マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 冬から春へ | トップページ | SugarSyncを使う (紹介制度で有料サービスなら最高10GBのボーナス) »

2011年2月19日 (土)

KING JIM SHOT NOTE

アナログのデジタル化 (digitize) ツールとして、MVPenとかが有名かと思います。初期のバージョンを私ももっていますが、なかなか面白いと思いますが、色が使えないとか、専用ペンと専用ユニットが必要でなおかつノートの上部にユニットを置かなくてはいけないので、手持ちじゃ書けないということから、自由な筆記具というよりは、少し汎用性を高くしたタブレットのようなものです。

さて、タイトルにあるSHOT NOTEは、アナログなものをデジタル化して取り込むという点は同じですが、基本的な発想はタブレットではなくスキャナです。

スキャナもScanSnapとか小型のものがありますが、それでも気軽に持ち歩けるものじゃないです。その点iPhoneユーザーならいつもiPhoneは持っているので、そのカメラでうまく取り込めるようにすりゃいいじゃんってのがこれです。

ポイントはショットノートの四隅のマークとSHOT NOTEの文字。これを認識して専用ソフト(無料)でiPhoneで撮影すると、自動的に台形補正をしてなおかつEVERNOTEに放り込むこともできるというもの。

右上の番号と日付欄以外はOCR認識もなく、カラフルなイラストでも落書きでも何でも撮影して放り込めます。台形補正とEVERNOTEとのリンクが特徴です。

結構、注目を浴びているようでどこでも品切れですが某ロフトにはMサイズノートとSサイズのカバー(ノート付き)がありましたので、昨日Mサイズノートを買い求めました。



面白いと思いますが、やや高い。Mサイズ70シートでロフトで451円です。ほぼ同じサイズのロディアよりも結構高い。せめて100シートで300円くらいになりませんかね。一枚6円ちょっとってのは高いですぜ、KING JIMさん。


« 冬から春へ | トップページ | SugarSyncを使う (紹介制度で有料サービスなら最高10GBのボーナス) »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KING JIM SHOT NOTE:

« 冬から春へ | トップページ | SugarSyncを使う (紹介制度で有料サービスなら最高10GBのボーナス) »