マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の20件の記事

2011年5月29日 (日)

反対意見にも耳を傾ける(新聞系の情報)

日本の全国紙には、間違いなく保守系とかリベラル系とかの色分けがあります。その時代により若干の変動があるようですが、保守からリベラルに順に並べれば、自分の感覚としては、

 産経、日経、読売、毎日、朝日

という順序にあると思っています。

自分自身がどちらかという議論はここではあえて書きませんが、もし自分がリベラルなら保守の主張にも耳を傾けるべきで、自分が保守ならリベラルの主張も読むべきです。自分と同じ主張の意見ばかりに囲まれるとたしかに居心地がよいですが、一方で刺激がないため進歩がない。人間は肉体的にも精神的にも逆境にあってこそ進歩があると思うのです。

家庭で購読している新聞がリベラル寄りなら、自分では保守系の新聞を買うとかデジタルエディションを読むとか、あるいはその逆だとか、そういうアプローチがバランスのとれた考え方を産み、極端にどちらかに寄った主張に疑問を呈することができるようになるのではないでしょうか。特に若い人ほどこのバランスは重要です。

さらに言えば、国内だけではなく海外に、海外ばかりではなく国内にもバランスよく目を向ける必要があります。そういう意味では、一部ビジネスマンの偉い人のように、読む活字は会社の書類と日経だけというのは、非常に危険だと考えます。日経を読むなら対局の論調にあるWall Street Journalを読むというのは、個人的にはいいんじゃないと思います。

そういう意味で、気軽に読めるように読売新聞も電子版をだしてくれませんかね。全国紙でアプリ版のデジタルエディションをだしていないのは読売だけです。

今日の家庭菜園

我が家のバルコニー菜園は娘がケアしております。花などには興味が薄いらしくて、もっぱら野菜に入れこんでいます。



CANON EOS 7D, EF 100mm F2.8L MACRO IS USM

上の写真はリーフレタスですが、大きくなってきたので我が家のレディー・ファーマー嬢が大きめの鉢を100円ショップで買ってきて植え替えていました。



CANON EOS 7D, EF 100mm F2.8L MACRO IS USM

こちらはしばらく前に買ってきた茄子の苗に咲きつつある花。小さいくせにちゃーんと刺がありますねぇ、小さくても茄子を想起させる格好をしています。すごいなぁ、生き物って。



CANON EOS 7D, EF 100mm F2.8L MACRO IS USM

最後は芽を出しつつあるさやいんげん。ピンク色のケバい色をしていますねぇ。



CANON EOS 7D, EF 100mm F2.8L MACRO IS USM

こちらは芽を出してから3年3ヶ月と23日になる生き物。毛むくじゃらで、驚いたことに自分で動き回るんです。そして鳴く!腹がへった、遊べとか結構要求がきます。

「それ、マロンのことにゃんね、マロンは野菜じゃないにゃんよ」
「ごめん、つい」
「つい、何にゃんか?」
「そう、攻めるな、今朝遊んだでしょ?」
「うにゃ、パパにゃんと遊んだにゃ。フツーの日はパパにゃん毎晩遅く帰ってきて23時ゴロにご飯食べてあそべないから、うれしいにゃんよ」
「でも、その時間あたりからマロンの夜の活動時間が始まるんでしょ?」
「猫は夜行性にゃ」
「犬がいいなぁ....」
「パパにゃん!ダメにゃん、浮気しちゃ.....フゥー!!」

2011年5月28日 (土)

SONY ICF-9

昨今、radikoというラジオ番組のサイマルキャストによりパソコンでもラジオを聞けるようになりました。特にパソコンやデジタルオーディオプレーヤーと相性の悪いAM(デジタルノイズに弱いので)放送をパソコンの近くで聞きたい時とかいいですね。

でも、しかし、であります。放送法の関係でradikoにはNHKは存在しません。そこで活躍するのが本物のラジオなんですね。

我が家には単体としてのラジオは、通勤バッグに非常用としていれているSONY SRF-M807というシンセチューニングのポケットラジオ(電池寿命はアルカリ電池でFM放送をイヤホンで聞いて55時間)、居間のテーブルの上に常備しているシンセチューニングのSONY ICF-A101(電池寿命はアルカリ電池でFM放送をスピーカーで聞いて115時間)があります。

今回、勤務先近くの家電チェーン店で購入したのがSONY ICF-9というアナログチューニングラジオ(電池寿命はアルカリ電池でFM放送を聞いて105時間、AM放送をイヤホンで聞くとなんと500時間、それも単三電池2本で!)。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

パッケージの裏面には電池寿命が書かれています。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

やはり昔ながらのアナログチューニングのほうが消費電力が少ないんですね。特にこのラジオはSONY製のCXA1019Mというアナログチューニング用のAM/FM2バンドのワンチップICを使っているからでしょうか。しかし、CXA1019(サフィックス不明)を使っているらしいICF-305とは随分電池寿命が違います。価格も倍近く違います。

そういう意味でICF-9絶対お買い得。

アナログの良さは、夜などAMでダイヤルを回していると、思わぬ放送局が入ったりすることがあることですね。アナログチューニングはある意味ではたしかに面倒ですが、ノスタルジックでいいじゃないですか。なんせ大正時代から存在する操作方法なので、おじいちゃんやおばあちゃんでもOK。お年寄りに優しいです。もっとも、さらに優しいのはICF-A101のように放送局名が光って選べるタイプかもしれませんが。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

「ラジオにゃんかにいれこんでないで、マロンと遊ぶにゃん」

と何故か上目づかいで見つめるマロン。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

でも、角度を変えるとまんまるおめめがとってもキュートなお嬢さんです。


ソニーFM/AMハンディーポータブルラジオ ICF-9

ソニーFM/AMハンディーポータブルラジオ ICF-9
価格:1,980円(税込、送料別)


2011年5月22日 (日)

NASなど

GWのときから整備してきた我が家のストレージ環境であります。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

・Buffalo LinkStation LS-V2.0TL (2TB) ☓2台
・Buffalo USB外付けHDD HD-CB2.0TU2
・OMRON UPS BY35S

使い方としては、LS-V2.0TLの2TBがメインのNASで、もう一台のLinkStationのほうにLinkStation自身の機能で深夜に自動バックアップしています。

外付けのHDD-CB2.0TU2のほうは、メインPCとUSB接続しBuffaloのバックアップユーティリティで自動で差分バックアップをとっています。

それとは別に、メインPCの全パーティションのHDDイメージをやはりメインPC内蔵の1TBに四世代分のフルバックアップをParagon HardDisk Managerに毎週とっています。同じことを、外付けのHD-CB2.0TU2とLinkStationのバックアップ用のほうにもとっています。

ストレージ容量としては全部合わせると9TBほどですね。

そしてNASに不可欠なのがUPS。OMRONのBY35Sです。PC本体ではなくNASのほうをバックアップしておりLinkStation LS-VLシリーズが標準対応しているもので、接続してNASのほうでUPSを使う設定をするだけでOKというチョー簡単。

これだけをGW中に整備したのでMac miniが軽く買えるくらいの出費になりました。

家庭用のNASでは、比較的安価でRAIDが組めるものがありますが、正直なところおすすめできません。業務用のNetAppとかの大型高信頼性ストレージと違って信頼性が低く、トラブルとデータ全損必須だからです。RAID対応のNASを買うくらいなら、LS-VLといったRAID非対応のディスク1本だけのものを買って、それを2台買ってバックアップさせるほうがはるかに信頼性も高くなります。くれぐれも安価なRAIDを信頼していはいけません。

茄子など

憲法記念日にホームセンターで買ってきた茄子の苗が大きくなってきました。よーくみると蕾がついていますね。かわいいのがひとつ。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

義母に頼まれて茄子の苗を買いに言ったのですが、貴方のところでも植えてみたらどう?ということで買ってきた苗の一つを頂いたのがこれです。我が家ではファーマーの娘が手入れをしています。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

こちら双葉のほうはレタスだそうであります。レタスの双葉なんか初めて見たなぁ。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

そして大きくなってきたこれはさやいんげん。

我が家のバルコニーはミニ菜園なのであります。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

「うにゃ、マロンの餌はできないのきゃ?」

2011年5月15日 (日)

だし茶漬け えん

先日、用事があって大宮に行きましたが、時刻はちょうど昼時。時間の関係もあってあまりゆっくりとできないので、手早く食べられて美味しいものってことで食べログから選んだのが、「だし茶漬け えん」です。

ルミネ大宮のLUMNE1の1階にあります。ちょっと場所がわかりにくいのですが、こんな感じの店です。



iPhone4

お店のWebページを見るとメニューがわかりますが、今回頂いたのは「奄美大島 鶏飯風だし茶漬け」です。

食券を買って席に案内されると、ご飯の量を大中小のいずれにするかを聞かれます。大盛りにしても料金は同じなのでここは大盛り。店内は女性一人客も多く、女性はだいたい中盛にされているようです。

待つことしばしで運ばれてきたのがこれ。



iPhone4

これに急須のだしをかけて頂きます。

さっぱりとして、でも、しっかりとしただしが効いてなかなかいけます。たかがだし茶漬け、すぐお腹が空くのでは?とおもいましたが、大盛りにしたらそれなりに量があって意外とお腹に持ちます。

あまり食欲がないときでも、うどんや蕎麦のようにするすると食べられてあっさりしているのがいいですね。逆に、この時の私のように食欲は普通にあるときでも、健康維持のためにあまり脂っこいものは避けたいというときもいいです。

ピローグランデ、もう一丁!

この一年以上使っていて大変気に入っている枕がマニフレックスのピローグランデ。
エリオセルMFというオープンセル構造の発泡素材を使った高反発ピローです。これについえは、昨年6月6日に記事に書いていますが、それから1年ほど使った感想は「もう他の枕は使えない」ということ。

世間で新素材の枕というと筆頭は低反発だと思います。これも低反発の代表格であるテンピュールの枕(日本向けの純正品)を使った経験からいうと欠点だらけであります。
- 気温により硬さが変わる。日本の寝室は冬は寒いので低反発素材はかなり硬くなる。
- 寝返りをうったときに、新しい姿勢に枕がなじむまでに時間がかかり、その間首筋に負担がかかる。
- クローズセル構造の素材であるため通気性皆無であり、夏場は暑く湿気がこもり非常に不快である。
なんで、こんなものが寝具として評価されるのか理解しがたいのであります。

それに比べるとエリオセルやエリオセルMFは
- 気温により硬さの変化はほとんどない。
- 高反発であるため、寝返りをうつと今まで頭のあったところはすぐに形が戻り、新しく頭があたる部分は即座に頭の形に合わせて凹み適度なサポート力を得られる。
- オープンセル構造なので通気性が良く湿気がこもらない。夏でも暑くない。実際、ピローグランデにうつ伏せになって顔をうずめても呼吸できます。低反発でこれをやると呼吸困難に陥ります。
というおよそ正反対な特徴を持ちます。

さらに私の場合は、ベッドのマットレストッパーにマニフレックスのスーパーレイEXを使っていますので、これとの相性は抜群です。

さて、ここから本題。

最近、妻が肩関節周囲炎を発症し(本人の名誉?のために正式な病名を使っていますが、俗称は四十肩とか五十肩とか言われるものです、四十肩も五十肩も同じ物で肩関節周囲炎のことを指します)まして、整形外科ではさらに首も凝っているとか言われたそうです。

そこで思い出したのが愛用のピローグランデ。私も肩や首が凝るほうでしたが、ふと気づくとピローグランデ+スーパーレイEXを使うようになってから、肩凝り・首凝りとは無縁になっています。それで、私のピローグランデを妻に何日か使わせてみました。

いきなり首凝りとか肩関節周囲炎が楽になるわけはないのですが、明確な効果として「眠りが深くなりよく寝られるようになった」とのこと。たしかにそうなんです、同じ時間のい睡眠であれば、ピローグランデを使って寝たときは目覚めの快適度が高いですし、「寝た」感が高い。

そういうわけで、ピローグランデ、もう一丁!なのであります。これ、価格統制が行き届いてめったにディスカウントはありません。こんなの法的にありか?とか思いますが、書籍並に統制が行き届いています。ただし、サービス品までは統制できないらしく、店舗によって、おまけなし、おまけあり、様々です。

こちらの楽天ショップでは、シンカーパイルの純正カバーがさらに1枚ついてきます。純正カバーを追加サービスのお店はそうそう多く無いのでお買い得です。ちなみに、使った経験からいいますと、シンカーパイルの純正カバーも非常に快適ですが、無印良品の新疆綿天竺まくらカバー(50cm×70cm、600円)が非常にいいです。ちょっと薄い生地ですが、大変ソフトでしなかやかで伸縮性にとんでおり、ピローグランデのプニプニ感を損ないません。厚手のカバーをかけてしまうとこのプニプニ感が損なわれますので、純正カバーかこの新疆綿天竺まくらカバーを強く推奨します。


標準でカバーが1枚ついてますが、こちらのお店ではさらに純正カバーが1枚サービスされます。


2011年5月 8日 (日)

六義園&旧古河庭園

連休前半以来の久々の良い天気になりましたので、朝から六義園と旧古川庭園へ、EOS 7Dをぶら下げて行ってきました。

下の写真はPicasaウェブアルバムのスライドショーです。

撮影したのは、花のアップの写真は「CANON EF 100mm F2.8L MACRO IS USM」を、それ以外は「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」を使っています。

このアルバムはFlashを使っていますので、iPhone/iPod touch/iPadからのアクセスは直接アルバムへ飛んでください。


20110508六義園&旧古河庭園



Flash版スライドショー

どちらの庭園も初めて行きましたが、こうした素晴らしい庭園が手近にあるのが東京の良いところです。東京というと大都会の印象しかないような感じですが、実際には江戸時代以来日本の中心であったが故に、こうした大きな素晴らしい庭園も数多くあるのも他の都市にはなかなかない特徴です。東京って思った以上に緑がたくさんある街なんです、実は。

旧古河庭園は土地の高低を活かして、低地には小川治兵衛の手になる日本庭園、高地には特にバラが美しい西洋庭園と洋館があります。一粒で二度美味しいのがこの庭園の特徴です。これで、入場料150円なんですから安すぎです。

六義園、こちらも素晴らしい庭園です。小石川後楽園、六義園とどちらも比較的近くにあり、規模も似ている回遊式庭園です。これから秋深くなるまで庭園の涼しい空気がとても爽やかになります。

2011年5月 7日 (土)

UPS発注

NASを使い始めて一番問題なのはAC電源の維持。昨今停電は無縁でしたが、どうも必ずしもそうでもない雰囲気ですし、瞬電が怖いのでNASの導入を決定。PC本体ではなくてNASを守るため。


BuffaloのNAS(LS-V2.0TL2)の動作確認済みのUPSです。LS-VLシリーズを2台くらいならノープロブレムの容量です。ハイスペックPCには無理でしょう、ご注意を。


届くのには何日かかかると思いますが、東京電力の福島原子力発電所の事故に由来する電力危機からUPSが売れに売れているそうです。特に今まで無縁だった家庭用としても売れているといいます。どこも結構品薄のようです。

語学は筋トレと同じ?

今、暴れん坊将軍スペシャルというのを見ていますが、その合間のCMで石川遼くんがスピードラーニングのCMをしていました。よく見るCMです。

いや、決して頭から効果を否定するわけでもないですが、語学に関して生来の特殊な才覚が無い限り、語学はスポーツと同じ、筋トレと同じひたすら同じことの繰り返しの訓練の結果ということです。王道がないことは断言できます。

私のジム通いもも二年になります。一朝一夕に細マッチョな体が出来るわけなくて、週に二回とはいえ二年ほど続けたからこそ、単なるガリ男君から、細マッチョに近い体になってきているわけです。

語学も同じですね。そういう意味では、自分はまだ使ったことはないですがアルクの1000時間ヒアリングマラソンというのも頷けます。1000時間、一日3時間で一年間、これくらい訓練しないとヒアリングは身につかないということであります。Webの相談サイトなんかを見てみると、たまに 300時間くらいでなんとかならないか?とか見かけます。不可能とはいいません、ただ、語学の才覚があれば...です。実際、短時間で異国語を身につける人がいるのは事実ですが、平均的な日本人にはそれは不可能です。ひたすら訓練、筋トレです。インナーマッスルとアウターマッスルの両方を鍛えましょう。

ちなみに、最近、ジムでトレッドミルとか筋トレとかやりながらBBCのpodcastとか聞いていますが、意外といいかも...これ。通勤のときよりいいかも、です。

あけぼの山農業公園

この連休前半の天気の良い時に、千葉県にある『あけぼの山農業公園」に行ってきました。いつもですとチューリップ祭りとかあるのですが、今年は震災の影響とかで中止だそうです。果たしてチューリップはどうなっているのかしら、ちょうど花盛りのピークを過ぎつつある時期なので心配でしたが、行ってみたら心配は杞憂で大変綺麗でした。

この下の三枚は、EF 100mm F2.8L MACRO IS USMを手持ちでとったものですが、EOS 7DのAIサーボとこのレンズのハイブリッドISは、チョー強力でありまして、換算焦点距離約160mmという長めのマクロでも、ブレによる失敗はほとんどありません。

マクロでもEF-S 60mmになるとISがついていないので、これは結構厳しいときがあります。で、どうしても屋外で手持ちでマクロというときにはEF 100mm F2.8L MACRO IS USMの出番が多くなります。これの60mmとか出たらやはり買っちゃいそうです。



CANON EOS 7D, EF 100mm F2.8L MACRO IS USM



CANON EOS 7D, EF 100mm F2.8L MACRO IS USM



CANON EOS 7D, EF 100mm F2.8L MACRO IS USM



CANON EOS 7D、SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

一面のチューリップが大変綺麗です。



CANON EOS 7D、SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

実は風車があります。



CANON EOS 7D、SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

近づくとこんな感じの風車。



CANON EOS 7D、SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

チューリップだけではなく菜の花もあります。雰囲気は3月から4月の房総半島ですね。同じ千葉県でも房総のほうと、あけぼの山農業公園のある北西部(東葛)とは相当距離があります。



CANON EOS 7D、SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

お花畑の全景はこんな感じ。

連休後半はあいにくの天気が続きまして、写真的にはちょっと残念な天候でした。最後の日曜日は晴れるそうで最後の写真チャンスかもしれないですね。

仲良く散歩な動画

YouTubeで見つけた第二弾。同じRagdoll飼い主としては、リードとハーネスをつけて散歩する猫ってのはすごく珍しく感じます。



仲良きことは美しきかな。

やかましいな、これ

YouTubeで偶然みつけたこれ。
再生時は音量を下げてから...。

いや、やかましいったらありゃしない(笑)。

2011年5月 6日 (金)

帽子?

これマロンの帽子にゃ。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

爪楊枝の容器が空になったので蓋の部分を、ぼーっと眠そうにしているマロンの頭にのっけてみました。

「うにゃ、ニャニかにゃ?」



Panasonic LUMIX DMC-LX3



Panasonic LUMIX DMC-LX3

久しぶりのどアップなマロン。鼻くちょもなく綺麗な顔をしています。

私は普段結構帰宅が遅い(晩飯食べるのが23時半くらいか...)ので、この連休はたっぷりとフルに10日間の休みを取りました。なんか、出社拒否になりそうなくらいのんびりしましたが、それでも朝は6時前には起きています。平日より休日のほうが早起きなんです。そういう意味では平日が戻っても朝が辛いといことはありません。むしろ、平日のほうが朝が楽。

そんな休みの日は、モーニングコーヒーとMacBook Airでゆっくりと朝の一時を過ごしていますが、マロンはそんな私のすぐとなりで、箱に入って寝ているか、ダイニングのプラスチックワゴンの再下段で寝ています。甘えん坊で人の近くにいるのが好きなマロンです。

100円ショップのDockケーブル

以前にも紹介したことがありますが、100円ショップで売っているDockケーブルです。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

普通のDockケーブルは長いものか、リール式のやつで大抵は安くても数百円はしますし、仏は700円前後の価格です。

ところがこれは税込で105円。作りはちゃちなんですが、短いッカールコードというのが特徴でして、エネループ・モバイルブースターで充電しながら手に持って使うには実に手頃な大きさです。なんといっても安いのがいいです。

これで、特に支障なくiPhone4 のUSBからの充電と同期ができます。

2011年5月 5日 (木)

NAS環境、その後

我が家の初めてかつ唯一のNASがこれ。

その後、Buffalo HD-CB2.0TU2というUSB接続HDD(2TB)を買い足して、LS-V2.0TLのUSBポートに接続してバックアップ設定をして一段らくしたのは先日の話し。

昔は停電なんてあまり気にする必要はなかったのですが、昨今の厳しい電力事情を考えるとデータ保護のためにはUPSも必要です。

今考えているのは、LS-V2.0TLで動作実績のあるOMRON BY50Sというもの。NASのACをこいつに繋いで、USBでNASとUPSをつなげればAC断を検知してバッテリー駆動になると同時にNASのシャットダウンプロセスが走ります。

そこまでは当然なのですが、問題はLS-V2.0TLのUSBポートがひとつしかないこと。いろいろ調べてみても、USBハブで動いたなんて情報はないですしメーカー保証もない。UPSとNASのバックアップの両方をLS-VLシリーズで使う場合は、USB接続ハードディスクでのバックアップはできなくて、例えばもう一台LS-VLシリーズを用意してそいつもUPSからとり、メインのLS-VLとUPSをつなげば、設定すれば電源断感知により連動しているLS-VLは全部自動シャットダウンするらしいのです。

うーん、ということは、あとUPSとLS-V2.0TLをもう一台かぁ。うーみゅ。

2011年5月 4日 (水)

GWはワクチン接種

マロンが我が家にやってきたのは、2008年5月17日(土)のことでした。某ペットショップからやってきました。

早いものでそれからほぼ三年が経過。毎年5月のゴールデンウィークはマロンのワクチン接種となっています。2008年はショップのほうで生後初めてなのでショップのほうで2回摂取。2009年は電車で二駅のところにある獣医さんへ(避妊手術をうけたところ)。

2010年は自宅近所に獣医さんが開業したのでそちらで接種を受け、今年もそちらで接種をうけました。2009年まではまだ子猫状態で体力の問題でしょうか接種後丸一日くらいはぐったりしていましたが、2010年くらいになると大きくなって体力も付いたのか、かなり平気になりましていつものように未明に普通に飼い主を起こします。

さて、接種翌日の今朝のマロン。お気に入りの箱に丸まって爆睡。



Panasonic LUMIX DMC-LX3



Panasonic LUMIX DMC-LX3

気持よさそうに寝ています。箱の向きを変えても起きる気配すらない。

「Zzz.....」
「よく寝ているねぇ....」
「Zzz.....」
「爆睡だな」
「そにょカリカーリは嫌いニャの」
「?」
「美味しいカリカーリをくにゃさいにゃ」
「あん?」

プレミアフードのロイヤルカナンより国産の魚系のドライが好きなマロンでした。

2011年5月 3日 (火)

4TBになりました

私のNAS環境構築が進んでいます。

基本は、Buffalo LS-V2.0TL (2TBのNAS)なのは昨日までのエントリーの通りです。その後、バックアップ用として同じくBuffaloのUSB外付けHDDでほとんど型落ちのHD-CB2.0TU2を購入。NASにUSB2.0の口が一つついていて外付けディスクを増設ストレージおよびNASの本体ディスクのバックアップ用として接続できるので、USB2.0にのみ対応していて、価格.comでも評判の良かったHD-CB2.0TU2をbicamera.comにて処分価格で購入しました。

二台並べるとこんな感じです。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

右側がNASのほうで左がUSB2.0の外付けディスク。どう控えめに見てもNASのほうが格好いいです(笑)。

LinkStationは、設定した時刻に設定したNASのフォルダ以下(複数設定可能)を他のLinkStationあるいはLinkStationに接続した外付けUSBディスクにバックアップを取ることができます。現在は差分バックアップを設定しています。本来は世代バックアップとか取れればいいんですが、まあ、この価格のNASにそれを期待するのは酷でしょう。

それにしても、Buffaloの外付けUSBディスク(HD-CB2.0TU2)とかLinkStation(LS-V2.0TL)とかのACアダプタってデカすぎです。普通のタップだと補助の短足AC延長を使わないと刺さらないです。こういうのやめてくれませんか、マジで。

で、このブログはダイニングテーブルでMacBook Airで書いていますが、その隣にあるワゴンの最下段ではマロンが爆睡。

飼い主とつかず離れずの距離を保ちたい甘えん坊なニャンコです。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

これ、ダイニングのカウンター脇に置いてあるプラスチックのワゴンです。もともとは猫用じゃなかったのですが、今は猫の食器、餌、毛のお手入れブラシや爪切りなどの置き場になっていて、最下段がマロンの昼寝場所になっています。完璧に猫用ワゴンになりました。



Panasonic LUMIX DMC-LX3

薄目をあけているように見えますが、実は完璧に寝てます。鼻先までカメラを持って行っているのですが、全然気にする気配もなく爆睡。

「マロンに茄子(NAS)は関係ないニャん......Zzzz」

2011年5月 2日 (月)

NASはいいですよぉ

金曜日の夕方近くに、クロネコちゃんにくわえられて我が家にやってきたBuffaloのNAS (LS-V2.0TL) ですが、ほぼ一日ほどあれやこれやと試行錯誤してわかったこと。

◯ TimeMachineのバックアップ先としては、デフォルトの組み込み機能を使っても、あるいはそれを使わずにMacのディスクユーティリティを使って一定容量のイメージをつくって同等の機能を提供しても、容量制限を付けられないということ。後者の方法ではディスクユーティリティ上では例えば最大容量512GBとかで見えるように作れるのですが、TimeMachineのバックアップ先としてLinkStationを指定したら、最大容量は設定した512GBじゃなくて、LinkStationの最大容量近くを示します。うーん、LinkStation側でTimeMachineエリア用に専用パーティションを切っているわけじゃないですからねぇ。

◯ 音が静か。メインPCもハイスペックの割には静音仕様にしてあるのですが、それをはるかに下回る騒音の小ささ。一応背面に小さなファンが付いていますが、非常に静かですね。家庭用NASの条件は消費電力の低さと騒音の小ささです。

◯ 自宅内のWifi経由でsftpでLinkStationのコンテンツにiPhone/iPadからアクセスできる。iPhone/iPad側にはsftpを使えるGoodReaderといったアプリが必要ですが、高速で非常に簡単であります。こりゃいいですわ。

まだ、まだ、他にも機能は盛りだくさんです。この連休の間にいろいろトライしましょう。

2011年5月 1日 (日)

NAS買いました

先週話題にしたNASですが、

これを買いました。

音はとても静かでいいですよぉ。ただ、AC電源内蔵じゃなくてACプラグ一体型のでかいACアダプタが付いているので、これが邪魔です。電源が必要なのは当然としても、いや、邪魔です。ツイストロックのOAタップには隣に干渉して素直に入らないところが憎ったらしい。こーゆーのやめて欲しいですわ。製品設計時にACアダプタを既製品から選ぶとおものですが、このあたりも考慮してほしいものです。

これ、何につかいましょうか?(笑)。いや、そうじゃなくて、まずはMacBook AirのTimeMachineのバックアップ先が一つ。このNASはネイティブで対応ですが、実は非対応のNASはでもおまじないを唱えると使うことができます。詳細は「TimeMachine」「NAS」でググルと一杯当たります。

もう一つは、写真バックアップ。写真というのはデジタル化されてから非常に重要なんで、バックアップは怠りません。毎週一回、四世代のメインPCをフルバックアップをデスクトップ内蔵1TBのHDD、同じく二世代のフルバックアップを外付け500GBのHDDにParagonのソフトを使ってとっていますが、それ以外にSyncToyでLinkStationにもコピーするようにしました。そうすればバックアップをかねて他のPCからもみられますからね。

他にもPC(メイン、ノート)、Mac、iPhoneなどで共有できるのはなかなかいいです。さらに回線速度さえあれば外からもアクセス可能に設定できますからね。

これまでだと、バックアップは家庭ならここまでやれば十分だったでしょう。でも3.11以来クラウドも考える必要があります。クラウドを有償で使うのはかまわないのですが、すでに何十GBもある容量を一般の家庭の回線(光とかCATV)の上りで一気にアップロードは無理です。プロバイダからお叱りかくること間違いありません。Packet Shaperみたいなもので、このアップロード用の帯域だけを制限できればいいんですけど、初期バックアップが問題ですよね。毎日少しずつとか?皆さんどうやっているのかなぁ。



Panasonic DMC-LX3

「NASってニャにかニャ?」
「うーん、コンピュータのネットワーク・アタッチト・ストレージ」
「うにゃ??」
「猫には難しいか?」
「ママニャンにも、お姉ニャンにも難しいと思うニャ」
「えと、マロンの写真が消えたら困るから安全に保存しておくものさ」
「それはいいにゃんね、マロンの写真の金庫ニャんね」
「ま、そんなところか」

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »