マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の9件の記事

2011年6月26日 (日)

あれや、これや

台風+梅雨前線の影響で首都圏でも朝のうちはどんより曇って涼しいくらいでしたが、午後になって少し気温が上がってきました。しかし、どんよりとした雲は相変わらず。

天気が悪いので、いつものとおり今日も午前中はジムで筋トレ。天気がよければ新しいGF2の試写といきたところですが、この天気じゃぁねぇ。



Panasonic LUMIX DMC-GF2C, LUMIX G 14mm/F2.5

昨夜の夕食はお刺身。昔は、サーモンの刺身ってあまりみなかったのですが、今はスーパーの盛り合わせには結構入っていますね。関東では刺身といえば鮪ってのが定番ですが、関西ではそこまで鮪マグロしてないです。関東のスーパーの刺身売り場は鮪がかなりの割合をしていますねぇ、私はどちら白身魚とかハマチのほうが好きですけど。だから、中トロとか、そんなに魅力を感じないです。

魚とは違いますが、ステーキ肉でもサシがいやというほど入った霜降りなんて興味ないですねぇ。肉の本当の旨みは赤身のところにあるんです。ランプとか柔らかな赤身でステーキにしたのは美味しくて旨みがたっぷりです。



Panasonic LUMIX DMC-GF2C, LUMIX G 14mm/F2.5

こちらは朝食のaichanworld特製オムレツ。オムレツを綺麗につくるのはほんとに難しいです。火加減が本当に難しい。オムレツと牛乳と塩と胡椒がすべてなんですが、単純なものほど難しい典型です。私の場合、オムレツ作りには絶対鉄製のフライパンしか使いません。使い込んで油がよく馴染んだフライパンは宝物です。ごげつきにくいフライパンの類には寿命がありますが、鉄のフライパンはちゃんと手入れすれば人の寿命より長いです、多分。

サイテーの日

予告通り、昨日の朝からシャンプーをしました。昨年12月23日以来ですからちょうど半年ぶりです。

今日はシャンプーの間はとてもおとなしくしていて、大変いい子なマロンでした。



Panasonic LUMIX DMC-LX33 (娘が撮影)

「マロン、シャンプー大嫌いにゃん」
「でも、換毛期だし一度シャンプーしてブラッシングしないと」
「やー、にゃー」
「そういうな、終わったらクリスピーあげるから」
「いやにゃ」
「ほら、ほら、直ぐ終わるから」

というわけで比較的簡単に終わりました。キャットショーとかに出すわけではないので、普通にペット用シャンプーで洗うだけ。第一、キャットショーとかって猫にはすごくストレスだと思うんですよ。

それはともかく、洗うのはいいとして、嫌いなのがドライヤーです。ペットのグルーミングをしてくれるお店のドライヤーのように大量の温かい空気が一気にブォーって出てくるんじゃなく家庭用のドライヤーですから、音の割にはいまいちって感じ。

「ブオーは嫌いにゃん」
「今日は涼しいから、ちゃんと乾かさないと風邪ひくぞ」
「ブォーはチライ!」
「そういうな、直ぐ終わるから(といいつつ、なかなか終わらない)」

結局、マロンを洗い終わってもまだ時間が早かったのでその後いつものとおりジムに行きました。

2011年6月25日 (土)

LUMIX DMC-GF2C

EOS 7D以外は、すべてのコンパクトデジカメ、マイクロフォーサーズ一眼はすべてPanasnic製になってしまった私の防湿庫ですが、DMC-G1ボディに別れを告げ、DMC-GF2Cを迎え入れました。

DMC-G1はダブルレンズキットでレンズ目的で購入し、ボディがおまけて付いてきた感じなんで、全く使っていなくて防湿庫もいっぱいなのでサヨナラし、活用していただける方のところへお嫁入り。

マイクロフォーサーズの中でDMC-GF1は結構気に入っていて、旅行の時にも持って行きますが、動画性能は初期モデルだけにフルHDじゃないAVCHD Liteなんですね。そういうのもあってDMC-GF2が底値近い金額になったので購入。DMC-GF3はアクセサリシューがなくなりちょっと路線が違うじゃんって感じなので全く興味なし。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

評価を見ると賛否両論のタッチパネルですが、実際に使ってみると結構便利です。AFをスポットにしたときのポイント選択なんて、普通は十字キーでシコシコ動かすのですが、これがワンタッチというのはありがたい。Q.Menuも十字キーでコリコリ動かして選択なんてまどろっこしいことをしなくてもOK。なかなかいいじゃないですか。

14mmのパンケーキも、20mmほどの評価の高さは無いようですが、どうしてどうして決して悪いとかそんなレンズじゃないです。AFは抜群の速さですしこのコンパクトさは嬉しいです。この組み合わせだとLX5より一回り大きい程度ですから。



Panasonic LUMIX DMC-GF2C, LUMIX G 14mm/F2.5

朝6時前に目を覚ますと(休日のほうが早起きの私)マロンはベッドの横でうとうとしてました。妻を起こさないようにベッドから静かに抜けだしてリビングに行くと、マロンもゆっくりと後を付いてきて、いつもの通りバルコニーの掃き出し窓でまったり。



Panasonic LUMIX DMC-GF2C, LUMIX G 14mm/F2.5

「昨日は暑かったにゃ」
「そうだねぇ」
「今日は涼しいにゃ」
「それは助かるわ、ところで、今日はお洗濯だよ、マロンの」
「うにゃ、シャワー嫌いにゃ、いやニャ」
「だめ、もう長い間洗っていないし、洗わないとなかなか冬毛が抜けないでしょ」
「うにゃん....」

2011年6月19日 (日)

この夏

今月は公務員さんは賞与の月です。私は公務員ではないですし、勤務先での支給は今月じゃなくて来月なんですけどね。今回の地震の影響や経営が破綻に瀕していてボーナスカットという企業も少なからずあるなかで、無事もらえるのはありがたいことであると感謝せねばなりません。

今夏は電力消費削減するというのが官民共に大きな課題。東京電力・東北電力管内だけではなく影響は各所に及んでほとんど日本全国省電力。

我が家は昨年夏の激暑に冷蔵庫が耐えられずついに寿命を迎えて10年ほど使ったものを買い換えました。そして今年は丸10年になったリビングの大型エアコンを買い換えました。夏の消費電力の半分以上はエアコンなので、これを買い換えただけで15%削減くらいいっちゃいそうな感じです。経済産業省でも民間各社の協賛で家庭向け節電キャンペーンをやるそうです。(詳細は経済産業省ホームページにある節電.go.jpのリンク)

パソコン周りの節電策はどうするか?今年はMac miniを導入しようかと思っています。MacBook Air (略称MBA)を昨年末に買って以来、Macに傾いているのですが、Mac miniの電力消費の低さ、MacOSの使い勝手の良さに惚れています。問題は新モデルがいつでるかですね。Lionが来月登場するのでそのタイミングかなと思っています。

旅行はどうしましょう。マロンがやってきて以来、家族で旅行というのがなくなりました。ひとり旅のほうは国内で久々に広島方面に行く予定です。妻とふたり旅も去年の11月に鬼怒川温泉に行きましたが、ロープウェイも新しくなった箱根へも超久しぶりに行ってみたいなと思っています。



Panasonic DMC-LX5

「マロンはどうするのかにゃ?」
「マロンは旅行嫌いでしょ?」
「お外は怖いからいやにゃ」

旅行の計画を立てると新しいデジカメが気になるようになります。1年ちょい前にコンパクトデジカメのほうは、Panasonic DMC-LX5を買っています。これはこれで気に入っていますので手放す予定はLX4とか出ない限りはありませんが、OLMPUS XZ-1も前から気になる存在。センサーはPanasonic LX3世代のものらしいですが、ZUIKO DIGITALの冠をもつ初めてのコンデジ。テレ端でもF2.5というのはいざというとき心強いです。

2011年6月12日 (日)

新メンバー

設置から10年経過した我が家のエアコン、さすがに消費電力や冷暖房効率の問題で買い換えました。昨年買い換えようかと思いましたが、なんとかく買い換えそびれて、激暑のときにはひたすら壊れないように祈っておりました。

さて、新メンバーとなったのは、Panasonic CS-401CXR2で、今年のハイエンドモデルでなんでもありの機種です。ナノイー、エコナビ(ひと・ものセンサー)、自動お掃除、エネチャージ、換気などなど。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

室外機は前のビーバーエアコンのものよりは一回り以上でかいです。定格冷房能力は同じなんですがね。消費電力は冷房時はスペック上2割ほど少なくなり、暖房時は三分の二くらいになっています。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

換気機能とお掃除時のゴミ排出のために外壁側はこんなふうになっています。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

「マロンはエアコンとか嫌いにゃん」
「ほんとうだねぇ、エアコンするとリビングから出ていゆくものねぇ」
「風があたるのが嫌いにゃん」



Panasonic LUMIX DMC-LX5

さて、エアコンとはぜーんぜん話は違いますが、ベランダ菜園のほうはすくすくと育っています。

さやいんげんは順調に成長中。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

リーフレタスもかなりそれっぽくなってきました。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

茄子の花は二つ目の花が咲いてます。果たして無事収穫までたどり着くのでしょうか?我が家のレディー・ファーマーの努力にかかっています。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

2011年6月11日 (土)

SONY Reader PRS-350

先週、ソニーオンラインショップにSONY Reader PRS-350を発注し、月曜日に自宅に届いておりまして、それから数日間使っていました。

私自身は、iPhone 4、iPad、Kindle 2を所有しているのですが、そこに新たに一つ加わりましたというところでの感想。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

SONY Online Storeで購入したので、無料で白のブックカバー型ケースがついてます。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

本体だけをはかるとこんな感じ。カタログでは155gなんですが。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

Online Storeオリジナルのカバーをつけてもせいぜいこの程度。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

ちょい厚手の文庫本はこんなものなので、カバーをつけても文庫本と同程度ということですね。

iPadのカラー液晶はデジタル雑誌を読むには非常に色も綺麗で反応もよくて快適です。しかし、長時間の読書になると目が疲れますので、個人的には読書にiPadは使いません。

同じE InkのKindleと比べると、日本語対応か否かというのは当然として、操作上大きいのはタッチパネルの有無。はっきりいますが、Kindleのミニサイズキーボードは不要です。辞書で調べるにしても、反応の遅いE Inkでカーソルキーでポチポチとカーソルを移動するのはかなり苦痛です。それに比べると、本を選ぶにせよページをめくるにせよ、タッチパネルは非常に快適です。

Kindleは3G回線でいつでも本を買えるというのがメリットなのでしょうか、正直なところ未だかつてKindle経由で買ったことはありませんので、私にとっては本を買うという手段での電子ブックリーダーの通信機能は不要です。

ただし、Kindleで非常にいいと思うのは、マルチプラットフォームでリーダーソフトが提供されており、どこで読んでもオンラインであれば、読んだところが自動的にクラウド側に記憶されて、続きをどのデバイスでも迷うことなく読めることです。これは、通信機能いがあるだけでは不十分で、クラウド側での読んだ場所の記憶(ブックマークではない)、マルチプラットフォームのリーダーがあって初めて発揮できる力です。そういう意味では、日本で出ている電子ブックリーダーにはAmazon並に揃っているものは皆無です。従って、これまた通信機能は不要なのです。

SONY Readerの最大のメリットは、PRS-350の文庫本サイズと、タッチパネル操作、文庫本より軽い本体重量です。

あとは電子ブックの品揃えですが、これも何十万冊とか何万冊とか単純に比べるのはナンセンスで、何百万冊品揃えがあっても自分が読みたい本が皆無なら、それは自分にとってはゼロ冊と同じなので単純比較はできません。

SONY Readerも別にReader Storeしか本が買えないわけではなく、パピレスとかからも買えるので、今後に期待しましょう。

BUZZEARCH 京都お濃茶ロール

先日、久しぶりに早く帰れたので途中グランスタにあるBUZZSEARCHに立ち寄りました。目的はもちろんロールケーキ。BUZZSEARCHのロールケーキは、定番のフルーツロールのほかに、季節ごとに変わるロールケーキがありましてこれが楽しみなんです。

今回は「京都お濃茶ロール」。抹茶スポンジと生クリームの間に薄い層で抹茶クリームが挟まれ、生クリームの中心は粒あんがあります。



Panasonic LUMIX DMC-LX5



Panasonic LUMIX DMC-LX5



Panasonic LUMIX DMC-LX5



Panasonic LUMIX DMC-LX5



Panasonic LUMIX DMC-LX5

と、こんなロールケーキです。

さっぱりとしていますが、そこはBUZZSEARCH、ちゃんとコクがあり食べ応えがあります。抹茶と粒あんという組み合わせなので、ペアでいただく飲み物は、もちろん紅茶でもいいですがどちらかといえば緑茶のほうが合うような気がします。実際、緑茶で頂きましたが、とても美味でして家族にも好評でした。

2011年6月 5日 (日)

朝はいつでも気持ちいい

私は平日は6時に起きるのですが、土日は当然目覚ましは止めています。そのかわり、iPhoneのアラームが無音・バイブレーターのみで5時45分に、ベッド脇のナイトテーブルの上でブィーンと震えて目を覚ましてベッドから、隣の妻をできるだけ起こさないようにそーっと抜け出ます。45分ってなんとなく中途半端ですが、しばらく前までは平日の起床時間だった名残であります。

そんな朝、マロンはどうしているかというと、大体はリビングのカーテンと窓の間で窓に向かって箱座りして飽きることなく外を眺めています。マロンに限らず、猫は窓から外を眺めるのが本当に好きですよねぇ。昔住んでいた場所でも、よく買い物に行くスーパーの近くのお宅の二階の窓に猫ちゃんをよく見かけました。

今日も、私が起きてベランダに出ると、網戸越しにマロンは私のほうをじっと見ています。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

「パパにゃんは、レディーファーマーと違ってお手入れはしないにゃんか?」
「そうさ、それはレディーファーマーの特権だからねぇ、いや、趣味というべきか?」
「マロンの趣味は夜中にママにゃんを起こすことにゃ」
「そーゆーのを悪趣味っていうんだぞ」
「にゃくしゅみって、にゃんですか?
「とぼけるな〜!」」
「ニャニャニャ」



Panasonic LUMIX DMC-LX5

茄子の花が咲きました。恥ずかしながら知らなかったのですが、茄子の花は下向けに咲くんですね。上向けに咲いて、実になると重みで下に下がるのかと思っていました。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

こちらはさやいんげん。いかにもマメ科だぞーって花が咲いています。こちらは収穫が期待できそうですね。まあ、我が家のレディーファーマーの努力次第ではありますが。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

これはリーフレタス。双葉のころはまったくわかりませんが、これくらいになると何となくリーフレタスっぽい雰囲気が出てきますね。リーフレタスだよ、と言われると、なーるほど、と言われるくらいのものにはなってきました。


2011年6月 4日 (土)

鬼のいぬ間に

マロンにとってはボス猫ともいえる我が娘が、旅行に出かけるというのでその準備を初めて、キャリーケースを開けると当然のごとく中に入ります。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

「どこか行くにゃんか?マロンもこれに入って行くにゃん」



Panasonic LUMIX DMC-LX5

まあ、マロンを連れて行くわけにもいかないので、マロンは私たち夫婦とお留守番。ぼちぼち暑い日が出てきたので、大理石のクールボードを出してありますが、その下においた幅広ゴム紐で遊ぶのが大好きなマロン。



Panasonic LUMIX DMC-LX5

ボス猫のいない間に、ボス猫の机の上でイタズラ?

「いたずらなんかしていないにゃんよ」
*最近アップしてある記事中の写真のキャプションに「LX3」と書かれているんですが、とんでも間違いで「LX5」です。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »