マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の7件の記事

2010年12月31日 (金)

MacBook Air (MC506JA/A)

我が家のPCラインナップに、ついにMacが加わりました。

12月29日の記事にも書きましたが、新しいMacBook Airが出てからとても気になっていました。WindowsのノートPCというのは、デザイン的に「美しさ」を感じることができる機種なんてほとんどありません。MacBookにしてもでかいやつはWindowsノートと大同小異。しかーし、MacBook Airは理屈抜きに美しいですな。なんといってもこの薄さ。あきれるばかりの薄さ。そして上品な削りだしアルミボディ。

私はMicrosoft贔屓でもないですし、Appleファンというわけでもありません。ですが、そうした派閥感覚を\超えた美しさを感じます。これを持たなくてどうする!ってのは大げさですが、そんな感じ。

ともあれ、昨日アップルストア銀座で買ってきました。今は、その真新しいMacBook Airでこの記事を書いています。

購入したのは、MC506JA/Aです。すなわち、11.6インチのタイプで、メモリは2GB標準のまま、SSDのストレージは128GBでUSキーボードのもの。USキーボードが好きでして、MacBook Airの場合、USキーボードはApple Storeのオンラインか、実店舗でしか買えません。



Apple Storeで買うと、リンゴマーク入りのこんな袋に入れてくれます。プチ恥ずかしいところもありますが、いかにもApple Storeでの買い物ですぞ!って感じです。



箱はiPadの箱より一回り大きいですね。デザインは非常にシンプルでiPhoneやiPadのように画面イメージが描かれていたりしません。大人の雰囲気です。こういうデザイン的な拘りが気に入っています。パッケージをみただけでApple製品だとわかってしまいます。他の多くのPCメーカーのクドいデザインとは大違い。ま、これが好きか嫌いかは好みですが、私は好きです。



シュリンクパックを取り去って箱を開けると、iPhoneやiPadと同様な形で本体が入っております。



本体を取ると、その下には簡単な説明書とリカバリ用の専用USBメモリ、保証書。ACアダプタとAC側の長いケーブルが奇麗に入っています。



現在のMacOSになってからは初めてのMacですが、プレインストールのセットアップは実に簡単です。途中で無線LAN(AirMac)のセットアップもできてしまいます。MacBook Airを一台目のPC
として買う人は少ないかもしれませんが、基本的には既に無線LAN環境が構築されていることが大前提になっています。

無線LANのセットアップ(デフォではDHCP)が終わると、SafariですぐにWebをみることができるようになります。この簡単さ、やはりWindowsでは得られないものです。

手持ちのノートにFMV BIBLO LOOX C/E70があり、CPUはMacBook Airと同じ1.4GHzのSU9400 (Core 2 Duo) を使っていますが、OSも違えばHDDと直付けのフラッシュストレージの違いもあり、体感パフォーマンスはまるで別物。亀とウサギ。

またスリープからの寝起きは非常に早い。事実上瞬時といっても支障ありません。パネルをあけると一瞬くらい画面がでますが、次の瞬間にはデスクトップが戻っています。他のノートPCだとスリープから目覚めるだけでも結構待たされますが、MacBook Airは例えればiPadの感覚に近いですね。これはもう癖になります。というか他のPCを使いたくない。

MacBook Airの11.6インチタイプを買うときに悩むのが、第一にメモリは2GBでいいか4GBにするかです。後から増設ができないので、買うときに決まってしまいます。ですが、普通にサブPCで使うなら、2GBで十分です。スワップが起きてもSSDが非常に早いのでHDDベースのPCの感覚で遅くなることはまずないと思います。

それよりは、ストレージを128GBにすべきです。セットアップ直後で約20GBほど食っていますので、残りを考えるとやはり128GB。できれば、11.6インチタイプで256GBも欲しいところ。でも、普通にサブPCとして使い、画像や音楽の全部をこれに入れようなんて思わない限りは128GBで十分だと思いますが、64GBは結構不安。

ともあれ、いいものを買えました。

2010年12月29日 (水)

ペットの夢こたつ

マロンは長毛種のラグドールでして、長毛であるが故に暑さには弱い。特に今年の激暑はかなりへばっていまして、ある時は一日七回も吐いたのでさすがに近所の獣医さんに診てもらいまして、皮下輸液をしてもらい回復。

では、冬は大丈夫かというと、他の多くの猫同様冬も駄目です(笑)。暑がりの寒がりってことでどうにも贅沢な体質です。

我が家のリビングは開口部が非常に大きいので、冬場は暖かいというか暑いくらいです。しかし、曇って太陽が出ない日などは普通に寒いですし、夜もやや寒くなります。猫はこたつで丸くなるといいますが、我が家にはこたつなんざぁ存在しません。

そこで寒さ対策としていろいろ調べて買ったのがこれ。



ドギーマンの「ペットの夢こたつ」であります。



中身はこんな感じで、敷きマット(薄いウレタン入り)と掛け布団(笑)、それにコタツ本体と足。コードはかみつき対策としてチューブが被せられており、旧モデルにあった中間スイッチはペットの悪戯防止のためでしょうか廃止されています。



組み立てるとこんな風になります。

で、肝心のマロンはといえば、このところ快晴続きでリビングは小春日よりどころか初夏の雰囲気なので、入ろうとはしません。ただ、興味はあるようでときどき近づいてクンカ・クンカとにおいをかいでいます。

まあ、そのうち慣れたら入るようになるでしょう。

MacBook Airに惹かれます


現在の自宅メインPCは、GIGABYTE GA-P55-USB3のマザーに、Core i7-860(2.8GHz)、2GBメモリ2枚を載せた4GBメモリ、HDDは1TB×3本で、グラフィックはRADEON HD5850 1GBを積んで、Windows 7 Professionalを動かしています。昔なら自分でパーツを買い集めて組んだのでしょうが、そのエネルギーと時間がないので@sycomのBTOです。パフォーマンスもかなり高くてさらに静音構成にしたので非常に静かで大変満足しています。

モバイルのほうは、富士通直販サイトのアウトレットで買ったFMV-BIBLO LOOX C/E70です。Core 2 Duo (SU9400 1.4GHz)でメモリ2GBに+2GB増説、HDD320GBというもので、74,800円の超お買い得でした。

メインPCのHDDは、Paragon Hard Disk Manager 2010 Professionalを使って、内蔵1TBと外付けUSBディスクにイメージバックアップを毎週一回取り四世代を保持しています。外付けUSBディスクは、バックアップのときのみ電源を入れるようにしています。

他に、データ(写真も含む)は、Thunderbirdのメールデータも含めて週に一度LOOX C/E70のほうに、Microsoft謹製のSyncToysを使ってミラー(ECHO)しています。

他にも激安だったので洒落で買ったDELL Inspiron Notebook 1526(4GBにメモリ追加しHDDは512GBに換装)がありますが、まあ、寝てます。

さて、この環境に現在はこの春に株式時価総額でついにMicrosoftを抜いたAppleの製品があります。昨年4月に買ったiPhone3G、その1年後に機種変更して現在に至るiPhone4、昨年6月に買って現在は家族のリビングWebブラウザになっているiPad Wifi 32GB、そしてiPad for everybodyキャンペーンに乗ってつい最近買ったiPad Wifi+3G 64GBですね。



どうも前振りが長くなりました。現在のPC環境はかくのごときものですが、最近何気に弾かれるのが新しいMacBook Airです。私自身はWindowsファンでもなければMacファンでもないです。その時にメジャーで便利なものを使っているだけなんですが、Windowsノートと現在のMac、特にMacBook Airにはかなりのコンセプト的な意味での差があります。どちらがいいか悪いかじゃなくて大きな違いがあるということ。

Windowsノートはどうしてもハードスペックを意識せざるを得ないですし、よくも悪くもPCを強く意識させられます。しかし、MacBook Airの新モデルを触っていて感じるのは、「これ、PCというよりiPadに近いかも」ということです。iPadは高齢者にも受け入れられているそうですが、OSやPCをあまり強烈に意識させないという点でMacBook Airはよくできています。高速なSSDのおかげでスタンバイからのレジュームはほぼ瞬時で、この感覚はiPadに近くて、タブレットとノートの中間的な操作感です。ちなみに、MacBook Air MC505J/AもFMV-BIBLO LOOX C/E70と同様にSU9400 1.4GHzを使っていますね。

AppleStoreとかビックカメラとかの店頭でMacBook Airを触っていると、自分がこれを買う必要性とかそういう理論的な購入理由などすっとんで、感性的に「これイイ!」って思いにかられます。

2010年12月18日 (土)

iPad wifiとiPad wifi+3G

この秋からオフィス移転に伴い、今までの七割地下鉄通勤から95%JR通勤になりました。それに伴いiPhoneを使う時間、それもネットにアクセスしながら使う時間が格段に増えました。

また、お供のWALKMANも、FMを聞くことが増えましてpodcastは「聴く日経」(有償のpodcast)や無料のNHKラジオニュースを聴く程度になりました。

さて、iPhoneのほうですが、ブログやらメールはまだいいとして、通勤途中に読むのはやはりニュースサイトですね。日経信者じゃないので日経はあまり見ませんが、そのかわりビジネス系ではSankeiBiz、有償購読しているWall Street Journal日本語版、無料のWall Street Journal英語版とかを読む時間が増えました。

こうなると、やはりiPhoneよりは画面のでかいiPadがいいんですな。立っているとあの大きさ・重量は長時間はきついですが、座っていればノープロブレム。自宅にあるのはwifiタイプなんで、電車の中で自在にネットアクセスができないし、妻や娘も結構ガシガシ使っていたりして共有は厳しい。

結局、金曜日にソフトバンクショップに行きまして、iPad for everybodyを有効に使わせていただき、iPad wifi+3G 64GBを購入いたしました。

最初のwifi版と違って、こちらはビジネス仕様にセットアップ。

今日半日ほどずーっと触っていましたが、当然wifi版と違うところはほとんどないですが、3G対応であるが故でしょう、バッテリー消費がwifi版よりはプチ多い感じですね。

ついでというわけではないですが、ビジネス用に仕立てるのに、Pocket Informant HDも買いました。これ、いいですねぇ、GTD対応だし、かなり多機能なので使いこなせるまで大変そう。あと、買う予定なのがiThought HDですね。マインドマップのiPad版。

ちょっと近所への買い物以外へは持ち歩いてガンガン使うことになりそうです。

-- Posted from iPad wifi+3G with BlogPress

iPhone/iPadのiOS4.2.1の日本語フリックキーボードにバグ

iPhone/iPadを便利に使っており、現在iOS4.2.1が入っています。

ですが、iOS4.2.1にアップしてから、起動時にパスワードを設定できるアプリ(Notebooks、SplashID、momoなどなど)では、最後に使ったキーボードモードが英語モードになっていないと、アプリ側でパスワードを入力し終えた瞬間に落ちるようになりました。
複数のソフトで発生するので、当然のことながらアプリの責任というよりはiOS側のバグか仕様変更かも。

と思って情報を調べてみたらありました。どうやらiOS4.2.1の日本語フリックキーボードにバグがあるようです。

これは、まもなくリリース予定のiOS4.3で修正される「はず」だそうで...。

それまでの間は、何らかのテキスト入力アプリを開いて(なんでもいい)、キーボードを英語モードに切り替えてから、目的アプリのパスワード入力に進みましょう。そうすれば普通に従来通り使えます。

2010年12月11日 (土)

GALAPAGOS SoftBank 003SH

最初にお断りしますが、iPhone4から乗り換えたという訳ではありません。
iPhone3からiPhone4に乗り換えたiPhone4ユーザーとして、Android 2.2を搭載したGALAPAGOS SoftBank 003SHはどんな出来栄えか興味があるだけです。

というのも、今までdocomoを筆頭にAndroid搭載スマートフォンが出てきましたがが、iPhone4ユーザーとしてそれらのハンドセットをいじると、動きがかなりモッサリしている感じが否めず、店頭のホットモックをいじり倒すまでもない感じですし、ディスプレイも横並びにするとRainaディスプレイの敵ではない感じでした。

そして、第2世代のsnapdragon(CPU)にAndroid 2.2を搭載したGALAPAGOS SoftBank 003SHはどうか?従来のAndroid機に比べると、動きはかなりスッキリしておりiPhone4に慣れた私でも違和感を感じません。スクロールも滑らかで素早く指についてきます。

3Dには興味ないのですが、まあ3Dってほどじゃないかもとは思います。昔からあった奥行きがあるように見えるので、ホットモックのホーム画面を3Dにすると、白戸次郎君(SoftBank犬)の手前にアイコンが浮いている感じになりますが、これ、とってもアイコンが見にくい(爆笑)。

あまりじっくり触る時間もありませんでしたが、第一印象は合格です。これなら半年後(iPhone4にしてから1年後ということ)には、そのときの新機種に乗り換えもありだろうと言える線まできていますね。今のGALAPAGOS SoftBank 003SHは良くできているように思いますが、今のiPhone4ユーザーが乗り換えるほどのものでもないですね、よほどiPhone4が嫌いになったのでない限り。

ただ、全体的にはスマートフォンの選択肢が実用的な範囲で増えてきたということはいいことだといえます。がんばれスマートフォン。

向島百花園

先週の日曜日、いつもならジムに行くところを好天に誘われるまま、EOS 7Dを持って、向島百花園へ。まあ、この季節に行っても見ごろにものはないはずですが、とある紅葉サイトでは見ごろとのこと。

半信半疑で行ってみましたが、結果からいえば外しました。それ以前の問題として、ここ狭いんですね。だから見応えがないというか...。

しかし、いい感じにスカイツリーが見えました。



CANON EOS 7D, EF 100mm F2.8L MACRO IS USM

EOS 7Dに100mm F2.8Lをつけているので、35mmフィルムでは160mm相当になります。このレンズのISはほんとうに良く効きます。マクロ時は当然として普通にテレで使ってもかなりいい感じ。

それはともかく、帰りに東向島駅高架下に作られた東武博物館へ。ここで、来年の東武鉄道デスクカレンダーを買いました。月を追うごとにスカイツリーができてゆくというカレンダーです。今しか買えないという代物。

まあ、午前中だけなので、収穫はイマイチでしたが、こんなもんでしょうか。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »