45-200mm/F4−5.6

マロン、夏は冷蔵庫で冷えているウェットが大好物です。冷製猫缶であります。猫って冷たいの嫌いかと思っていたのですが、夏に限ってはよく冷えているウェットをよく食べます。マロンの好むウェットは総合食じゃなくて一般食のほうなので、おやつ程度にしかあげませんけど、でも、冷蔵庫を開けるとすっ飛んできます。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 14mm/F2.5

「夏はこれに限るにゃん、チメたーいのがうまいにゃ」
「冬は?」
「電子レンジで温めてほしいにゃん」
「まあ、そうだろうな、夏は冷たいのがいいのね」
「冷たいの好きにゃ」
「猫って冷たいの食べるんだ」
「うにゃ、夏限定にゃ」

2011年7月10日 (日)

ピークカットと節電

今年の日本、とりわけ関東地方と東北地方では右を向いても左を向いても節電節電。駅も照明は暗くて視力障害のある方には大変危険な状態になっているそうです。

私の通っているジムでも節電は進んでいますが、さすがにエアコンで設定温度を28度とかにすると、室内熱中症患者続出必須なので、エアコンはもう少し低め(例年より高め)になっていて、そのかわりやたら暗いです。

ジムの場合、トレッドミルとかは電気を使いますが、フリーウェイトやほとんどの筋トレマシンは電源不要で人力のみあればOKという超省エネです。薄暗くても何を読むわけでもないので、ウォークマンでpodcastのニュースとか英語番組とか聞きながら筋トレに励むと、意外にも頭によく入ります。そうなんです、ジムで筋トレをしているときは頭は休憩中でもったいないですから使ってやりましょう。英語の勉強とかも結構いいです。ただし使えるのは耳だけです。見るとか読むはダメです。

閑話休題。今年の夏に必要なのはピークカットでありまして、全面的な24時間の節電ではありません。もちろん、地震以前からECOの観点、地球温暖化防止の観点からは節電は非常に重要なんですが、短期的にはピークカットです。ですから、重要なのは電気の余る夜間に節電することではなくて、ピーク時の特に午後にエアコンを止めたりすることですから、寝苦しい夜にはエアコンをつけたっていいんです。難しいところではありますが、ちょっと誤解があるような気がしてしかたないですし、また、時間帯を問わず節電しないのは非国民・国賊的な風潮が出てきつつあるのも、いかにも日本人の気味悪いところで、イヤな感じがします。

オフィスビルは窓がハメ殺しなので、エアコンは切れませんが、家庭なら切ることは可能です。特に今日のように湿度が低めで風がある日は、エアコンを切っていても扇風機だけでかなり快適になります。オフィスビルはもちろん大型マンションなどでは、もっと地中熱利用冷暖房が導入されてもいいはずです。初期コストは高いようですが、使用電力が少ないことと、冷房時の排熱を大気中に出さないためヒートアイランド現象の防止にもなりますから、将来的にはもっと普及するのではないかと思います。

さて、ニゴキル運動なんてのがあるそうで、ピークの2時から5時までエアコンを切ってしまおうという運動です。もちろん、生活環境などにより切ってしまうと熱中症の危険があるような場合は別です。昨年ほどの激暑ではない予報ですが、平年よりは暑いといわれています。

休みの日には汗をかきましょう。汗をかかない生活をしていると体温調節機能がうまくは足らなくなります。ジムで運動して汗を流す、早朝とか夕方涼しくなってからランニングなんてのもいいですね。有酸素運動と無酸素運動をうまく組み合わせましょう。うまく汗をかくことのできる体をつくっておくのも重要な暑さ対策ですね。

話は飛びまくりますが、テレビでもよく見るのがジャケット(ブレーザーじゃなくてスーツの上着みたいなやつ)+ノーネクタイの姿。これってどうよと思います。ジャケットはネクタイあってこそきちんと見栄えがします。そんな半端な格好をするなら、半袖シャツにネクタイをしめるほうがずっと涼しいですし、見栄えもしますよ。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 14mm/F2.5

マロンは省電力な生物です。エアコンが嫌い、扇風機もきらい。

真夏です!

今日は実にいい天気でした。湿度も50%程度とお手頃で風も適度にあります。日中、日向にいると焼けるように暑いですが、木陰に入ると涼しいという、我が懐かしきラハイナのような天気です。



OLYMPUS PEN Lite E-PL2, LUMIX G 20mm/1.7 アートフィルター使用

アートフィルターをポップアートでかけて、今日の青空を撮ってみましたが、このような空だとアートフィルターの効果はあまり感じません(笑)。なくても、ポップアートのように写りますから。

このような天気だとE-1で素晴らしかったオリンパスブルーが懐かしくなりますね。コダックのCCDの色なんでしょうけど、なかなか良いカメラでした。

GF2のタッチパネルはなかなかいいです

昨日はとても暑い一日でしたが、夜になるとひんやり風が出てきてとても気持よかったですね。

我が家は、今のところリビングのエアコンはまだ付けていません。ベッドルームのエアコンも送風は何度かしていますが、冷房はしていません。娘の部屋は時々つけているようですが。

さて、LUMIXのGF2、タッチパネルは想像した以上にいいですな。再生時にはワンタッチで拡大や表示範囲の移動ができますし、撮影時もワンタッチでAF追尾モードになるので、猫撮影にはかなりいいです。14mm/F2.5はAF速度も速いです。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 14mm/F2.5



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 14mm/F2.5

「マロンも写真を撮りたいにゃ」
「だから、こうして撮っているじゃないか」
「そうじゃないにゃ」
「へ?」
「マロンもカメラで写真を撮りたいにゃ」
「ひょっとして、カメラを使いたいって言っている?」
「うにゃ」
「だめ!」
「何故かにゃ?」
「ダメというより無理」
「にゃぜ?」
「第一シャッター押せないでしょ、その手じゃ」
「大丈夫にゃん」
「どう大丈夫なのさ?」
「爪をだして、バシッってやるにゃんよ」
「それはダメじゃ、壊れる」
「にゃんぜんだにゃ(残念だにゃ)、パパにゃんが涎たらして寝ているところを撮りたいにょに」

2011年7月 9日 (土)

巣鴨

今日は、関東地方で例年より12日早く梅雨明けしたそうで、いきなり猛暑日になりました。夏ですからたまには猛暑もあるでしょうけど、昨年のような酷暑になると計画停電は避けられないものとなり、どうか暑くなるのは土日にしてほしいと願います。

さて、そんな暑い中、妻と池袋東武百貨店に行ってきました。目的は夏物バーゲンでしたが、私が買ったのはそれとはあまり関係のない、ネクタイ、ベルト、そして今シーズン必需品の扇子です。

途中、巣鴨に立ち寄ったのですが、巣鴨地蔵通り商店街の暑かったこと!なんで!?ってくらい駅前と違って暑い。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 14mm/F2.5

巣鴨地蔵通り商店街の入り口には、以前はなかった物体がありました。なんじゃ!?と思って近づくと「すがもんのおしり」って書いてあります。すがもん!?巣鴨地蔵通り商店街のイメージキャラクターらしいです。いわゆる、ゆるキャラですかね。そのおしりってことで、触ってみるとクッションみたいでフカフカで気持よかったです(笑)。



Panasonic LUMIX DMC-GF2, LUMIX G 14mm/F2.5

いや、それにしても、久しぶりに暑い一日でした。

白熱電球のリプレイスはLED電球だけなのか?

この夏、売れているのが白熱電球リプレイスのLED電球らしいですが、ちょっとまってください。本当にLED電球だけなのですか?今一度考えてみましょう。

社団法人全日本電球工業会のデータですと、60W白熱電灯は全光束810lm(ルーメン) ですので、全光束で同等のLED電球(社団法人全日本電球工業会の基準で60W白熱電球相当といえるもの)を見ると、SHARP DL-LA81Nがあり、消費電力は9.2W、価格は価格.comの最安値で3,500円。電球の消費電力57Wに比べると約16%の消費電力です。

さて、もう一つ忘れてはいけないのが電球型蛍光灯。同じE26口金で全光束810lm以上の電球色タイプをさがすと例えば東芝ネオボールZリアル EFA15EL/12-R。全光束810lmで消費電力は12W、価格は価格.comの最安値で555円。電球の消費電力57Wに比べて、約21%の消費電力で、価格はLED電球のおよそ六分の一です。

省エネ(省電力)という点と価格を考慮すると電球型蛍光灯もLED電球と負けず劣らず優秀ですし、なにより価格が安いです。欠点は、点灯してから明るさがピークになるまでに若干時間がかかることでしょうか。最近は改善されていますが、白熱電球やLED電球に比べるとそこはちょっと欠点といえば欠点です。

まあ、でも、まずは省電力という視点ならば、60W相当の電球型蛍光灯に変えるだけで十分だと断言できます。LED電球は明るさ表示に注意が必要です。白熱電灯と同じようにほぼ前方向に光が必要なのか、真下だけ明るければいいのかによって選ぶ明るさがかなり違います。ただ、明るさが違っても消費電力の差はさほど大きくない。また全光束で比較すると同じ60W相当というのはかなり高価です。店頭でちょっと引いてしまいます。先の3,500円は価格.comの最安なので大抵は四千数百円でしょうか。電球1個に四千数百円も出しますかね?実際。

まあ、千円を切る価格で60W相当の電球型蛍光灯のほうが全体的にはリーズナブルだと思います。

くれぐれもPRに惑わされないで、自分で調べて最適なものを選ぶのが吉です。



OLYMPUS E-PL2, LUMIX G 20mm/F1.7

「うにゃ、マロンは眩しいのは嫌いだから、電球も蛍光灯もLEDも嫌いにゃ」
「すげー、よく知っているな、ハイテク猫か」
「うにゃ、蛍光灯は苦いにゃ、LEDは酸っぱいにゃ」
「は?」
「電球は辛いにゃ」
「え?
「あ、知らないのばバレたにゃ、猫はローテクにゃん」

OLYMPUS E-PL2

昔からのオリンパスファンでしたが、フォーサーズ (E-SYSTEM)の行先がかなり不安になってきたので、昨年のうちに手持ちのE-SYSTEMは全部手放して、CANON EOS 7Dにマウント替えして以来オリンパスとはご無沙汰していました。

そして、新たにオリンパス君が我が家にやってきました。E-PL2です。

マイクロフォーサーズは、先住者としてLUMIXのGH1 、GF1そして最近買ったGF2とありますが、LUMIXのレンズをオリンパスのボディで使ってみたいと前から思っていました。そして、先日、E-PL2のボディが安く出ていたのでゲット。カラーは当然、手持ちのLUMIXマイクロフォーサーズと合わせたレッド。

OLYMPUS PENシリーズでは、E-Pシリーズはちょっと買うには高いですが、その割にどうなんでしょ、と思うところも個人的にはあります。Liteシリーズの1や1sは今更というところがあります。さりとて3はまだ先ですでので、手頃になって前からチェックしていたPL2にしました



左がOLYMPUS PEN Lite E-PL2、右がLUMIX DMC-GF2です。E-PL2のほうにはLUMIXの20mmを、DMC-GF2にはLUMIXの14mmを付けています。M.ZUIKOは持っていません。レンズ的にはLUMIXのGは結構いいものがあります。

この2台を比べますと、PL2のほうが微妙に大きくて50g程重いです。たかが50g、されど50gでして明らかにPL2のほうがずっしりときます。操作感は両者でかなり違います。PL2は伝統的なインタフェースですがモードダイヤルがなくて、なかなか手間がかかる場合も少なからずあります。その点GF2のタッチパネルインタフェースはかなり優秀で便利です。このサイズだから生きる、このサイズだから使い物になるというところで実によく出来ています。

さて、この夏の旅行(国内)ですが、GF1かGF2かPL2か誰を連れてゆきましょうか。

GFシリーズにせよPENシリーズにせよ、ぴったりのケースがこれです。まんまの状態ですとパンケーキレンズを付けた状態でぴったり。LUMIXの 14-45mmを装着すると、中央部のファスナーをひらいて大きくすれば入ります。なかなかの優れものです。

2011年7月 8日 (金)

BUZZSEARCHのマスクメロンシャンティ

たまに帰りが早い時に東京駅のグランスタで買うのがBUZZSEARCHのロールケーキです。

定番はフルーツシャンティですが、他に1〜2種類が季節などで適宜変わります。今日覗いたら、ピーチシャンティとマスクメロンシャンティがありましたので、マスクメロンシャンティ、1,375円を買いました。



OLYMPUS E-PL2, LUMIX G 20mm/F1.7

スポンジがいつものとおり、しっとりとして硬くもなく柔らかすぎず実に手頃。生クリープにマスクメロンの大きなカットが埋もれています。

マスクメロンはやわらかすぎるとベチャベチャになるからでしょう、少しシャキシャキして甘さはやや控えめのメロンですが、そうでないとクリームとスポンジのおいしさがメロンに負けてしまいますからね。

エアコン控えめで蒸し暑い夏に、爽やかなマスクメロンシャンティが美味しいです。

2011年7月 3日 (日)

クロネコボックス

というわけで、組み立てました。

上はとじていませんが、正面はこんな感じ。



Panasonic LUMIX DMC-GF2C, LUMIX G 14mm/F2.

後ろ側はこんな感じ。



Panasonic LUMIX DMC-GF2C, LUMIX G 14mm/F2.

で、当のマロンはこんな大きさ。



Panasonic LUMIX DMC-GF2C, LUMIX G 14mm/F2.

この図体ですが、クロネコボックスの後ろ側の二つ並んだ小さな窓から出入りできるのはびっくりです。

窓を切り抜いて、試しにマロンを中に入れてみたら、この後ろ側の窓から顔を出したと思ったらそのままぐぃーっと胴体まで突入。え、なにするの?とか思っていると、ちょっときついけど頑張って抜け出てしまいました。これにはびっくりです。

My favourite place

マロンが入っているのは、クロネコボックスのトラック柄のもので、ネコさん飼いな方の影の定番玩具でもあります。

先日、わざわざ購入して(笑)まだトラック型に組んでいないんですけどね。



Panasonic LUMIX DMC-GF2C, LUMIX G 14mm/F2.

「パパにゃん、早く組み立ててほしいにゃん」
「わかった、わかった、これからやります」
「うにゃ、それで、よろちい」
「Yes, My Lord」(わかりました、ご主人様)
「Do it, meow (now)」(すぐ、やるにゃん)
「Yes, My Lord、って、おい、いつからマロンはご主人様になったのか?」

ところで、LUMIX DMC-GF2のタッチパネルですが、iAモードだと画面の中のマロンの顔にタッチするだけで追尾AFモードになり、非常に便利であります。これ、EOS 7Dサイズの一眼レフだとボディサイズや重さ的にタッチパネルなんてのは現実的じゃないのですが、DMC-GF2のサイズだからこそ生きるんですね。

カメラマニアな方には、このタッチパネルに否定的な方も多いと聞きますが、LUMIX GF2はそういう方はどちかといえば気にいるなら使ってくれればいい、それよりは小型一眼を気軽に使ってほしいというコンセプトなんで、そういう視点でみるとぴったりハマります。

カメラマニアでも気軽に自宅で猫とか取るには、かなり便利なのであります。実際、追尾AFでちょこちょこ動く猫の顔にフォーカスロックしようとおもうと、十字キーだけではかなり現実的じゃないことはやってみるとわかります。その点、タッチパネルは便利。結構、というか、かなりイイです、GF2。

2011年7月 2日 (土)

iPhoneの神アプリ「Notebooks」

iPhone 3G以来、愛用していて使用頻度が非常に高いアプリがメモアプリの「Notebooks」です。



最大の特徴は、複数のメモファイルを階層化管理できること。ひとつのメモファイルじゃないので、事実上メモの数や容量には制限がありません。またSyncDocs経由でのPCとの同期、WebDavとの同期(MobileMeのiDiskなど)、DropBoxとの同期が可能です。残念なのはSugarSyncとの同期が現時点ではサポートされていないこと。

このNotebooksアプリ、私の場合は日記的な日々のメモ、旅行時のメモ、ブログのネタメモなど、自分で書いてとりあえずおいておきたいものは仕事以外のものは何でも書いて入れています。旅先でも旅行メモをiPhoneでサクっと書いてその場でクラウドに保存。万が一iPhoneを紛失とか盗難とかされてもメモはちゃんとクラウドに残ります。

今のところ、これだけの機能を持った代替アプリはありません。でも、ほんと、SugarSyncにも対応してくださいな。



Panasonic LUMIX DMC-GF2C, LUMIX G 14mm/F2.5

「ふにゃ、暑いにゃん、急に暑くなってマロンばててしまうにゃ」
「うん、猫だけじゃないぞ、今年は節電でどこも暑いんだよ」
「そうにゃのか?」
「そうなんだよ」
「マロンはエアコンも扇風機も嫌いだから電気は関係にゃいにゃん」
「世の中にはエアコン大好きなニャンコもいるそうだけど、君はECOなニャンコなんね?」
「うにゃ、東京電力から表彰されたいにゃ」

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »