マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« さばの煮付け | トップページ | ついにポチった EF 100mm F2.8L MACRO IS USM »

2010年11月22日 (月)

GRAMERCY NEW YORKの栗と和三盆のロールケーキ

このところブログ更新をさぼっておりましたが、そのさぼっていた間の話です。

横浜タカシマヤのGRAMERCY NEW YORKで、栗と和三盆のロールケーキを買ってきました。
税込1,575円という、自分としてはちょっと奮発です。



これは外箱。非常にシンプルですね。



外箱をあけるとロールケーキが入っています。ロールケーキの台紙の下に保冷剤が入っています。ただ、冷気は下にたまるので本来なら蓋のほうに保冷剤をつけるのがベストだと思いますが、パッケージが複雑になり高くなるのでしょうか。



見ての通りの筋なしロールの一種で、生クリームと栗のクリームとカスタードクリーム、それに栗のシロップ煮が入っています。

スポンジは非常にソフトで、スポンジケーキのスポンジというよりは風味としては限りなくカステラに近い感じです。

驚いたのはナイフを入れたときです。ある程度の硬さのある栗が巻かれているので、ナイフが栗に当たるとその下のスポンジが潰れるんじゃないかと思ったのですが、いざナイフを入れると栗に刃があたる感覚がほとんどなく、すーっと下まで通ってしまいました。切り目を見るとすっぱりと綺麗に栗が切れていました。別段ナイフが非常に鋭いというわけでもなく、いわゆる普通の両刃の包丁(笑)です。つまりそれだけ栗がやわらかいといことでしょう。

いい意味でロールケーキとしては初めて食べた味です。カステラ風味にさっぱりした生クリームに栗のクリームがよく合います。またさっぱりとした栗のシロップ煮もやわらかくて食感としても適度でスポンジとのバランスが良いです。

GRAMERCY NEW YORKはチーズケーキが有名なのだそうですが、個人的にチーズケーキはあまり得意ではないのでそちらはパス。

この栗と和三盆のロールケーキ、季節ものだと思いますが、また食べてみたいですね。

« さばの煮付け | トップページ | ついにポチった EF 100mm F2.8L MACRO IS USM »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GRAMERCY NEW YORKの栗と和三盆のロールケーキ:

« さばの煮付け | トップページ | ついにポチった EF 100mm F2.8L MACRO IS USM »