マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« にゃっとう | トップページ | 計画停電の影響と経済への影響 »

2011年3月27日 (日)

ラジオ (SONY ICF-A101)


前からポケットラジオではなくAC/電池兼用でのホームラジオが欲しかったので、調べてみると軒並み品切れ。もちろん東北関東大震災により需要が伸びたのでしょう。ポケットラジオは被災地に優先して振り分けられているのは考えられますが、ホームラジオもどこを見ても結構品切れです。

昨日、例によっ6時前に起きて夜明けを撮ったあと(笑)、何気なくヨドバシのサイトをみたら、前から狙っていたSONY ICF-A101が、数量限定で販売されていましたので、速攻でポチリました。19時間以内出荷商品だったので、本日午後に到着。







このラジオは、価格.comやamazonでの評価も高く感度が良いのが特徴です。実際、マンション内で他のラジオだと入りにくいAMでも楽勝で入りますし、FMもロッドアンテナを伸ばさなくても結構いけます。

さらに、最大の特徴は扱いの簡単さ。デジタルシンセサイザーチューナーなのですが、地方毎に異なるカードが入っていて、自分の住んでいる土地のカードをセットすると、自動的に予めプログラムされた局がプリセットされ、さらにテレビのチャンネルを変えるように、局名を見ながら選局できます。デジタルディスプレイで局名表示とかのデジタルデジタルしたものではなくて、穴の開いているカードの穴の位置をスイッチが感知してプログラムが切り替わり、局名は予めカードに印刷されているものがLEDで光るだけという超アナログ。

その結果、扱いは非常に簡単でして、アナログ選局より簡単です、これなら高齢者の方でも問題なしですね。音質は結構低音よりで高音が弱いですが、なんといいますか、昔の真空管ラジオの音に近い感じでひどく懐かしい。おっと、歳がバレる?

AM/FMのAC/電池タイプのホームラジオを選ぶなら間違いなくファーストチョイスだと思います。

« にゃっとう | トップページ | 計画停電の影響と経済への影響 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ (SONY ICF-A101):

« にゃっとう | トップページ | 計画停電の影響と経済への影響 »