マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 正月二日目 | トップページ | MobileMe »

2011年1月 2日 (日)

MacBook Airの良さ

年末の30日に購入したMacBook Airにすっかり惚れ込んでしまいました。

生来のガジェット好き、新しいもの好きということはもちろんありますが、それはMacBook Airで無くても同じこと。しかし、MacBook Airにはそれ以外に魅せられるものがあるのを感じます。

極薄軽量の美しいアルミ削出しの美しいボディは、PCの性能や機能以前にものとしての美しさがあります。USBなどの外部接続口は必要最小限にして無駄がなく、ACアダプタの接続も普通のノートPCによくあるタイプではなく、マグネットでぴたりと吸い寄せられる非常に小型のもので本体デザインを損なわないように美しいのです。



CANON EOS 7D、EF-S60mm F2.8 マクロ USM

こうした一連のモノとしての美しさ・精巧さ・質感の良さは、高級感を生み出して持っているだけでうれしくなってしまうところがあります。さらにAppleであるが故にOSとハードウェアを自社供給できることから、実際に使ってみてもその印象は全く損なわれない。WindowsノートPCにもこうした一体感や美しさが欲しいところだが、残念ながらそれは望めないでしょう。

こんな風に書くと、めちゃくちゃApple贔屓に見えるかもしれないが、別段Macの大ファンではないし、音質の悪いiPodなんざぁ糞食らえだと思っている。単に、美しく持つ喜びを得られるから好きなのです。

でも、冷静にみて、Windows 7もWindows 98時代から比べればかなりよくなりましたが、使い勝手の良さと一体感では現在のMacOSには負けていると思うのであります。ソフトの種類が少ないとかいうと、確かに少ないですが、自分が使っているソフトではほとんどMac版もあり、今のところ問題はないといえます。

« 正月二日目 | トップページ | MobileMe »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Airの良さ:

« 正月二日目 | トップページ | MobileMe »