マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 大規模災害時のTwitterはノイズでしかないのか? | トップページ |  Twitterの威力 »

2011年3月13日 (日)

都心にいて大きな地震を経験したとき

地震の時、私は都内の自社オフィス(自分のオフィスではなく他拠点)で会議中でした。結果的にそこで夜を明かすことになったのですが、その時に自分の心に起こった優先順位はこんな感じ。

最初に家族の安否を確認したかった。社有のdocomo携帯もSMSはまるでつながらず、SoftbankのiPhoneのSMSもダメ。インターネットのMobileMeのメール経由で家族の携帯の@のインターネットアドレスに送りようやく連絡がとれました。つまり災害発生時はSMSがよりインターネットメール、それもSMTPよりも海外にサーバーをもつクラウド系のIMAPのメールサービスが有効ということ。

第二にようやく会社への自分の安否通知です。これは専用のシステムがありますので携帯のネット経由で登録。しばらく時間がたってから内線システムで音声連絡をし、自分は無事だか動きがとれないことを連絡。

最後に、どうやって自宅に戻るかが心配になります。でも、この時点では家族と家の無事は確認できたのでかなり安堵感は高くなっています。でもJRが終日運転休止を決めたので、その時点で出先のオフィスで一夜を過ごすことを覚悟しました。

自分のオフィスの外で被災することを考えると、カロリーメイトなどの非常食、携帯やモバイル端末の十分な予備バッテリーと充電器、携帯の3GとWiMAXといった複数の経路での通信手段の確保。情報源としてのAMラジオ(FMは日本の場合は放送内容的に役立たずでした)、これらを重くても持ち歩くことはかなり重要なのだと体感しました。

とにかく連絡を取れる手段を複数経路もち、それを維持する電力を確保すること、これが大変重要です。

« 大規模災害時のTwitterはノイズでしかないのか? | トップページ |  Twitterの威力 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都心にいて大きな地震を経験したとき:

« 大規模災害時のTwitterはノイズでしかないのか? | トップページ |  Twitterの威力 »